製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス>3D免疫組織化学イメージング解析

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・3D免疫組織化学イメージング解析
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


ClearLight Biotechnologies社 顕微鏡イメージング
3D免疫組織化学イメージング解析サービス
本サービスは、ガラススライド上の薄片組織から顕微鏡観察を行う従来法に依存することなく、独自の手法を用いることで、免疫染色を行った組織を三次元的にとらえ、組織の空間イメージング解析を行うことができます。従来の技術と比較して、組織の微小環境の空間的および形態学的な分析を詳細かつ高精度に実施することが可能です。


概要


現在の組織分析において、ゴールドスタンダードとされている二次元での薄切片組織スライドの分析手法は、100年前の技術に依存し続けている状況であり、組織の微小環境について空間的に解析を行う場合や、形態学的な分析はかなり限られた情報しか得られません。また、従来法では何百ものスライドを処理しなくてはならないことや、複雑な生物学的プロセスを理解する上で、組織を少量しかサンプリングできない場合など、様々な問題点がありました。
本サービスは、これらの問題点を解決するため、CLARITYテクノロジーを利用した組織透明化と、ClearLight社独自の空間イメージングを組み合わせた3D組織イメージング解析サービスです。この手法で解析を行うことで、従来の2D薄切片FFPEサンプルと比較して、約10倍の連続したデータを取得することが可能となります。

【技術的特長 その1 - CLARITYテクノロジー】

CLARITYテクノロジー(Clear Lipid-exchanged Acrylamide-hybridized Rigid Imaging / Immunostaining / in situ-hybridization-compatible TissuehYdrogel)は、2013年にNatureに掲載された論文で初めて公開された技術*1で、スタンフォード大学メディカルセンターのカールダイセロス研究室で開発されました。組織に含まれる脂質は、顕微鏡解析時に光を散乱してしまい画質が不明瞭になる原因となっています。そのため、光学的な顕微鏡解析において、脂質による不透明度を解決することが解析結果を左右するカギとなります。
このテクノロジーは、特定の界面活性剤を利用して、組織サンプルから三次元的な構造を維持した状態で脂質または脂肪組織を除去することができるため、組織サンプルを光学的に高度に透明化することができます。

1. Structural and molecular interrogation of intact biological systems. Nature (2013) 497: 332-337

【技術的特長 その2 - 空間イメージング】

正常組織と疾患組織において、より詳細かつ正確に三次元の関係性を評価する目的で開発された技術です。正確な3Dイメージングを行うことで、例えば腫瘍組織サンプル内の分枝の不均一性をより深く理解することができます。このClearLight社で開発された技術は、マルチプレックスでIHC染色組織の画像を処理し、3D化して空間イメージングを行うことができます。


解析のワークフロー



本解析は、大きく以下の2ステップで実施いたします。
なお、ステップ1で採用されている組織透明化試薬はご購入も可能です。⇒製品のご購入はこちら



【画像解析について】

本サービスでは、以下の装置を使用してイメージングを行います。
・Leica SP8 共焦点顕微鏡
・Bruker Luxendo MuVi ライトシート顕微鏡
取得した画像データは、Imarisソフトウェア(Oxford Instruments)を使用して処理を行います。

【ご提供データについて】

ご依頼いただいた解析内容によってデータ容量が大きく異なる場合があります。データ容量に合わせて、CD/DVD、USB、HDD または Cloudなどの電子媒体を使用して納品いたします。主なご提供データは以下の通りです。
1. 生データ(解析内容によってデータ量が異なるため(数~十数テラバイト)、ご希望の場合のみのご提供となります。.
2. サンプルの染色およびイメージング深度を定性的に視覚化するためのビデオとスナップショット
3. 実験条件や解析条件などの作業内容を含めたレポート(解析内容によりPowerpointあるいはWord形式にて作成)
4. この他、ご希望に応じて画像処理されたファイルを作成いたします。


サンプル条件


本解析では、以下の方法でご準備頂いたサンプルの解析が可能です。条件を満たさないサンプルの場合は、解析できない場合がございますので、ご注意ください。また、以下に記載のない組織タイプなどの場合は、事前にご相談ください。

受入れ可能な生物種 ヒト、マウス
サンプルサイズ寸法 直径5㎜x厚さ1mm、または5x5x1mm
対応サンプルタイプ ・腫瘍組織
 (同系、異種移植、患者腫瘍組織移植(Patient-derived xenografts)、原発などの腫瘍モデル)
・腎臓
・脾臓
・皮膚
・肺
・扁桃腺
・脳
・膵臓
・肝臓
・乳腺
・前立腺
固定方法および保存方法 ・ご提供サンプルは、必ず以下の固定方法を実施したものでご準備ください。
1. 4%パラホルムアルデヒド(PFA)で4℃、24時間
2. 10%中性緩衝ホルマリン(NBF)で4℃、24時間
※4%PFAまたは10%NBF以外の固定液でのサンプル調整は、検証されていない。またはすでに解析上問題が生じるものとなります。
・灌流されたものか、灌流されていないかをお知らせください。
※イメージングに影響が出る可能性がありますので、必ずお知らせください。
・サンプルは密閉容器、またはPBSかTBS溶液でご準備ください。
・ご発送前に長期(1週間以上)保管されるサンプルは、4℃でPBS+Nan3(0.01%)に保管する必要があります。 


解析用に最適化されている抗体


本サービスでは、ヒトおよびマウス組織の免疫染色用に以下の抗体を最適化しています。最適化抗体とは、本解析に合わせて濃度および滴定の評価を行い、特定の組織に対して最適な濃度レベルを評価したものになります。以下のリスト内の抗体がサービスでご利用頂けますが、ラインナップは今後も追加予定です。なお、リストに無いものや市販されている抗体なども、最適化できれば場合によりご利用頂けますので、ご興味がございましたら、ご相談ください。

生物種 検出項目
ヒト組織 ・α-SMA
・CD3
・CD4
・CD8
・CD20
・CD31
・CD45
・CD45RO
・CD68
・CD163
・CK8
・EGFR
・FAPα
・FoxP3
・HLA-DR
・Ki67
・Lectin
・pan-cadherin
・pan-cytokeratin
・PD-1
・PD-L1
・PGP9.5
・SOX10
・Vimentin
マウス組織 ・α-SMA
・Calbindin
・CD3
・CD8
・CD31
・CD45
・CD163
・CK8
・CK19
・F4/80
・GFAP
・Histone H3
・Ki67
・Lectin
・MHC Class II
・pan-cytokeratin
・PGP9.5
・phospho-Histone H3
・PSD95


価格


解析する組織の種類やその画像解析の内容によって料金が異なります。
サービス名 税別価格 品番
3D免疫組織化学イメージング解析サービス お問合せ F-CLB-3DIHC


ご注意事項


1. 解析サービスに関して
本サービスの解析は、弊社の海外提携先(ClearLight Biotechnologies社)にて実施されます。本サービスで取得されたデータのご利用は、研究用途に限定されています。ヒト、動物への医療・臨床診断用には使用しない様にご注意ください。
2. サンプルの送付および取り扱いに関して
2.1 サンプルのご発送は、必ず、「サンプル送付方法およびご注意点(PDF)」の内容に従ってください。ご送付の際は、チューブをパラフィルムで覆い、キャップの緩みや中身の漏れがおきない様にしてください。サンプルの入ったチューブには、油性マジックでサンプル名を明記し、ビニールバッグ等に入れてください。ご送付の際は、十分量のドライアイスを同梱の上、冷凍宅急便にて、凍結状態にてご送付ください。
2.2 サンプルは、なるべく休日をはさまない様に、弊社営業時間内(土日祝祭日を除く、平日9時~18時)に到着する様にご発送ください。なお、弊社までの送料につきましては、荷送り人様負担とさせて頂いておりますので、あらかじめご了承ください。
2.3 サンプル送付の際は、受託解析サービスQCシート及び免責事項同意書を同封してください。これらが同封されていない、または記入漏れがある場合、解析サービスに着手できませんので、ご注意ください。
2.4 天災、パンデミック、輸送中のサンプル喪失など、弊社の制限を超えた不可抗力に対する補償・保険制度はありませんので、貴重なサンプルをご提供頂く際はご注意ください。
2.5 お預かりできるサンプルは、BSL2(バイオセーフティーレベル2)までのものに限られます。感染性が著しく高いサンプル(HIV、HCV、HBVウイルス)に感染していることが確認されている患者由来の検体などは、お預かりできませんので、予めご了承ください。ヒト臨床サンプルの場合、インフォームドコンセントを得てからご提供ください。また、動物検疫・国際条約等に該当するサンプルの場合、輸送手続きに日数を要する、またはお取り扱いできないことがあります。こうしたサンプルは、弊社提携先にて受入れが不能、または拒否されたりする場合があります。
2.6 ご提供頂いたサンプルの返却は致しておりません。(サンプルは解析終了時に破棄されます。)
2.7 サンプル・業務等から生じた知的財産権・工業所有権・安全性・インフォームドコンセント等の問題について、弊社は一切の責任を負わないものとします。
3. キャンセルに関して
本サービスは、海外での解析という性質上、サンプル受領後のキャンセルはお引き受け出来ません。やむを得ない理由でキャンセルされる場合、それまでの工程に応じた料金をご請求いたします。
4. 納品物に関して
納品データのバックアップは、必ずお客様にてお取りください。弊社でのデータ保管期間は、発送日から90日間となります。弊社での保管期間を経過したデータは破棄されます。
5. 上記の記載内容を満たさない事由により別途費用が発生した場合、お客様にそれらの費用をご負担頂く場合があります。

※本サイトの情報は、ClearLight Biotechnologies社のHomepageの情報を一部引用しております。
お問い合わせ 受託解析部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2021 Filgen, Inc. All Rights Reserved.