製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>IROA Technologies社製 メタボロミクス関連試薬

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
IROA Technologies
- IROA Quantitation Kits
- IROA TruQuant IQQ Workflow Kit
- MSMLS
- LSMLS
- BACSMLS
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


IROA Technologies社製品
質量分析(メタボロミクス)関連試薬
IROA Quantitation Kits / IROA TruQuant IQQ Workflow Kit / MSMLS / LSMLS / BACSMLS


IROA Quantitation Kits


【概要】

IROA Technologies社(アメリカ)は、研究用試薬、質量分析用の標準ライブラリー、解析用ソフトウェアなど、お客様のメタボロミクス研究に役立つ製品を独自の技術で開発し続けています。IROAとは、Isotopic Ratio Outlier Analysis の略で、マススペクトルデータに対して特定の同位体パターンを生成させる技術です。この埋め込まれた同位体の発現パターンにより、エラーの減少、実験的なばらつきの減少、プラットフォームのQCなどを可能にし、より高品質なデータの取得が行えます。

【IROAとは】

IROAは、独自のタグを代謝産物に埋め込むシンプルで直接的な代謝プロファイリング技術です。具体的には、質量分析(MS)によって相対定量された代謝産物中の95%および5%の13C存在量から特定のピークを検出し、同定と定量を行います。正確で再現性のあるデータを得るために、測定されたすべての代謝産物に対して内部標準を持つことは重要であり、メタボロミクス研究における13C同位体の使用は、分子の同定および定量化能力を大幅に向上させます。IROAは、細菌、酵母、哺乳動物の細胞株を含むほとんどの細胞集団に適用可能な技術であるため、多くのライフサイエンスアプリケーション(毒物学、診断、薬剤開発、バイオプロセスなど)に適用することができます。

【プロトコール】

本製品は、「The Basic IROA Protocol」、「The Phenotypic IROA Protocol」、「The Fluxomic IROA Protocol」の3つのプロトコールがあり、実験系に適したプロトコールをお選びいただけます。

・The Basic IROA Protocol

The Basic IROA Protocolは、炭素同位体を用いてラベルし、特定のピークから化合物の同定を行います。下図では、テスト集団(緑)とコントロール集団(青)の2つの細胞集団に分けられます。テスト集団には「95%の12Cと5%の13C」、コントロール集団には「95%の13Cと5%の12C」で、それぞれ構成される培地で標識します。これにより同位体は、全炭素位置に普遍的およびランダムに標識され、テスト集団とコントロール集団の化合物は化学的に同一であっても同位体的に異なることになります。
同位体で標識されたIROAピークは、特定のパターンを示します。右図は6炭素分子アルギニンの例です。緑は95%のC12で標識されたピーク、青は95%のC13で標識されたピークです。6つの炭素がすべてC13に置き換わった場合は、181m/zに高いピークを示し、すべてC12に置き換わった場合は、175m/zに高いピークを示します。この両者ピークの距離が6m/z分離れているため、ピークから化合物の炭素数を6と確認することが可能になります。メタボロミクス研究では、同じ分子量を示す化合物が多数存在するため、炭素数の確認は非常に重要です。



・The Phenotypic IROA Protocol

The Phenotypic IROA Protocolは、テスト側のサンプルが組織や植物など、標識が行えない場合に使用するプロトコールです。下図では、テスト集団(緑)は標識なし、コントロール集団(青)は「95%の13Cと5%の12C」で標識します。12Cで標識された化合物はありませんが、付属の解析ソフトウェアを用いることで、すべて13Cで標識された化合物のピークから計算し、自然に存在するペアリング化合物を見つけ出すことができます。


・The Fluxomic IROA Protocol

The Fluxomic IROA Protocolは、13Cで標識された細胞内代謝反応の流れ(フラックス)を定量する方法です。下図では、テスト集団(緑)を「95%の12Cと5%の13C」で標識し、存在するほとんどの炭素を12Cで標識します。さらに、99%が13Cで標識された化合物をトレーサーとして加えることで、代謝経路に存在する化合物から特定の同位体ピークが検出され、計算から細胞内の代謝フラックスを推定することが可能になります。


【解析ソフトウェア(IROA ClusterFinderTM Software)】

Cluster Finderは、同位体エンリッチのメタボロミクスデータを処理するために開発された、専用の解析ソフトウェアです。IROAで標識された豊富な炭素同位体の条件下で解析を行うことができ、IROAプロトコール(Basic、Phenotypic、Fluxomicおよび、IROA TruQuant IQQワークフロー)で生成されたLC-MSデータファイルの解析をサポートします。ソフトウェアは、生データからピーク同定と定量を自動化し、データ解析と統計解析(回帰、分散、主成分、ランダムフォレストなど)をサポートします。本ソフトウェアは、キット購入の際に付属しています。

対応ファイルフォーマット:
mzXML
mzML
mzDATA

ハードウェア要件:
Inter Pentium III/800MHz、デュアルコアプロセッサ、もしくはそれ以上
最小でも、16GB RAM
コンピュータは、ネットワークにアクセス可能である必要があります。

ソフトウェア要件:
Java8をインストール済み
コンピュータには少なくとも 8GB のRAMが必要です。
Windows 7 以上

【製品ラインナップ】

IROA® 100 for Yeast and Fungal Metabolic Profiling
酵母の内部標準を生成し、酵母代謝産物の同定・定量を行うキットです。
D-glucose(U-13C, 95% and 5%)
IROA ClusterFinderTM Software
IROA® 200 for Bacterial Metabolic Profiling
細菌の内部標準を生成し、細菌代謝産物の同定・定量を行うキットです。
D-glucose(U-13C, 95% and 5%)
Amino Acid Labeling Mixes(U-13C, 95% and 5%)
Two(2) DynaGuard Filters
IROA ClusterFinderTM Software
IROA® 300 for Mammalian Metabolic Profiling
哺乳類の内部標準を生成し、哺乳動物代謝産物の同定・定量を行う、主に Basic プロトコールに対応したキットです。
EBSS/RPMI 1640 vitamins PLUS U-13C, 95% and 5% labeled carbon energy sources
IROA ClusterFinderTM Software
IROA® Phenotypic Quantitation Kit for Mammalian Metabolic Profiling
哺乳類の内部標準を生成し、哺乳動物代謝産物の同定・定量を行う、主に Phenotypic プロトコールに対応したキットです。
EBSS/RPMI 1640 vitamins PLUS U-13C, 95% labeled carbon energy sources
IROA ClusterFinderTM Software
IROA® Fluxomic Quantitation Kit for Mammalian Metabolic Profiling
哺乳類の内部標準を生成し、哺乳動物代謝産物の同定・定量を行う、主に Fluxomic プロトコールに対応したキットです。
EBSS/RPMI 1640 vitamins PLUS U-13C, 5% labeled carbon energy sources
IROA ClusterFinderTM Software

【価格】

製品名 サイズ 税別価格 カタログ#
IROA® 100 for Yeast and Fungal Metabolic Profiling 50mLx2 お問合せ 100-50
IROA® 200 for Bacterial Metabolic Profiling 50mLx2 お問合せ 200-50
IROA® 300 for Mammalian Metabolic Profiling 250mLx2 お問合せ 300-250
IROA® Phenotypic Quantitation Kit for Mammalian Metabolic Profiling 250mL お問合せ IROA PHENO-95-300
IROA® Fluxomic Quantitation Kit for Mammalian Metabolic Profiling 250mL お問合せ IROA FLUX-05-300
※The Fluxomic IROA Protocolで使用される99%の13Cトレーサーは、キットに含まれていません。


IROA TruQuant IQQ Workflow Kit

【概要】

IROA TruQuant IQQは、少量の生体試料中で数百の生化学物質を正確に測定する高品質な定量システムです。本キットでは、内部標準をサンプルに添加し、対応するサンプル中の化合物と比較することで、同定、定量、およびサンプルの正規化を可能とします。このシステムは、IROA ClusterFinderソフトウェアを用いることで完全に自動化できます。IQQとは、同定(Identification)、定量(Quantification)、品質管理(Quality Control)が高い信頼性で行えることを意味します。

IQQ
Identification:
 共通および新規代謝物の同定に対する信頼性
Quantification:
 全ての検体の分析および生物学的変動性の包括的な補正
Quality Control:
 研究内/試験間の再現性を保証するために便利で自動化されたツール

【ワークフロー】

IROA TruQuant IQQ ワークフローでは、IROA-LTRS と IROA-IS という2つの標準品が使用されます。

・IROA-LTRS

IROA-LTRS(IROA-Long Term Reference Standard)は、95%C13および5%C13の両方で完全に標識された酵母抽出物を、1:1の割合で混合した標準品です。長期的な試験を目的とした再現性のある機器性能を保証するため(QA/QC)に使用されます。また、プラットフォーム間の比較を可能とします。

・IROA-IS

IROA-Internal Standard(IROA-IS)は、実験サンプル中に添加する内部標準です。内容は、LTRSと同じ濃度で完全に標識された95%C13のみの酵母抽出物です。IROA-IS中の対応物と比較することで、サンプル中の生化学物質を同定・定量および正規化することができます。


上図は、ワークフローの例です。IROA TruQuant IQQ ワークフローは、定量化のために、すべての実験サンプル(A)に一貫した内部標準(B)を追加します。同定された化合物の位置をサポートし、日々のクロマトグラフィーのラン特有の Retention Index を作成するため、よく特徴付けられたLTRS(D)もサンプルと併せて分析します。これにより、装置およびプロセスのQA/QC、化合物の同定・定量を可能とします。IROA-LTRS のピークパターン(D')は、標識された化合物の13Cピーク(青)と12Cピーク(緑)が互いにシンメトリーなスペクトルとなり、各ピークの高さは、分子内の炭素の数によって異なります。また、同位体ピーク全体の形状も炭素数ごとに異なります。生体分子中の炭素数は、2つのモノアイソトピックピーク間の距離によって決定することができます。IROA-LTRSは、LC-MSおよびMSMSメソッドを使用して、それぞれ分析され、ソフトウェアによってRetention Time、m/z および物理特性の「ライブラリー」を作成します。その後、ライブラリーの情報を用いて IROA-IS でスパイクされたサンプル中代謝物の同定を行います。異なるクロマトグラフシステムを使用した場合でも、ソフトウェアはライブラリーの情報をもとに正確なID化合物を特定します。

【価格】

製品名 サイズ 税別価格 カタログ#
IROA® TruQuant IQQ Workflow Kit 1Kit お問合せ IROA-WORKFLOW


Mass Spectrometry Metabolite Library of Standards(MSMLS)


【概要】

本製品は、幅広い一次代謝物質にわたる高品質低分子の化合物ライブラリーコレクションです。経済的ですぐに使用することができ、高純度(95%以上)の化合物であることがその特徴です。これらは、主な代謝化合物の保持時間およびスペクトルを提供し、質量分析法の分析プロトコルを最適化し、質量分析法の感度および検出限界を定性化・定量化するために使用されます。MSMLSには、600を超えるユニークな小分子代謝産物が含まれています。

【キット構成】

Mass Spectrometry Metabolite Library of Standards(MSMLS)
・Over 600 unique compounds arrayed in seven(7) 96-well plates
・Plate Map
・User Manual
・Discovery software tool with user guide

【特長】

化合物
主要な代謝経路をカバーする600種類を越えるユニークな小分子代謝物が含まれています。
利便性
各化合物の容量は、1ウェル当たり5μgです。メタボローム化合物のMSライブラリーを構築するのに役立つソフトウェア(Discovery software tool)が付属しています。
フォーマット
・96Wellフォーマット
・7枚のポリプロピレンプレート
・化合物:5μg/well
・各化合物は、アルファベットで配置
・記述子:分子式、CAS、ChEBI、HMDB ID、METLIN ID、PubChem ID
・手動および自動化されたワークフロー

【保存】

 -20℃で可溶化し、-80℃で長期間保存することを推奨します。
 湿気、光、反復凍結/融解サイクルを避けてください。

【価格】

製品名 サイズ 税別価格 カタログ#
Mass Spectrometry Metabolite Library of Standards(MSMLS) 5μg/well お問合せ MSMLS


Large Scale Metabolite Library of Standards(LSMLS)


【概要】

本製品は、幅広い一次代謝物質にわたる高品質低分子の化合物ライブラリーコレクションです。経済的ですぐに使用することができ、高純度(95%以上)の化合物であることがその特徴です。MSおよびNMR、機能的細胞アッセイ、および表現型スクリーニングのための代謝産物の定量に最も一般的に使用されています。キット付属ソフトウェアのDiscover software tool は、LSMLSまたはMSMLSライブラリーを使用して生成されたデータをサポートします。また、ソフトウェアには、ユーザーマニュアルとトレーニングビデオが付属しています。

【特長】

化合物
主要な代謝経路をカバーする504種類の代謝産物および中間体が含まれています。
利便性
各化合物の容量は、1ウェル当たり1mgです。各化合物は、アルファベット順に7枚の96ウェルポリプロピレンプレートに配置されています。メタボローム化合物のライブラリーを構築するのに役立つソフトウェア(Discovery software tool)が付属しています。

【保存】

 -20℃で可溶化し、-80℃で長期間保存することを推奨します。
 湿気、光、反復凍結/融解サイクルを避けてください。

【価格】

製品名 サイズ 税別価格 カタログ#
Large Scale Metabolite Library of Standards(LSMLS) 1mg/well お問合せ LSMLS


Bile Acid/Carnitine/Sterol Metabolite Library of Standards(BACSMLS)

【概要】

BACSMLS(胆汁酸/カルニチン/ステロール代謝物ライブラリー標準)は、経済的ですぐに使用できる高品質低分子の化合物ライブラリーコレクションです。この標準ライブラリーは、MSの代謝物の定量に最も一般的に使用されています。キット付属ソフトウェアのDiscovery software tool は、BACSMLSライブラリーを使用して生成されたデータをサポートします。また、ソフトウェアには、ユーザーマニュアルとトレーニングビデオが付属しています。

【特長】

化合物
主要な代謝経路をカバーする96種類の胆汁酸、カルニチン、ステロール代謝物が含まれています。
利便性
各化合物の容量は、1ウェル当たり5μgです。各化合物は、アルファベット順に7枚の96ウェルポリプロピレンプレートに配置されています。メタボローム化合物のライブラリーを構築するのに役立つソフトウェア(Discovery software tool)が付属しています。

【保存】

 -20℃で可溶化し、-80℃で長期間保存することを推奨します。
 湿気、光、反復凍結/融解サイクルを避けてください。

【価格】

製品名 サイズ 税別価格 カタログ#
Bile Acid/Carnitine/Sterol Metabolite Library of Standards(BACSMLS) 5μg/well お問合せ BACSMLS

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.