製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録  Facebook  Twitter
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス・特許 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス>質量分析


製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・質量分析
Biognosys AG社 次世代プロテオーム解析サービス
iTRAQ®タンパク質発現・相対定量解析
iTRAQ®リン酸化部位同定・相対定量解析
iTRAQ®/TMTプロテオーム解析
SILACタンパク質発現・相対定量解析
Label Free タンパク質発現・相対定量解析
免疫沈降(IP)プロファイリング
SRM/MRM タンパク質定量解析
タンパク質翻訳後修飾プロファイリング
タンパク質リン酸化部位同定プロファイリング
タンパク質同定プロファイリング
タンパク質同定解析
タンパク質配列マッピング解析
タンパク質質量測定解析
PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
Glyco-Screen 解析
Glyco-Screen Plus 解析
ペプチドミクス解析
メタボローム解析
MassARRAY®解析
(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)
データマイニング
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
質量分析サービス

弊社では、フィルジェン(株)の名古屋本社ラボにて、iTRAQ®タンパク質発現・相対定量解析、及び、iTRAQ®リン酸化部位同定・相対定量解析、タンパク質同定プロファイリング、タンパク質翻訳後修飾プロファイリング、タンパク質リン酸化部位同定プロファイリングを実施しております。
また、業務提携により、Biognosys AG社(スイス)の次世代プロテオーム解析サービスであるProteome-SEQ ノンラベル タンパク質網羅的定量解析サービス、Metabolomics Discoveries社(ドイツ)のメタボローム解析サービス、MS Bioworks社(アメリカ)のSILAC解析・PTMプロファイリング・IPプロファイリング・ゲル片からのタンパク質同定・タンパク質定量解析サービス、Agena Bioscience社(旧Sequenom社)の認定サービスプロバイダーであるFeng Chi Biotech社(台湾)のMassARRAY®解析サービスなどをご提供しています。


サービスメニュー


 次世代プロテオーム解析
  HRM-MS
TM タンパク質網羅的定量解析
  MRM/PRM 標的タンパク質定量解析

次世代プロテオーム解析サービス「HRM-MS(TM) タンパク質網羅的定量解析サービス(DISCOVERYプロテオミクス)」、「MRM(*1)/PRM標的タンパク質定量解析サービス(TARGETEDプロテオミクス)」をご提供致しております。ラベルフリータンパク質定量プラットフォームです。これらのHRM-MSTMタンパク質網羅的定量解析サービス(DISCOVERYプロテオミクス)とMRM/PRM標的タンパク質定量解析サービス(TARGETEDプロテオミクス)は、抗体ベースの方法と古典的な「ショットガン(*2)プロテオミクスの間にあるタンパク質分析のスケールと精度のギャップを補完します。抗体ベースの方法(ELISAなど)は単一のタンパク質の正確な定量化を可能にしますが、単一の実験において複雑な試料中の複数のタンパク質を「多重化」することは困難です。逆に、古典的な「ショットガン」プロテオミクスは、1回の実験で多くのタンパク質を同定しますが、再現性に乏しく、サンプル間で多くのタンパク質を確実に定量することが難しくなります。HRMは、ショットガン法(高含有量)とMRM法(高い再現性と感度)の利点を組み合わせた技術となります。

 iTRAQ®タンパク質発現・相対定量解析
新開発テクノロジーを凝集したハードウェアにより、卓越した分解能、質量精度、ダイナミックレンジ、さらには高速MS/MSスキャンなど、最高の結果を得るために必要な機能が大きく強化された、「SCIEX社製 TripleTOF(TM) 5600 System」と、「iTRAQ®試薬」、「ProteinPilot® Software」を用いて、iTRAQ®タンパク質発現・相対定量解析サービスをご提供致します。
iTRAQ®試薬を用いれば、最大8種類までの生体サンプル中のタンパク質を相対定量することができ、バイオマーカー探索をハイスループットで行うことができます。二次元電気泳動などの煩わしい操作は不要です。

 iTRAQ®リン酸化部位同定・相対定量解析

リン酸化ペプチドを濃縮精製し、「SCIEX社製 TripleTOF(TM) 5600 System」と、「iTRAQ®試薬」、「ProteinPilot® Software」を用いて、iTRAQ®リン酸化部位同定・相対定量解析サービスをご提供致します。

 タンパク質翻訳後修飾プロファイリング
「SCIEX社製 TripleTOF(TM) 5600 System」と、「ProteinPilot® Software」を用いて、組織・細胞・血清・血漿由来のタンパク質の同定、及び翻訳後修飾プロファイリングを行います。

 タンパク質リン酸化部位同定プロファイリング
「SCIEX社製 TripleTOF(TM) 5600 System」と、「ProteinPilot® Software」を用いて、組織・細胞・血清・血漿由来のタンパク質のリン酸化部位同定プロファイリングを行います。

 タンパク質同定プロファイリング
「SCIEX社製 SCIEX TripleTOF(TM) 5600 System」と、「ProteinPilot® Software」を用いて、組織・細胞・血清・血漿由来のタンパク質の同定プロファイリングを行います。

 データマイニング

  *Filgen名古屋本社ラボにて、実験解析作業を実施しています。




SCIEX社製
TripleTOFTM 5600 System
質量分析受託解析サービス/網羅的タンパク質発現変動解析/iTRAQ試薬
iTRAQ®試薬
質量分析受託解析サービス/網羅的タンパク質発現変動解析/ProteinPilot
ProteinPilot® Software


 iTRAQ®/TMTプロテオーム解析
iTRAQ®またはTMT(Tandem Mass Tag)を用いた解析により、複数サンプル間における網羅的なタンパク質同定ならびに、発現相対定量解析を行います。

 ペプチドミクス解析
ペプチドミクスは、生体試料中の内因性ペプチド(〜20kDaまで)の体系的、総合的、定性的/定量的なマルチプレックス解析として定義されます。プロテオミクスを補完し、プロテオミクスとメタボロミクスの間のギャップを埋めることができます。この解析では、例えば、サイトカイン、成長因子、およびペプチドホルモンなどの分子、および他の小タンパク質断片と未確定機能のペプチド、そして、疾患特異的タンパク質分解切断からのシグナリングを含む多数の可溶性ポリペプチドの変動について、データを得ることができます。






 SILACタンパク質発現・相対定量解析
安定度同位体アミノ酸で一定期間培養した細胞を用いて、培養細胞中のタンパク質同定、及び、発現量の相対定量(比較定量)を行うサービスです。解析結果として、関連するパスウェイ情報と共に、同定されたタンパク質の一覧、タンパク質の発現量の相対定量データをお届けします。

 Label Free タンパク質発現・相対定量解析
細胞溶解液や組織ホモジネート、または生体液など複雑なサンプルの相対定量ならびに定性解析を、Label Freeで行います。iTRAQ解析やSILAC解析では困難な、9サンプル以上の多数サンプルの相対定量を行う場合、非常に有用な手法です。解析結果は、関連するパスウェイ情報と共に存在するタンパク質の一覧及びタンパク質の発現量データをご提供いたします。本サービスでは、dMS(Differential mass spectrometry)解析と、GeLC-MS/MS解析の2種類からご選択していただけます。

 免疫沈降(IP)プロファイリング
免疫沈降もしくは、共免疫沈降タンパク質のための質量分析サービスです。これらの実験は、例えば、サンプル中のタンパク質含量を単純にプロファイルしたり、コントロールとテストサンプル間での相対定量的比較をしたり、非特異的結合を含むものから、特異的結合を識別するために有用です。

 SRM/MRM タンパク質定量解析
選択反応モニタリング(SRM)と多重反応モニタリング(MRM)を組み合わせた質量分析の方法を採用し、定量性と選択性がともに高く、混合物中の対象タンパク質を定量することができます。小分子(<1,000Da)を高感度に検出できます。計算されたペプチドのモル量を用いて、ペプチドとタンパク質との間のモル比を1:1で仮定することで、タンパク質の濃度を推定することができます。

 タンパク質同定解析
2Dゲルスポット、SDS-PAGEバンド、リコンビナントタンパク質、精製タンパク質などから、LC/MS/MSにより、タンパク質を同定します。

 タンパク質配列マッピング解析
2Dゲルスポット、SDS-PAGEバンド、リコンビナントタンパク質、精製タンパク質などから、3種の酵素(トリプシン、キモトリプシン、エラスターゼ)を用いてサンプル処理を行い、LC/MS/MSにより測定を行います。それぞれの酵素処理によるデータ及び3種のデータを合わせたデータによって、ペプチド同定とタンパク質配列決定を行います。

 タンパク質質量測定解析
タンパク質の分子量を決定します。抗体の分子量を確認するだけでなく、分子のグリコシル化状態の評価にも利用できます。

 PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
目的のタンパク質配列を最大限取得及びタンパク質のPTM(翻訳後修飾)を検出するために、ゲル片をトリプシン、キモトリプシン及び、エラスターゼの3種類の酵素で処理し、ペプチド混合物をLC/MS/MSにより分析します。

 Glyco-Screen 解析/ Glyco-Screen Plus 解析
Glyco-Screen解析は、抗体、リコンビナントタンパク質、又は、高精製タンパク質上のN-グリコシル化部位の存在有無を決定することができます。
Glyco-Screen Plus 解析は、細胞溶解物、生体液、例えば血清・血漿・CSFの様な複雑な混合物中のN-グリコシル化部位の定性又は定量を行います。

  *MS Bioworks社(アメリカ)に、実験解析作業を委託実施しています。


ThermoFisher Orbitrap Velos Pro
tandemmass spectrometer

ThemoFisher Q Exactive
hybrid quadrupole-Orbitrap
mass spectrometer

ThermoFisher TSQ Quantum Ultra


 メタボローム解析

  *Metabolomic Discoveries社(ドイツ)に、実験解析作業を委託実施しています。

Metabolomic Discoveries社(ドイツ)と業務提携し、メタボローム解析サービスをご提供致しております。Metabolomic Discoveries社は、最新かつ最高水準のテクノロジーであるハイスループットなGC-MSシステムとUPLC結合型精密多量QTOFを駆使し、様々な生物由来試料の既知・未知全ての代謝物質を分析します。分子量50-1,700Daの分子群を対象に1-2ppmの正確な識別が可能です。お客様の目的に合わせて、興味のある化合物の種類やサンプルに合わせた解析方法を提案し、代謝物質の物理的性質に合わせた抽出及び分離プロトコルを用いて、解析を行います。

GC-MS System

UPLC-QTOF/MS System


 MassARRAY®解析(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)

  *Agena Bioscience社(旧Sequenom社)の認定サービスプロバイダーである、
   Feng Chi Biotech社(台湾)に、実験解析作業を委託実施しています。

Agena Bioscience社(旧Sequenom社)の認定サービスプロバイダーである、Feng Chi Biotech社(台湾)と業務提携し、MassARRAY®解析サービスをご提供致しております。
MassARRAY®システムは、PCR法の検出感度を活用したシンプルなプロトコールと、MALDI-TOF-MSの検出精度を組み合わせた、高精度・高感度・ハイスループットを実現しており、DNAメチレーション解析(DNAメチル化解析)、ゲノム解析で得られた候補SNPのバリデーションや体細胞変異の解析、カスタムSNPジェノタイピングなど、様々なアプリケーションに対応した受託解析サービスをご提供しております。

SpectroCHIP®

MassARRAY® System



本サイトは、SCIEX社、MSBioworks社、Metabolomic Discoveries社のサイトの情報を一部引用させて頂いております。
お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 www.filgen.jp
Copyright (C) 2004-2017 Filgen, Inc. All Rights Reserved.