製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録  Facebook  Twitter
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス・特許 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報バイオインフォマティクス・ソフトウェア<vLife Sciences Technologies


製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
- VLife Science Technologies

vLife Sciences Technologies社製
VLife MDS
- 分子モデリング&医薬品設計ソフトウェア

フィルジェンでは、VLife Science Technologies社の分子モデリング&医薬品設計ソフトウェアの販売を行っております。Computer Aided Drug Design(CADD)と分子探索のための統合プラットフォーム「VLifeMDS」は、リガンドベースと構造ベースの探索アプローチに必要な様々な機能が搭載されています。また、WindowsとLinuxの両プラットフォームに対応し、直感的なGUIですべての機能を簡単に操作することができます。「VLifeMDS」以外にも、2D/3D QSAR解析用の「QSARpro」モジュールパッケージも販売しております。
vLife Sciences Technologies社について
vLife Sciences Technologies Pvd. Ltd.(インド)は、創薬研究にコンピューターを利用した新しいアプローチを開発・提供するパイオニアとして、2002年に設立され、最先端のドラッグ・ディスカバリーとして、2002年に設立され、最先端のドラッグ・ディスカバリー・リサーチツール(ソフトウェア)を製薬メーカー向けに提供し、多くの顧客から高い評価を得ています。


VLifeMDSのアドバンテージ


論文審査で認められたアルゴリズム
VLifeMDSのアルゴリズムは、科学コミュニティーにおいて広く受け入れられており、VLifeMDSを使った多くの研究事例があります。
使いやすいプラグイン/プラグアウト
VLifeMDSは、複数のモジュールで構成されて統合されたプラットフォームです。一度にすべてのモジュールを購入したり、研究プロジェクトの進展に合わせて追加することができます。
フレキシブルなカスタマイズとインテグレート
VLifeMDSは、あらゆるLOC(line of code)を自社で開発し、保有しています。そのため、お客様のご要望にあう様にフレキシブルな追加/カスタマイズが可能です。


VLifeMDS 4.1に含まれる標準モジュール


VLifeBase 分子の描画、可視化と解析
VLife Engine すべての分子操作と主要な配座異性体生成の解析
ProModel マニュアルによるホモロジーモデリングと、自動テンプレートベースモデリング。また、複数のスコアリング機能によるドッキング解析と高速かつ高精度なドッキング解析オプションを含む。VLifeDockの機能も含む。
VLifeQSAR 様々な設定値を変更できるオプションと回帰分析による2D/3D QSAR解析
ChemDB 特性、フィンガープリント、ファーマコフォア(活性基)を含む複数検索オプションによる探査データベース
MolSign ファーマコフォア生成と最適化アプリケーションとサーチ
LeadGrow 置換選択によるコンビナトリアルライブラリー(組み合わせライブラリー)の作成
ProViz 分子表面における分子特性の計算と視覚化


QSARpro(2D/3D QSAR解析モジュールパッケージ)


QSARproは、QSARを使用した創薬への間接的アプローチのための最も統合的かつパワフルな製品です。QSARproは、活性を予測するだけでなく、解析結果からの洞察を最適化するので、集中的な分子ライブラリーの生成を可能にします。マルチな2D/3D QSAR方法に加えて、QSARproは、以下の機能も搭載しています。

VLifeの特許出願中のGQSAR技術により、リードを最適化する重要な手がかりとなるサイト特異的設計をするためのフラグメント・ベースQSARアプローチが可能。
分子特性とその活性間の非線形な相関関係を考慮することにより、強力な3D QSARモデルを作成する新規のkMN(k近傍法)-MFA(多因子分析)回帰法

★QSARproに含まれるモジュール
VLifeEngine :すべての分子操作と主要な配座異性体生成の解析
VLifeQSAR :様々な設定値を変更できるオプションと回帰分析による2D/3D QSAR解析
GQSAR :VLife独自の新しい分子設計アプローチであるQSAR


ソフトウェアパッケージ&モジュール選択ガイド


VLifeのライセンス形態は、Tokenという形で表示されます。( )内に示されている数字は、同時に使用できる最大Token数となっております。例えば、VLifeMDS4.1を購入された場合、最大24Tokenとなっておりますので、VLife Engineを全てのユーザーが使用するとして、1ユーザーにつき、3Token使用することになりますので、最大同時に8ユーザーまでVLife Engineが使用可能となります。Token数を追加したい場合、別途有償で購入することも可能です。
Token VLifeMDS4.1
(24Tokens)
VLifeMDS4.1 Special
combo(17Tokens)
VLifeMDS4.1
Advanced(41Tokens)
QSARPro(14Tokens)
VLife Base 0
VLife Engine 3 -
VLife ProModel(including VLife Dock) 6 - -
Proviz 2 - -
QSARPlus 5 -
LeadGrow 4 - -
MolSign 1 - -
ChemDBS 3 - -
GQSAR 6 -
SCOPE 6 - -
VLifeQSAR 2 - -
Database 1 - -
LeadGrow+ 2 - -
VLife Toxicity 2 - -


VLifeMDSに含まれる各種モジュール機能



VLifeBase(For molecule draw, visualization and analysis)


VLifeBaseは、2D表示で一から分子構造を描画する機能を備えており、ワンクリックで3D表示に変換することが可能です。ビジュアライゼーション機能は、分子構造の理解に大いに役立ち、さらに編集機能による簡単な操作で分子を比較することができます。

■分子構築と編集(Molecular Builder and Editor)
VLifeBaseは、多くの一般的なファイル形式をサポートし、分子構造ファイルを簡単に読み込むことができます。また、2D Drawアプリケーションを使用することで、分子構造を簡単に描画することができ、様々なテンプレートで、分子構造をより早く描画できます。3D editor機能では、原子の追加、修飾、置換及び削除、さらに、取り消しや再実行の操作により、分子をつなげたり、グループ化することができます。

■分子構造可視化と修飾(Molecule Visualizer and Modifier)
VLifeBaseでは、異なるモデル化条件に適用できる様に様々な形式で分子構造を表示できる機能を有しています。分子構造はオプションで直線、棒状のライン、球体と棒とスペースを使って描画でき、また、太さ、色及びサイズをカスタマイズすることができます。さらに、分子修飾では、水素、原子、結合、グループなどの情報の表示・非表示を選択できます。


VLife Engine(Molecule optimization and conformer generation)


VLife Engineは、分子力場計算と配座生成による次段階の分子モデリング機能を搭載しています。それは、高分子だけでなく、低分子の最適化も可能にする複数の分子力場のオプションを提供します。VLife Engineの配座生成オプションは、分子の配座空間を網羅的に探査し、3D QSARの様な後期ステージのデザイン方法に不可欠な機能です。

■エネルギー最小化(Energy Minimization)
VLife Engineは、様々な分子力場を使って、分子配置(構造)のエネルギー計算及び最小化を行います。最適化の優れた半経験的手法へのインターフェイスは、最適化オプションを拡張することができます。分子力場の選択と柔軟性は、分子群でも1分子でも同様の最適化が可能であり、それは、高分子も低分子にも同じ様に最適化が可能です。

■配座解析(Conformation Analysis)
VLife Engineは、系統的手法とモンテカルロ法を用いることにより、配座空間の拡張探査を可能にします。生成された配座の多様性は、結合の回転とキラリティー(非対称性)の選択機能によって確実なものとします。また、便利なワークシート機能は、さらなる配座解析を簡単に実行できます。


ProModel(Homology modeling)

ProModelは、相同性の高いアミノ酸配列に基づいて結晶構造の明らかでないタンパク質をモデリングするための完全なパッケージです。ProModelでは、選択したテンプレートまたは、ユーザー定義のテンプレートのどちらのホモロジーモデリングも行うことができます。また、目的のタンパク質構造、活性部位と活性チャンネルの網羅的解析が可能です。ユーザーは、ProModelを使ってタンパク質構造を見やすくしたり、編集したり、重ね合わせることができます。さらに、二次構造の要素を分配する機能、Ramachandran plotにおける残基のPhi-Psiアングルの分配、同定そして空洞とチャンネルの視覚化のための機能も搭載しています。

■自動ホモロジーモデリング(Automated homology modeling)
直感的で使いやすいユーザー・インターフェイスにより、local BLASTから得られるテンプレートファイルを読み込むだけで、簡単に自動ホモロジーモデリングが実行できます。

■マニュアルホモロジーモデリング(Manual homology modeling)
マニュアルのモデリングは、残基の変異、除去、欠失、そして挿入、さらには最初と最後のアンカーの選択によるループの挿入に従い実行することができます。ProModelは、VLifeMDSによってデータベースから得られた結果からループの類似性とRMSDに基づいたループの挿入の選択を行えます。


■ロータマーライブラリー(Rotamer library)
搭載されているロータマーライブラリー(回転異性体ライブラリー)は、アミノ酸側鎖構成の探索を行えます。

■Cavity(分子表面のくぼみ)同定(Cavity identification)
ProModelは、タンパク質に存在するすべての空洞を確認し、それらの大きさに基づいてランク付けします。体積、表面積、Cavity付近の残基の様な詳細情報が計算され、表示されます。Cavity表面の静電気性・疎水性の解析などのCavityの全解析を可能にします。

■チャンネル同定(Channel identification)
ProModelは、外部にさらされた部位の同定や、この様なチャンネルの特定や視覚化が可能です。チャンネル表面は、静電ポテンシャルと疎水性を使って解析することもできます。


VLifeDock(Multiple approaches for protein - Ligand docking)

VLifeDockは、Grid based docking, GA docking, VLife独自のGRIP dockingの3つの分子ドッキング方法を選択できます。これらは、高速スクリーニングから網羅的な高精度ドッキングまで目的に合わせたオプションを提供します。また、binding scoresに基づくリガンドを優先させて実行するバッチ・ドッキング機能を搭載しています。さらに、スコアリング機能の統計的手法と確率的手法を選択し、様々な用途のアプリケーションに対応します。

■系統的手法(Systematic methods)
系統的ドッキングのためのGrid based dickingのアルゴリズムは、タンパク質のCavity上をグリッドで覆い、リガンドの結合モデルを網羅的に探査します。Gridベースのメソッドは、rigid dockingのタイプでリガンドとレセプターの両方が固定された様に扱われます。

■確立法(Stochastic methods)
dockingの遺伝的アルゴリズムは、ドッキングのための確立法を提供し、リガンドの柔軟性を考慮します。この方法では、最初に幅広く候補タンパク質を生成し、最終的に最適な結合モードに変化させます。


■GRIPドッキング(GRIP docking)
GRIP dockingは、VLifeで開発された迅速かつ精度の高いドッキング法で、VLife製品のみ利用可能です。GRIPスコアリング機能は、リガンド(タンパク質の活性サイトにあるレセプター相互作用)を迅速かつ正確にキャプチャリング(捕捉)し、予測を行います。

■スコアリング機能(Scoring functions)
VLifeDockは、PLP(区分線形ポテンシャル)スコア、XCscore、docked posesを評価するSteric(立体的)+Electrostatic(静電気的)scoreの様な数多くのスコアリング機能を提供します。


VLifeQSAR(QSAR modeling and prediction)

VLifeQSARは、リガンドベースのドラッグデザイン・アプローチを可能にした高機能モジュールです。2D QSARと 3D QSARのアプローチは、データベースからの分子スクリーニングまたは新しい分子設計のための完全なワークフローを構築することができます。ユーザーは、多種多様なディスクリプターを計算することができ、複数のデータ選択、変数選択や強固で正確なモデルを生成するための直線または非直線回帰計算が可能です。

■1000以上のディスクリプター(1000+descriptors)
VLifeQSARは、幅広いディスクリプターを含み、それらは特異的配列の独自のディスクリプターを含むため、包括的な方法で、データセットから適切な化学構造情報を捕らえることが可能です。

■適用性ドメインチェック(Applicability domain check)
VLifeQSARの独自の適用性ドメインチェック機能は、その活性の予測される分子のモデル適用性ドメインであることの検証により、QSARモデルの予測能力の信頼度を高めます。


■QSARモデリング(QSAR modeling)
VLifeQSARは、セッティングテストとトレーニングセットのための幅広いデータ選択方法の選択肢を提供します。また、個別に作成された対象リスト表とデータを照合する機能をもつ便利なワークシート・フォーマットは、用意に結果を分析することができます。そして、プロジェクトの要求に応えるためのカスタマイズされたモデル生成を行うためのモデル構築法といかなる変数選択法を結びつける柔軟性を備えています。


ChemDBS(Database operations)

ChemDBSは、構造認識及び類似性のある化合物を探索するための高度データベース検索ツールです。創薬へのケモインフォマティクス・ベースのアプローチを可能にし、さらに発見へのリガンド・ベースのアプローチを可能にしています。また、既知で既存の化学形態の置換あるいは修飾に使用できる化学的マッチング構造に関する知識をもたらし、データベースから情報を正確に引き出すことができます。

■データベース管理
ChemDBSは、とても簡単で使いやすいデータベース管理モジュールであり、個別のフィルダー内に個々の探索結果を分別して保管します。また、表形式で保存された検索ヒットデータの読み出しや、エクセルへの読み込みも可能です。

■クエリー・オプション
ディスクリプター・ベース検索、2D及び3Dサブストラクチャー(下部構造)ベース探索、ファーマコフォア・ベース検索と分子フィンガープリント・ベース探索を含む様々なクエリーオプションがChemDBS内に装備されています。


■検索ヒットデータ解析(Analysis of hits)
ChemDBSに搭載された様々なグラフ作成機能やソーティング(分類)機能を使用し、ヒットしたデータを効果的に解析することができます。ヒットしたデータは分類されて、散布図(Scatter plot)や分布図(distribution plot)でそれらのパターンをプロットすることができます。また、それらの多様性分析は、視覚化と化学的解析を行うための棒グラフと2D構造で表示できます。ヒットデータは特性評価のために、さらにディスクリプタ計算を実行できます。


MolSign(Pharmacophore modeling and identification)


MolSignは、ファーマコフォア同定とモデリング用のモジュールです。H-bond donor(水素結合供与体)、H-bond acceptor(水素結合受容体)、静電荷、負電荷および疎水性の様なファーマコフォアの同定は、分子のファーマコフォア解析を促進し、さらに、ファーマコフォア・ベースの検索としてデータベースにクエリーすることができます。

■特性抽出(Feature extraction)
MolSignに搭載された高度な特性抽出機能は、水素結合供与体、水素結合受容体、負電荷グループ、正電荷グループ、芳香族環センター及び脂肪族疎水性センターを考慮して抽出が可能です。

■パターン同定
異なるリガンド分子からの抽出した特徴と一致させることができ、それらを独自の分子ライブラリーとしてファーマコフォア同定のパターン探索に使用することができます。

■強力な画面表示
MolSignは、選択された特徴に基づいた分子のalignmentと共に1セットの分子の周辺のファーマコフォアな特徴の分布と選択されたファーマコフォアの高品質画像を表示するために、VLife Engineのグラフィカル表示機能を利用します。


LeadGrow(Combinatorial library generation and screening)


LeadGrowは、組み合わせライブラリーの作成とリード分子の伸長のためのスクリーニング、リード最適化のための最大限の可能性を生成することにフォーカスした機能を提供しています。VLifeQSARのシームレスなインターフェースは、kNN(k近傍法)-MFA(多因子分析)回帰法に基づくQSARモデルをライブラリーの検定や最適化に使うことができるので、ユーザーが直接分子ライブラリー活性の予測をすることができます。

■多様性解析
生成された分子の多様性は、LeadGrowのワークシート・フレームワークを使って簡単に解析することができます。グラフィックオプション選択は、多様性を解析するのに役立ちます。

■作成したライブラリーの活性予測
VLifeQSARのシームレスなインターフェースは、分子の類似したセット上で以前に生成されたQSARモデルの使用により、生成された分子の活性の直接予測を可能にしています。これは新しい分子の設計に役立つだけでなく、生成された分子の特性に基づく検査としても役立ちます。

■ディスクリプタースクリーニングを使ったフォーカスライブラリー作成
LeadGrowは、extended Lipinski screenに基づいた強力なライブラリー作成アルゴリズムを組み合わせることにより、フォーカスライブラリーの設計を可能にします。このライブラリー作成機能は、二座の置換サイトを定義する機能と同様に複数の置換サイトを定義する機能をLeadGrowが備えるため、大規模なポテンシャル化学スペース検索を可能にします。


Proviz(Visualization of molecular properties)


Provizは、分子構造特性を研究する強力なツールで、特殊なソフトウェア・プログラムを通じて得られる非経験的な量子力学的波動に由来したものを含む、3次元の分子特性の評価およびビジュアル化に役立ちます。VLife Engineと接続することで、ユーザーはこれらの特性を視覚化する高品質グラフィックス作成するためのツールにアクセスすることができます。

■特性
ProVizは、専門のソフトウェア・プログラムからの波動関数出力ファイルを読み込み、電子密度、分子の静電ポテンシャル、電子運動量密度など、様々な3次元の分子特性を計算できます。

■局所的特性
Provizは、スカラー場のうちのいくつかの局所的特性を得る際に役立ちます。ファンデルワールス力表面上の静電ポテンシャルおよびそれらに付随する表面上の統計値を評価できます。

■ビジュアル化
Provizは、凹凸面、曲面、平面あるいは表面のファンデルワールス力の強弱の形式で、3次元グリッド上で分子のスカラー場を計算してビジュアル化する高品質なグラフィッカルツールを提供します。


GQSAR(Technology for fragment based QSAR)


GQSARは、新しい分子設計のアプローチとして、vLifeが開発した方法で、活性の予測ツールとして、従来の2Dおよび3D QSARより圧倒的に優れています。この方法では、データセットのすべての分子は、1セットのフラグメント(断片)とみなされ、テンプレートベースかまたはユーザー定義でフラグメンテーション(断片化)されます。
ディスクリプターは、各フラグメントと判断されて、これらのフラグメント・ディスクリプター間の関係は、全分子の活性をもとに作成されます。従来のQSARと異なり、GQSARを使用すると、研究者は、特異的なディスクリプターを修正する必要があるところで、1分子内の重要なサイトで特定の手がかりを得ることができます。
GQSARアプローチは、分子ディスクリプター、統計モデリングなどの点から過去40年間にわたりこの分野で獲得された知識(情報)の活用によって、QSARの基礎的な集中的技術を積み重ねています。


VLife AutoQSAR(迅速な活性予測と効率的なデータベース検索のための自動化アプローチ)

VLife AutoQSAR:
AutoQSARは、VLifeの提供する先進的で高速かつインテリジェントなQSARソリューションです。それは、「ワンクリック」で最良な統計モデルを提示することにより、コンセンサスQSARモデルを構築するためのアプローチを提供します。スマートAutoQSARアプローチは、反復的統計モデル構築や大量の分子の構造データ、特にそれらの実験特性または活性を共に処理する解析にかかる時間を大幅に短縮します。

AutoQSARワークフロー:
従来のQSARを使用した典型的なアプローチは、多くの統計学的専門知識を必要とし、特性計算、訓練(習得)及びテスト・セット定義、変数選択および最終的なモデル生成を含むステップなどの一連の流れに非常に時間を要します。「よい」QSARモデルを構築するまでに、通常数々の反復ステップを実行しなければなりません。AutoQSARは、この手順を自動化することによりこのタスクを単純化します。

AutoQSARは2つの簡単なステップ
ステップ1:
分子及びそれらの活性情報のデータセット入力
ステップ2:
自動QSARプロセスの最良モデルの構築


VLifeSCOPE: NCE設計とライブラリー濃縮の新規アプローチ

VLifeSCOPEは、化合物の最適化、優先順位付け及び発展のためのストラクチャーです。それはすなわち、2つの強力なアプローチ「リード最適化のための相対的な結合エネルギー分析に基づいた方法」と、「活性予測のためのスコアに基づいたアプローチ」をあわせた様なものです。
相対的な結合エネルギー分析は、リガンド-レセプター相互作用についてのよりよい理解を可能にするための前世代の一般的方法への一種のレセプター依存性のアナログ的方法です。検討中のリガンドそれぞれについては、分子間と分子内のエネルギーは、リガンド-レセプター複合体、結合していないリガンドとレセプターについて計算されます。
レセプター-リガンド複合体の全体の相互作用エネルギーは、複合体形成に使われる各残基の寄与度の差を計算するために、残基に基づいた相互作用エネルギーへ分割されます。個々の残基のエネルギー価は、この様に定量的手法でそれらの相互作用の性質と共に与えられた1組のリガンド・セットとの相互作用に含まれる重要な残基の同定を支援するために計算しました。これは、よりよい活性と選択性での新しい分子のデザインを可能にします。さらに、新しい分子の活性は、VLifeSCOPEを使用して予測できます。


LeadGrow+: 効果的なScaffold hoppingの分子ライブラリー作成

Scaffold hoppingは、多くの特許物質の中からの新しい分子を探索する科学者のための強力なアプローチです。
従来のコンビナトリアル・ライブラリー作製技術は、与えられた分子テンプレート上でグループの置換によってライブラリーを作成します。その様なライブラリーのテンプレートは変えることが出来ないので、ライブラリー作成の上での多様性を著しく制限してしまいます。
LeadGrow+はこの制限をなくし、さらにテンプレートの置換を可能にし、それにより、異なるscaffolds用化学的環境の系統的な探索を可能にします。これは、ライブラリー一覧中の様々なscaffoldsの探索を可能にします。さらに、LeadGrow+は、新しい分子を設計する戦略および生成されたライブラリーの重要な化学的多様性を保証するものとして、scaffold hoppingを提供します。


VLife Toxicity: 毒性予測のための推測統計的アプローチ

毒性モジュール・ツールは、コンピューターによって毒性予測する推測統計アプローチです。このツールは、問い合わせされた合成物に有毒警告構造(SA)を通じて毒性の定性評価を可能とします。警告的構造とは、有毒性の化学薬品と関係のある分子の下部構造や反応的なグループとなります。警告構造(SA)の認識は、毒性の作用メカニズムと化学薬品によって引き起こされるリスク評価を理解する際に、より多くの洞察を提供します。



価格


商品名 数量 価格 Cat.#
アカデミックユーザー
VLife MDS(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-AC
VLife MDS Special combo(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-SC-AC
VLife MDS Advanced(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-AD-AC
QSAR Pro(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-QS-AC
GQSAR(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-GQ-AC
SCOPE(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-SCO-AC
AutoQSAR(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-AU-AC
Lead Grow+(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-LGP-AC
Database(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-DB-AC
VLife Toxicity(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-TX-AC
Advanced Module Pack(アカデミックユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-TX-AC
1Token追加 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-AMP-AC
ガバメントユーザー
VLife MDS(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-GM
VLife MDS Special combo(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-SC-GM
VLife MDS Advanced(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-AD-GM
QSAR Pro(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-QS-GM
GQSAR(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-GQ-GM
SCOPE(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-SCO-GM
AutoQSAR(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-AU-GM
Lead Grow+(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-LGP-GM
Database(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-DB-GM
VLife Toxicity(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-TX-GM
Advanced Module Pack(ガバメントユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-TX-GM
1Token追加 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-1TOK-GM
コマーシャルユーザー
VLife MDS(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-CO
VLife MDS Special combo(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-SC-CO
VLife MDS Advanced(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-MD-AD-CO
QSAR Pro(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-QS-CO
GQSAR(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-GQ-CO
SCOPE(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-SCO-CO
AutoQSAR(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-AU-CO
Lead Grow+(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-LGP-CO
Database(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-DB-CO
VLife Toxicity(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-TX-CO
Advanced Module Pack(コマーシャルユーザー) 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-TX-CO
1Token追加 1年間シングルユーザーライセンス 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-1TOK-CO
Premium Support
Premium Support(オンラインサポートを含む) 1年間 要問い合わせ Cat.#F-VLIFE-PS
現地取扱説明
VLife MDS
現地取扱説明・インストール作業
実施しておりません。
* Premium Supportには、4時間のオンライントレーニング(英語のみ)が含まれております。

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 www.filgen.jp
Copyright (C) 2004-2017 Filgen, Inc. All Rights Reserved.