製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>Bioingentech社製品 PCR/リアルタイムPCR用病原体検出キット

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
Bioingentech
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


Bioingentech社製品
PCR/リアルタイムPCR用 病原体検出キット

Bioingentech社(チリ)は、ヒトおよび獣医学の病原体検出用エンドポイント、リアルタイム、ワンステップPCRキットを販売しています。獣医学系病原体を中心に約720種類の幅広い製品をラインナップしています。

特異的で信頼性の高いPCR検出
幅広い病原体ラインナップ(ウイルス、細菌、真菌、寄生虫)
DNA/RNA抽出試薬が付属

チラシ(PDF)
製品ラインナップと価格


サーマルサイクラーを使用する定性検出用のエンドポイントPCRキット、リアルタイムPCR機器を使用するリアルタイムPCRキットとワンステップPCRキットの3種類のフォーマットがあります。また、病原体のゲノムタイプ(DNAまたはRNA)によってキット構成が異なります。いずれのキットもDNA/RNA抽出キットが付属しています。

製品ラインナップ一覧(Excel)
★マニュアルのダウンロード方法について

[PCRキットのマニュアル]

(1) メーカーサイト(https://www.kitpcr.com/)を開いていただき、病原体名を検索すると、該当製品のページを開くことができます。
(2) ページ中ほどの「DESCRIPTION」の項目の「MANUAL」をクリックして頂くと、マニュアルを確認することができます。
※検索で見つけられない場合などは、ご手数ですが試薬部(biosupport@filgen.jp)までご連絡をください。

[DNA/RNA抽出キットのマニュアル]

 ⇒DNA抽出キットのマニュアル
 ⇒
RNA抽出キットのマニュアル


キットの種類について


PCR(定性)検出
◆エンドポイントPCRキット
PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法を用いたエンドポイントPCR用病原体検出キットです。特定の遺伝子のみを増幅することができ、約3時間で検出可能です。アガロース等の電気泳動キットやUVトランスイルミネーターが必要になりますので、別途ご用意ください。

リアルタイムPCR(定量)検出
5'ヌクレアーゼテクノロジーを使用したリアルタイムPCR用病原体検出キットです。PCR増幅中に、フォワードおよびリバースプライマーが病原体にハイブリダイズします。プローブの切断により、レポーター色素とクエンチャーが分離して生じる蛍光の増加を検出します。様々なリアルタイムPCRプラットフォーム(⇒対応機器一覧)で利用可能です。レポーター色素には黄色チャネルで検出する ChodsZxTM または緑色のチャネルで検出する KelluZZTM、クエンチャーには KuruZyTM が使用されています。

◆リアルタイムPCRキット
個別のステップで逆転写とqPCRを行うリアルタイムPCRキットです。インターナルコントロールは、病原体検出用とは別のチューブで検出する必要があります。病原体検出用プライマー/プローブミックス(ChodsZxTM標識 )インターナルコントロール検出用プライマー/プローブ(KelluZZTM標識)が含まれています。

◆ワンステップPCRキット
1ステップでRT-qPCR可能なリアルタイムPCRキットです。インターナルコントロールを病原体検出用と同じチューブでマルチプレックスに検出可能です。病原体検出用プライマー/プローブミックス(KelluZZTM標識)、インターナルコントロール検出用プライマー/プローブ(ChodsZxTM標識)が含まれています。また、ゲノムタイプがRNAのキットの場合、外因性RNAテンプレートおよび外因性
RNAテンプレート用qPCRプライマー/プローブミックスChodsZxTM標識)が付属しています。コントロールRNAの同時精製とqPCRの成功は、PCR阻害剤が高濃度で存在しないことを示しています。

キットの種類 ゲノムタイプ DNA ゲノムタイプ RNA
DNA/RNA抽出用試薬(エンドポイント、リアルタイム、ワンステップPCRで共通)
- ・細胞溶解液
・核溶解液
・洗浄液
・プロテイナーゼK
・RNase 溶液
・タンパク質沈殿液
・DNA 再水和溶液
・細胞溶解液
・洗浄液
・RNA 溶解バッファー
・RNA 再水和溶液
PCR用試薬
エンドポイント ・PCR プレミックス
・DNase/RNase フリー水
・ポジティブコントロール
・ネガティブコントロール
・PCR インターナルコントロール
・ミネラルオイル溶液
・Brig 分子量マーカー
左の試薬および
・RT-PCR プレミックス
・Biotech 転写酵素溶液
・Brig RT-PCR 溶液
リアルタイム ・qPCR realtime プレミックス(病原体検出:ChodsZxTM標識)
・インターナルコントロール(
KelluZZTM標識) *2
・PCR グレード水
・ポジティブコントロール *1
・ネガティブコントロール *3
左の試薬および
・cDNA合成プレミックス
・Lig
TM RNase 阻害溶液
・Bio
TM 転写酵素溶液
ワンステップ ・ユニバーサル qPCR マスターミックス
・プライマー/プローブ/インターナルコントロールユニバーサルミックス(病原体検出:KelluZZTM標識、IC:ChodsZxTM標識)*2
・ポジティブコントロール *1
・ネガティブコントロール *3
・PCRグレードの水
左の試薬および
・One RT-qPCR 酵素ミックス
・外因性 RNA コントロール *4
・外因性 RNA コントロール用プライマー/プローブミックス(ChodsZxTM標識) *4
*1 ポジティブコントロール:検量線作成(定量検出の場合)およびポジティブコントロールとしてご使用頂けます。キット毎に濃度が異なります。濃度はキットに付属する品質管理レポートにてご確認ください。キットの使用ごとに、少なくとも1つのポジティブコントロール反応を分析に含める必要があります(ワンステップ
PCRの場合、12サンプル毎)。陽性の場合、遺伝子検出用プライマー/プローブがその実験で適切に機能したことを示しています。陰性の場合、テスト結果は無効であり、再実験を行う必要があります。ポジティブコントロールをポジティブコントロール用ウェルにピペッティングする前に、他のすべてのサンプルとネガティブコントロールを密封してください。
*2 インターナルコントロール:PCR条件が標的病原体遺伝子の検出に適していることを確認するコントロールです。
*3 ネガティブコントロール:コンタミネーションがないことを確認するために使用します。キットを使用するたびにネガティブコントロール反応を含める必要があります(ワンステップPCRの場合、12サンプル毎)。陰性の場合、試薬が汚染されていないことを示します。陽性の場合は、増幅曲線を確認する必要があります。
*4 外因性RNAコントロール:溶解バッファーにスパイクし、抽出プロセスのポジティブコントロールとして使用します。低コピー数で存在する場合でも、ターゲットcDNAの検出を妨げません。コントロールRNAの精製とqPCRに問題がなく、PCR阻害剤が高濃度で存在しないことを確認することができます。12サンプル毎に1つのRNAコントロールを含めて実験を行ってください(各サンプルに対してコントロールを用意する必要はありません)。


キットに関するご注意


◆レポーター色素について
リアルタイムPCRキットには、ChodsZxTM色素とKelluZZTM色素が使用されていますので、それに合わせてソフトウェアをセットアップしてください。

【類似のフルオロフォア】
・ChodsZx
TM: HEX
・KelluZZ
TM: FAM

◆リアルタイムPCR対応機器
リアルタイムPCRキット、ワンステップPCRキットを使用する場合、リアルタイムPCR装置が必要です。下記の装置に対応しています。
記載のない機器を使用する場合は、試薬部(biosupport@filgen.jp)までお気軽にお問合せください。

・ABI 7300、7500FAST、7900
・AB Step One、Step One Plus
・Agilent Mx3005P
・CFX96 & CFX384
・ExiCycler
TM 96
・iQ5 & MyiQ Cycler
・Illumina Eco
・LightCycler Nano、2.0、480
・Mastercycler® ep realplex
・Mx3000P QPCR System
・Mx3005P QPCR System
・RotorGene 3000、6000、Q
・SLAN®Real-Time PCR
・Smartcycles II
・Applied 7300、7500

◆キットの保存について
キットは、常温で輸送され、常温のままで長期保存が可能です。
開封後はそれぞれの試薬のバイアルの記載にしたがって、適切な温度帯で保管してください。


注意事項
本キットは、研究用として販売しております。ヒト、動物への医療・臨床診断用には使用しない様にご注意ください。
また、食品・化粧品・家庭用品などとして使用しないでください。
無断で承認を得ず、製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。

お問い合わせ 試薬部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2020 Filgen, Inc. All Rights Reserved.