製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>MaxVision Bioscience社製 免疫染色関連製品

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
- MaxVision Bioscience
Immunofluorescence Detection Kit
MaxBlockTM Autofluorescence reducing reagent Kit
MaxDoubleTM Immunofluorescence Double Staining Detection Kit
MaxGlowTM Mounting Medium for Fluorescence
抗体
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


MaxVision Bioscience 社製品
免疫染色関連製品
Immunofluorescence Detection Kit / MaxBlockTM Autofluorescence reducing reagent Kit / MaxDoubleTM Immunofluorescence Double Staining Detection Kit / MaxGlowTM Mounting Medium for Fluorescence / 抗体


Immunofluorescence Detection Kit

細胞塗抹標本、ホルマリン固定パラフィン包埋切片、凍結切片において、免疫蛍光法による検出を行うために特別に設計されたMaxSAB
TMシリーズ、MaxFluorTMシリーズ、PowerFluorTMシリーズの3種類の製品をラインナップしています。
MaxSAB
TMシリーズは、従来のビオチン-ストレプトアビジン法を用いた免疫蛍光検出キットです。
MaxFluor
TMシリーズ、PowerFluoreTMシリーズは、ビオチンフリーシグナル増幅技術を使用することで、内因性ビオチンによるバックグラウンドの心配がありません。
また、全てのキットにおいて明るく安定なMaxFluor Dyeを採用しています。
MaxFluor Dyeは、幅広いpH(pH4~9)で高い蛍光を維持し、免疫蛍光法のアプリケーションに理想的です。


図:マウス抗NueN抗体による染色
MaxFluor
(TM) 650 Mouse on Mouse
Immunofluorescence Detection Kitを使用。
【Specifications for MaxFluor Dyes】
Color Emission Fluor Excitation/Emission Spectally Similar Dyes
Green MaxFluor 488 493/518 Alexa Fluor 488, fluorescein, FITC, DyLight 488
Orange MaxFluor 550 562/576 Alexa Fluor 546, Alexa Fluor 555, Cy3, TRITC, DyLight 550
Red MaxFluor 594 593/618 Alexa Fluor 594, Texas Red, DyLight 594
Far Red MaxFluor 650 652/672 Alexa Fluor 647, Cy5, DyLight 649
Excitation and emission maxima in nanometers(+/- 4nm) in phosphate buffered saline (PBS)

MaxSAB(TM) 採用技術 ステップ数 対応Dye 概要
MaxSAB(TM) Fluorophore labeled Streptavidin-Biotin 3 MaxFluor
488, 550, 594, 650
Mouse, Rabbit, Goat
MaxFluor(TM) Non-Biotin 3 MaxFluor
488, 550, 594, 650
Mouse, Rabbit, Mouse on mouse,
Rat on mouse, Mouse on rat
PowerFluor(TM) Non-Biotin 3 MaxFluor
488, 550, 594, 650
Mouse, Rabbit

【特長】
クリーンなバックグラウンド
より明るく安定な蛍光シグナル
簡単な手順

【キット内容】
MaxSAB(TM) Immunofluorescence Mouse Detection Kit
・Pre-Antibody Blocking Reagent(ready to use)
・Biotinylated Secondary Antibody(ready to use)
・Fluorescence Labeled Streptavidin(ready to use)
MaxFluor(TM) Mouse on Mouse Fluorescence Detection Kit
・Protein Blocking Solution(ready to use)
・MaxMOM
(TM) Blocking Reagent(ready to use)
・Fluorescence Signal Enhancer(ready to use)
・MaxFluor 488 Labeled Linker(concentrate)
・Fluorescent Diluent
PowerFluor(TM) Immunofluorescence Mouse Detection Kit
・Mouse Antibody Linker(ready to use)
・Fluorescent Labeled Conjugate(ready to use)

【保存】
2~8℃で保存してください。
蛍光Dyeは、遮光して保存してください。

【ラインナップ及び価格】
ラインナップ一覧・価格表(Excel)


MaxBlockTM Autofluorescence reducing Reagent Kit

免疫蛍光染色では、サンプル本体あるいは固定剤由来の自己蛍光が特異的な蛍光を検出する際の妨げになります。
MaxBlock
(TM) Autofluorescence reducing reagent Kitは、自己蛍光のバックグラウンドを削減、除去することで解決し、目的の蛍光シグナルの維持を可能にします。

【特長】
クリーンなバックグラウンド
シグナル:ノイズ比の向上
Ready to useの便利な設計
ほとんどの市販の蛍光試薬に使用可能

【データ例】
Figure 1. MaxBlock™ autofluorescence reducing reagent kitの使用による自家蛍光の除去.
保存用ホルマリン固定パラフィン包埋組織切片をキシレン中で5分間を2回脱パラフィン化した。段階的にアルコール濃度を変えて(100%、95%、70%)再水和した。1組は、MaxBlock Autofluorescence Reducing Reagent Kitで処理し、もう1組は、未処理のままとした。並べて比較するために連続切片を使用した。一次抗体と検出試薬は加えていない。蒸留水でスライドを洗浄し、DAPI入りマウント用試薬でマウントした。緑チャンネル下で自家蛍光を観察した。
A)診処理膵臓:はっきりと強い自家蛍光が観察された。
B)処理済み膵臓:自家蛍光は完全に除去された。
C)未処理腎臓:はっきりと自家蛍光が観察された。
D)処理済み蛍光:自家蛍光が完全に除去された。

【キット内容】
ReagentA: Autofluorescence reducing reagent
ReagentB: Post-Detection Conditioner

【保存】
・室温で保管してください。

【ラインナップ及び価格】
製品名 サイズ 税別価格 Cat.# Datasheet Flyer
MaxBlockTM Autofluorescence Reducing Reagent Kit 100ml ¥38,000 MB-L
18ml ¥17,000 MB-M


MaxDoubleTM Immunofluorescence Double Staining Detection Kit

MaxDoubleシリーズは、免疫蛍光アプリケーションにおいて、同じ組織切片上で同時に複数の一次抗体を検出するために設計されている製品です。

【特長】
・明るく安定した蛍光
・3ステップで同時検出
・簡便な手順Non-Biotinシグナル増幅と明るい蛍光で明確な染色結果を実現
・幅広いpH範囲で高い蛍光を維持
・自己蛍光削減試薬を含むため、よい低いバックグラウンドでの蛍光検出が可能

【キット内容例】(MaxDouble(TM) M&R Immunofluorescence Double Staining Detection Kit の場合)
・Autofluorescence Reducing Reagent
・Mouse Signal Amplifier
・Rabbit Antibody Linker
・MaxFluor Dye Labeled Linker for Mouse
・MaxFluor Dye Labeled Linker for Rabbit
・Post-Detection conditioner
・Mount Medium with DAPI

【ラインナップと価格】
 *Ms:Mouse、Rb:Rabbit
製品名 Size Primary Abs Tissue Dyes 税別価格 Cat.#
(Datasheet)
MaxDoubleTM M&R Immunofluorescence
Double Staining Detection Kit
120 Slides Ms+Rb Human MaxFluor488+550 ¥121,000 DSMR-H1
MaxFluor488+594 ¥121,000 DSMR-H2
MaxFluor488+650 ¥121,000 DSMR-H3
MaxDoubleTM R&T Immunofluorescence
Double Staining Detection Kit
120 Slides Rt+Rb Human MaxFluor488+550 ¥121,000 DSRT-H1
MaxFluor488+594 ¥121,000 DSRT-H2
MaxFluor488+650 ¥121,000 DSRT-H3
MaxDoubleTM M&R Immunofluorescence
Double Staining Detection Kit
120 Slides Ms+Rb Mouse MaxFluor488+550 ¥121,000 DSMR-M1
MaxFluor488+594 ¥121,000 DSMR-M2
MaxFluor488+650 ¥121,000 DSMR-M3
MaxDoubleTM R&T Immunofluorescence
Double Staining Detection Kit
120 Slides Rt+Rb Mouse MaxFluor488+550 ¥121,000 DSRT-M1
MaxFluor488+594 ¥121,000 DSRT-M2
MaxFluor488+650 ¥121,000 DSRT-M3
MaxDoubleTM M&R Immunofluorescence
Double Staining Detection Kit
120 Slides Ms+Rb Rat MaxFluor488+550 ¥121,000 DSMR-T1
MaxFluor488+594 ¥121,000 DSMR-T2
MaxFluor488+650 ¥121,000 DSMR-T3


【Image Gallery】
Figure. MaxDoubleTMM&R Immunofluorescence Double Staining Detection Kit(Cat.#DSMR-H1) を使用したヒト大腸がんにおけるmouse anti-P53(MaxFluor550)とrabbit anti-CEA(MaxFluor488)の同時検出
保存用ホルマリン固定包埋組織切片をキシレン中で5分間を2回脱パラフィン化した。段階的にアルコール濃度を変えて(100%、95%、70%)再水和した。MaxBlock(1:50)とラビット抗CEA抗体(1:100)を同時に処理し、60分間室温でインキュベートした。手順に従い、MaxFluorコンジュゲートの二次抗体を加えた。autofluorescence post-detection conditionerで処理した。スライドを蒸留水で洗浄し、DAPI入りのマウント試薬でマウントした。青、緑、赤のチャンネル下でスライドを観察した。
左)緑チャンネル下でラビット抗CEAで染色された管腔膜と細胞質をはっきりと観察できた。
中)赤チャンネル下でマウス抗p-53で染色された核をはっきりと観察できた。
右)マージ写真:緑・ラビット抗CEA、赤・マウス抗p-53、青・DAPI核染色
Figure. MaxDoubleTM M&R Immunofluorescence Double Staining Detection Kit(Cat.#DSMR-H3)を使用したヒト大腸がんにおけるmouse anti-CEA(MaxFluor488)とrabbit anti-CEA(MaxFluor650)共局在の検出
保存用ホルマリン固定パラフィン包埋組織切片をキシレン中で5分間を2回脱パラフィン化した。段階的にアルコール濃度を変えて(100%、95%、70%)再水和した。MaxBlock Autofluorescence Reducing Reagent Aで処理した。15分間、10mM Tris Buffer、1mM EDTA中で熱により抗原賦活化を誘導した。同時にマウス抗CEA(1:200)とラビット抗CEA(1:100)を加えた。室温で60分インキュベートする。手順に従い、MaxFluorコンジュゲートの二次抗体を加えた。autofluorescence post-detection conditionerで処理した。スライドを蒸留水で洗浄し、DAPI入りのマウント試薬でマウントした。青、緑、赤のチャンネル下でスライドを観察した。
左)赤チャンネル下でラビット抗CEAで染色された管腔膜と細胞質をはっきりと観察できた。
中)緑チャンネル下ではマウス抗CEAで染色された局在が赤チャンネルと同じであることを示している。
右)マージ写真:緑・ラビット抗CEA、赤・マウス抗CEA、青・DAPI核染色、緑と赤がマージされたことで黄色になっている。


MaxGlowTM Mounting Medium for Fluorescence


本製品は、組織切片や細胞塗抹標本において、蛍光染色シグナルを保つための水系封入剤です。退色防止剤を含有し、蛍光色素分子の素早い光退色を防止します。MaxFluor色素、DyLight®色素、FITC、Texas Red、AMCA、Cy®色素、Alexa Fluore®色素、蛍光核染色、蛍光タンパク質など、ほとんどの蛍光色素物質を破壊するフェニレンジアミンを含みません。

【特長】
・ほとんどの蛍光物質の光退色を抑制
・蛍光シグナルの長い保存が可能
・~1.4の屈折率で光学的にクリアなイメージを取得可能
・Easy to Use
・核染色のDAPIあるいはPIの有無を選択可能

【ラインナップと価格】
製品名 Size 税別価格 Cat.#
(Datasheet(PDF))
MaxGrowTM Mounting Medium for Fluorescence 15mL ¥35,000 MG-M
100mL ¥91,000 MG-L
MaxGrowTM Mounting Medium for Fluorescence with DAPI 15mL ¥37,000 MGD-M
100mL ¥97,000 MGD-L
MaxGrowTM Mounting Medium for Fluorescence with PI 15mL ¥37,000 MGP-M
100mL ¥97,000 MGP-L


抗体

免疫学、細胞周期、がん研究、アポトーシス、成長因子に関する抗体を、350種類以上ラインナップしています。

【ラインナップ及び価格】
ラインナップ一覧・価格表(Excel)

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.