製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報科学機器>Allevi社製品 3Dバイオプリンター

製品・サービス情報

  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
+ Allevi
3Dバイオプリンター
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ

Allevi社製品
3Dバイオプリンター
アプリケーション / 特長 / 製品ラインナップ / ソフトウェア / バイオプリンタ&ソフトウェア価格 / バイオインクラインナップ・価格


Allevi社は、2014年の設立以来、柔軟かつパワフル、誰にでも使いやすい「3Dバイオプリンター」を開発、製造、販売し、組織工学や再生医療等、様々な分野のトップレベルの研究者から高い支持を得ています。
優れた設計/製造品質を持つAllevi社の「3Dバイオプリンター」は、幅広い範囲のバイオインク、細胞株に対応可能であり、研究者のアイデアを形にすることができる革新的なツールです。

カタログダウンロード


アプリケーション


【研究分野】

組織工学、再生医療、材料科学、細胞生物学等の分野において、多くのトップレベルの研究者が、Allevi社のシステムを活用しています。Allevi社のシステムは、柔らかい脳組織から硬い骨組織まで、幅広い範囲の特性を有する材料のプリンティングを可能とします。また、ネイティブ環境を模倣する様に設計されたバイオインクの使用により、多くの細胞株(動物および植物)に対応します。さらに、Allevi社のシステムはオープンに設計されているため、研究者自身の材料やサードパーティー製のバイオインクを自由に使用できます。

(代表的なアプリケーション)
Tissue fabrication(組織造形)
柔らかい組織から硬い組織まで対応
複数の細胞株を用いた組織造形
特性の異なる複数の材料を用いた組織造形
組織研究全般
バイオマテリアル研究
新規治療法の開発
疾患モデル構築
ソフトロボティクス(ソフトエレクトロニクス、バイオエレクトロニクス)

【産業および製薬分野】


近年、3Dバイオプリンティング技術は、大小様々な製薬企業からも注目を集めており、創薬、薬効評価、製剤等の各プロセスでの活用が期待されています。
Allevi社のシステムは、これらのプロセスにおいて、高い再現性とハイスループットを発揮します。

(代表的なアプリケーション)
Organ-on-chip/Body-on-chip
Micro-physiological system(微小な生理学的細胞培養システム)
ドラッグデリバリー最適化
薬剤および化学物質の毒性スクリーニング試験
個別化医療・創薬
ハイスループット・スクリーニング

【教育分野】

Allevi社のシステムは、その使いやすさと手頃な価格から、バイオエンジニアリングの教育課程に取り入れるのに最適な教材とも言えます。Allevi社は洗練されたソフトウェアと、バイオプリンティングに関する知見をオンラインで提供しており、これから組織工学や再生医療の研究に取り組もうという学生/研究者を支援します。

(代表的なアプリケーション)
Tissue fabrication(組織造形)
Micro-physiological system(微小な生理学的細胞培養システム)
ソフトロボティクス(ソフトエレクトロニクス、バイオエレクトロニクス)
フードプリンティング


特長


幅広い用途に対応
多くの細胞株のプリンティングに対応
プリントヘッド加熱/冷却機構(4℃~160℃)を標準装備 ※Allevi2は加熱のみ(~160℃)
コラーゲンから熱可塑性樹脂まで様々なバイオインクを使用可能
専用ソフトウェアによる詳細なプリントパラメーターの設定
オープンシステム-自家製/他社製材料も使用可能
誰にでも使いやすいシステム
シンプルな装置構成
オートベッドキャリブレーション機能標準装備 ※Allevi2は除く
直観的なソフトウェアインターフェース
コンパクト - 簡易クリーンベンチ等にも容易に設置可能
ノウハウの提供
純正バイオインク使用時の標準プロトコル
チュートリアルメニュー
オンライン情報提供システム「Allevi Protocols
要望に応じて日本語化資料を迅速に提供可能
バイオプリンティングに精通した当社スタッフによる丁寧なサポート
※各プリンターの特長、仕様は下記の「製品ラインナップ」をご参照ください。


製品ラインナップ

Allevi 1
プリント方式: 押し出し式(Micro-extrusion)
プリントヘッド数・容量: 1 x 5mL
プリントヘッド温度範囲: 4℃~160℃
光硬化用LED: UV(365nm)およびBlue-light(405nm)
位置決め精度: 〔XY〕7.5μm 〔Z〕1μm
オートベッドキャリブレーション機能装備
外寸: 305(W)x254(D)x254(H) mm
重量: 7.0 kg
Allevi 2
プリント方式: 押し出し式(Micro-extrusion)
プリントヘッド数・容量: 2 x 10mL
プリントヘッド温度範囲:
 室温~160℃(プリントヘッド1)
 室温~70℃(プリントヘッド2)
光硬化用LED: Blue-light (405nm)
位置決め精度: 〔XY〕5μm 〔Z〕1μm
外寸: 313(W)x308(D)x311(H) mm
重量: 8.6 kg
Allevi 3
プリント方式: 押し出し式(Micro-extrusion)
プリントヘッド数・容量: 3 x 5mL
プリントヘッド温度範囲: 4℃~160℃
光硬化用LED: UV (365nm)
およびBlue-light (405nm)
ステージ加熱機構:~60℃
位置決め精度: 〔XY〕1μm 〔Z〕1μm
オートベッドキャリブレーション機能装備
外寸: 467(W)x360(D)x388(H) mm
重量: 21.8 kg
※各製品の詳細については、弊社までお問合せください。


ソフトウェア


Allevi社の統合ソフトウェアソリューションであるAllevi Bioprint Onlineは、初心者から熟練した3Dバイオプリンティングエンジニアまで、どの様なユーザーに対しても、迅速かつ簡単なプリンティングを実現します。
Allevi Bioprint Onlineは、クラウドで実行されるため、ユーザーのコンピューター環境に関わらず利用可能です。設定可能なパラメーターはバイオプリンティングに重要なもののみに絞られており、ユーザーを混乱させることはありません。
バイオプリンティングに必須の機能を備えたAllevi Bioprint Essentialは、すべてのAllevi社製バイオプリンターに標準で付属します。多くの追加機能を備えるAllevi Bioprint Proは、1年または5年の年間ライセンスをご購入頂くことにより利用可能です。
【機能比較】
Allevi Bioprint Essential Allevi Bioprint Pro
クラウドシステム
インターネット接続環境があればどこからでもアクセスできます。
ブラウザからのアクセス
ブラウザを通じてアクセスするため、OSに依存せず、インストールも不要です。
統合スライサー
STLファイルをスライスし、G-codeに変換できます。
プロジェクト管理
プリントファイル、スライス条件、プリンター設定等を保存し、ワンクリックで再プリントできます。
-
プリントマテリアルごとに最適化されたプリセット
主なバイオインクに最適化されたプリント設定を利用できます。
-
3Dプリントレビュー・STL/g-codeビジュアライゼーション
実際にプリントされる内容を、3D表示で事前確認できます。
-
統合シェイプエディター(簡易CAD)
ボックス、プレート、サークル、チューブ、ドットなどのシンプルな形状のモデリングができます。
-
対応ファイルフォーマット STL、g-code STL、g-code


バイオプリンタ&ソフトウェア価格


製品名 価格 カタログ#
Allevi 1 bioprinter お問合せ F-AV-1
Allevi 2 bioprinter お問合せ F-AV-2
Allevi 3 bioprinter お問合せ F-AV-3
Allevi Bioprint Essential プリンターに付属 -
Allevi Bioprint Pro(1年間) お問合せ F-AV-PROSW 
Allevi Bioprint Pro(5年間) お問合せ F-AV-PROSW5 
※消耗品、バイオインクについては、弊社までお問合せください。


バイオインクラインナップ・価格


◆Allevi社バイオインク

バイオインクとは、細胞外マトリックス(ECM)を模倣し、生細胞の接着、増殖、分化をサポートするネイティブな、または合成された生体材料です。これらの材料は、細胞が生存し、成長し、機能的な三次元組織を形成するために必要不可欠です。
バイオプリンティングにおいて最良の結果を得るには、ネイティブなECMコンポーネントを含む材料で細胞をカプセル化する必要があります。Allevi社のバイオインクは、主にヒトまたは動物由来であり、組織の生存率と機能に悪影響を与える恐れのある増粘剤は含まれていません。また、Allevi社の3Dバイオプリンターは幅広い範囲のバイオインクを使用できる様設計されていますので、ユーザーは組織工学で使用される最も関連性の高い材料に最適な条件を簡単に設定できます。

Allevi社のバイオインクは、Allevi社自身だけでなく、アカデミア、および組織工学業界で幅広くテストされており、ユーザーの実験、研究において良好な結果を得られることが期待できます。


◆製品ラインナップ・価格


製品名・概要 容量 価格(税別) カタログ#
バイオインク
Sodium Alginate 50g ¥15,000 F-AV-ALG-50G
アルギン酸ナトリウムは、アルギン酸のカルボキシル基がナトリウムイオンと結合している中性塩です。アルギン酸は水に不溶ですが、アルギン酸ナトリウムは冷水と温水の両方に溶けて滑らかな粘性溶液を生成します。カルシウムイオンがアルギン酸ナトリウム溶液に添加されると、アルギン酸と即座に反応してゲル化します。
Collagen Lifeink 200 5mL お問合せ F-AV-COL-5ML
コラーゲンベースのLifeink 200は、高いプリンタビリティを有するシアシニングゲルであり、その優れた細胞適合性、生体模倣性により細胞のリモデリングを可能にします。3Dゲルにより、密度や剛性などのECMの機械的特性が、細胞の発達、遊走、形態に及ぼす影響を研究することができます。2Dの系とは異なり、3D環境では細胞の伸展がすべての細胞表面のインテグリンに同時に作用し、その結果特定のシグナル伝達経路が活性化されます。3D環境と2D環境とでは、ゲルの剛性が細胞の移動に与える影響が異なります。Life 200は、FRESH法を用いて4℃条件下でのプリンティングが推奨されます。
Collagen(Acidfied) Lifeink 240 5mL お問合せ F-AV-COL-AC-5ML
Lifeink 240は、押出ベースの3Dバイオプリンティング用の35mg/mLの濃度の酸性タイプ I コラーゲンバイオインクです。製品は、FRESH法を使用して押し出し印刷することを目的とした、高濃度の酸性化コラーゲン溶液です。Lifeink 240は、高い印刷解像度と優れた機械的強度を備えた印刷構造を生成します。製品は酸性の生理食塩水緩衝液に配合されています。コラーゲンがLifeSupportに印刷されると、印刷された構造のpHと塩濃度が生理学的になります。次に細胞を印刷構造に播種し、3Dバイオプリント構造の細胞接着と細胞リモデリングを可能にします。
PhotoCol Methacrylated Collagen 100mg お問合せ F-AV-PHOTOCOL-100MG
PhotoColは、精製されたメタクリル化 I 型ウシコラーゲンキットです。PhotoColは、様々な濃度で調整し、架橋して様々なゲル剛性を提供するという独自の特性を備えたネイティブな3Dコラーゲンゲルです。メタクリル化 I 型コラーゲンは、遊離ペプチド、主にリジン残基のεアミン基およびN末端のaアミン基を反応させることにより、コラーゲンが修飾されたテロペプチド無傷のウシコラーゲンから生成されます。コラーゲン分子の総リジン残基の20%以上がメタクリル化されています。コラーゲンは牛の皮から抽出され、高いモノマー含有量が含まれています。
PureCol Type I Bovine Collagen, 3mg/mL 100mL お問合せ F-AV-PURECOL-100ML
PureColコラーゲンは、純度(>99.9%のコラーゲン含有量)、機能性、利用可能な最もネイティブなコラーゲンのすべてのコラーゲンの標準として知られています。PureColは、米国で唯一管理されている閉鎖群から供給される牛の皮から分離されています。PureColコラーゲンは約97% I 型アテロコラーゲンであり、残りは III 型コラーゲンで構成されています。PureColは、0.01N HClに可溶なアテロコラーゲンであるため、pHは2です。この製品は表面のコーティングに最適で、細胞培養や3Dゲルとして使用するための薄層の調整に最適です。様々な細胞をカプセル化し、異なる組織をバイオプリントするために使用できます。
Gelatin Methacrylate, Lyophilized 1g お問合せ F-AV-GMA-1G
ゼラチンメタクリロイル(GelMA)は、LAP(フェニル-2,4,6-トリメチルベンゾイルホスフィン酸リチウム)などの光重合開始剤と組合せて架橋する様、ゼラチンにメタクリロイル基を導入した生体由来のポリマーです。本製品は細胞と混合してプリントすることで、プリント中の光照射により共有結合で架橋するマトリックスとして機能します。
Gelatin Methacrylate Solution (20% w/v), Sterile 1.5mL お問合せ F-AV-STER-GMA-1.5ML
ゼラチンメタクリロイル(GelMA)はその機械的特性とプリンタビリティから、バイオプリンティングにおいてよく使用されている材料ですが、ラボでのゼラチンのメタクリロイル化や、凍結乾燥状態のGelMAを濃度調整、滅菌濾過等の手順によりバイオインクとして調整することは、煩雑で非効率的です。本製品は、3Dバイオプリンティングに最適とされる濃度である20%w/vに調整され、5mLシリンジにあらかじめ充填されています。プリント直前に、LAP等の光重合開始剤、細胞懸濁液と混合して使用します。
Gelatin 100g お問合せ F-AV-GEL-100G
ゼラチンは、37℃に加熱することによりウォッシュアウトすることができる犠牲材料として使用できます。
PhotoHA Methacrylated Hyaluronic Acid 100mg お問合せ F-AV-PHOTOHA-100MG
PhotoHAは、凍結乾燥されたメタクリル化ヒアルロン酸(HAMA)であり、様々な濃度で調整され、幅広い範囲のゲル剛性を提供できる様架橋できる特性を有するネイティブ環境に類似の3Dヒアルロン酸ゲルです。
ヒアルロン酸は体内で最も豊富なグリコサミノグリカンであり、いくつかの組織の重要な成分です。ヒアルロン酸はECMに豊富に含まれていますが、組織の流体力学、細胞の移動と増殖に寄与し、細胞表面受容体の相互作用にも関与しています。ほとんどの場合、重要な細胞結合部位を提供できる様、追加のECMタンパク質をヒアルロン酸ゲルに添加することが推奨されます。
Silk, Fibroin 20mL お問合せ F-AV-SILKF-20ML
シルクフィブロインは、約100kDaの分子量を持つ50mg/mL(5%w/v)の可溶化タンパク質です。絹の溶液は、飼いならされたカイコに由来する100%フィブロインタンパク質でできています。フィブロインタンパク質は、カイコの繊維の主要な構造成分です。フィブロインは、体内に埋め込まれた場合の生体適合性が高く、免疫応答がないため、医学的に関連する用途での使用に大きな可能性を提供します。絹繊維はフィブロイン水溶液に可溶化され、培養液の添加物として、または組織工学関連の研究用の3D足場の製造に使用できます。
従来の組織工学的アプローチと同様に、シルク足場には通常、ほとんどの細胞がフィブロインタンパク質に付着するため、特定の細胞タイプを in vitro で播種し、その後組織アーキテクチャを模倣するために時間をかけて培養します。シルクフィブロインタンパク質は、多くの天然に存在するタンパク質分解酵素によって分解される可能性があり、したがって他の合成材料とは異なり、生物学的に活性な足場であることが示されています。その結果、絹の足場材料は分解され、体内の同様の生理学的経路を介して改造されます。シルクフィブロインタンパク質は、特定の濃度のアラニンとグリシンが存在する非必須アミノ酸と必須アミノ酸の両方で構成され、これらのアミノ酸は組織再生のために周囲の細胞に再吸収されます。
3D Graphene 3mL ¥52,000 F-AV-GRAPH-3ML
3Dグラフェン(3DG)は、生体適合性のある導電性材料で、心臓、骨格筋、神経などの電気刺激組織や生体適合性回路の印刷に使用されます。3DGは室温で印刷でき、印刷後に細胞を播種できます。
Hyperelastic Bone 3mL ¥52,000 F-AV-HB-3ML
Dimension Inx社が開発した Hyperelastic Bone は骨や歯に含まれるのと同じミネラルであるヒドロキシアパタイトを90%以上含みます。室温でプリント可能な速乾性のインクで、プリント後に細胞を播種します。Hyperelastic Bone は、PCL等の既存の硬組織用バイオマテリアルと比較し、10倍近い速度(20mm/sec)でプリントできるため、ハイスループット実験にも最適です。
PLGA 1g ¥43,000 F-AV-PLGA-1G
Poly(D, L-lactide-co-glycolide)(PLGA)は、生体適合性のある熱可塑性プラスティックで、ゼラチンメタクリレートなどのマトリックスバイオインクと組み合わせることで、構造的および機械的サポートを提供します。
Polycaprolactone 50g ¥15,000 F-AV-PCL-50G
ポリカプロラクトン(PCL)は、バイオプリンティングを含む様々な医療用途で使用される生分解性熱可塑性プラスチックです。最終的な3D構造の機械的特性の制御を強化するポリマーです。PCLは、単独で使用することも、ゼラチンメタクリレートなどのマトリックスバイオインクとともに印刷することもできます。PCLは、骨や軟骨などの硬組織バイオプリンティングによく使用されます。
Carbohydrate Glass 3mL(1mLキューブx3個) ¥24,000 F-AV-CGLASS-3ML
炭水化物ガラスは、細胞を含むハイドロゲルによるLab-on-a-chipデバイスや血管ネットワークモデルの構築に特に適した犠牲材料です。
PDMS 1キット ¥24,000 F-AV-PDMS-1KT
PDMS(ポリジメチルシロキサン)は、柔軟性があり、高精細で、透明な成形およびカプセル化材料です。白金触媒混合物の適度な粘度と室温での長い貯蔵寿命により、マイクロフルイディクスやプロトタイピングを含む幅広いアプリケーションに非常に用途が広がります。A液:30mL, B液:3mL
Pluronic 100mL ¥24,000 F-AV-PLU-5X3ML
本製品はあらかじめ5mLシリンジに充填されており、すぐにプリントを開始することができます。
Silicone 1キット ¥10,000 F-AV-SIL-50G
シリコンは、マイクロフルイディクスチップ用ガスケットから、耐久性が求められる組織モデルまで、様々なアプリケーションに使用できます。室温で印刷可能で、硬化後の硬度(デュロメーター硬さ, A型)は最大で50に達します。A液:50mL, B液:5mL
添加剤   
Allevi Liver dECM 2mL(シリンジ) お問合せ F-AV-LIV-DECM-2ML
肝組織の機能は、細胞とその微小環境との相互作用(すなわち、組織固有の細胞外マトリックスに存在する生化学的および機械的シグナルの解釈)によって決定されます。したがって、ミクロ的マクロ的形状およびECMに存在するタンパク質組成の模倣はネイティブな組織の機能を正常に再現するための重要な要素と言えます。Allevi Liver dECMの使用により、より典型的な生理学的機能を有する肝組織を作成できます。ネイティブな組織の特性を最大限に再現する組織構造の作成を可能とするAllevi Liver dECMは、疾病への理解を深め、より効果的な薬物や治療法の開発のためのin vivoにおける細胞生理活性の研究に最適です。
Calcium Chloride 50g ¥10,000 F-AV-CACL-50G
塩化カルシウム(CaCl2)は、脱イオン水に溶解し、アルギン酸ナトリウムなどのイオン架橋性材料を架橋させる目的で使用します。
Bovine Collagen Solution, Type II, 0.5mg/mL 1mL お問合せ F-AV-BOVCOL2-1ML
ウシコラーゲンタイプ II は、特に哺乳類の肉と結合組織に見られるタンパク質ファミリーの1つです(体の総タンパク質の約3分の1)。24種類以上のコラーゲンが報告されています。タイプ II は、主にヒアリン軟骨に見られ(ヒアリンのタンパク質の50%はタイプ II コラーゲンです)、眼の硝子体液にも見られます。タイプ II コラーゲンは、様々な細胞タイプの培養に使用できます。タイプ II コラーゲンは、通常、細胞培養研究のコーティング材料、3Dコラーゲンゲルの形成、または抗体産生の抗原として使用されます。機能性を高めるために、様々なバイオインクの添加剤として使用できます。
Bovine Collagen Solution, Type V, 0.2mg/mL 2mL お問合せ F-AV-BOVCOL2-1ML
タイプVコラーゲンは結合組織に構造と強度を提供し、体内の多くの場所、特に皮膚、肺、腸壁、血管壁に見られます。このタイプVコラーゲン製品は、ウシ胎盤から分離され、最終純度が95%を超える多段階プロセスを使用して精製されます。V型コラーゲンは、α1(V)2α2(V)ヘテロ三量体で構成される三重らせんを形成します。この製品は、一般的に、細胞の付着、接着、増殖を促進する基質足場として in vitro で使用されます。V型コラーゲンは、機能性を高めるためのバイオインク添加剤と同様に様々な細胞型の培養に使用できます。
Human Collagen Solution, Type III, 1mg/mL 10mL お問合せ F-AV-HUMCOL3-10ML
このタイプ III コラーゲン製品は、ヒト胎盤から分離され、約85%のタイプ III コラーゲンを含む多段階プロセスを使用して精製され、残りはタイプ I コラーゲンで構成されています。タイプ III コラーゲンは、結合組織に構造と強度を提供し、体内の多くの場所、特に皮膚、肺、腸壁、血管壁に見られます。コラーゲン III は、最初はプロコラーゲンとして生産されます。これは、3本鎖のロープ状分子を形成する3つの pro-alpha1(III)鎖からなるタンパク質です。合成後、プロコラーゲン分子は細胞によって修飾されます。酵素は鎖が安定した分子を形成し、後で細胞外の他の分子と架橋するために必要な化学基を追加することにより、タンパク質鎖のアミノ酸リジンとプロリンを修飾します。タイプ III プロコラーゲン分子は細胞から放出され、分子の両端から小さなセグメントを切り取って成熟コラーゲンを形成する酵素によって処理されます。成熟したコラーゲン分子は原線維に集合します。分子間の架橋により、非常に安定した原線維が生成され、コラーゲンの組織強化機能に寄与します。この製品は、一般的に、細胞の付着、接着、増殖を促進する基質足場として in vitro で使用されます。タイプ III コラーゲンは、機能性を高めるためのバイオインク添加剤と同様に、様々な細胞タイプの培養に使用できます。
Human Collagen, Type IV, lyophilized 5mg お問合せ F-AV-HUMCOL4-5MG
IV型コラーゲンは、様々な上皮細胞と内皮細胞を分離する細胞外基底膜に見られる主要なコラーゲンです。真皮表皮接合部の主要成分であり、ほとんどがラミナデンザにあります。これは、2つのAlpha1様鎖と1つのAlpha2様鎖を含むヘテロ三量体分子です。このIV型コラーゲンは、ヒト胎盤から分離され、多段階プロセスを使用して精製されます。製品は、バイアルあたり5mgのタイプIVコラーゲンを含む非滅菌粉末として供給されます。タイプIVコラーゲンは、通常、組織培養表面の薄いコーティングとして使用されます。具体的な手順は、使用説明書に記載されています。この製品は、一般的に、細胞の付着、接着、増殖を促進する基質足場として in vitro で使用されます。タイプIVコラーゲンは、上皮、内皮、筋肉、神経および他の多くの細胞タイプの培養に使用できます。さらに、この製品はコラゲナーゼアッセイおよびポジティブコントロールの基質としての使用に適しています。
Fibronectin solution, Human, 5mg/mL 2mL お問合せ F-AV-FIBR-2ML
フィブロネクチンは、広く使用されている広範囲の天然細胞接着因子です。この製品は二量体として見出されるヒト血漿から精製されており、440-500kDa のサイズで、2つのジスルフィド結合で結合された2つの類似のサブユニット(220-250kDa)を持っています。フィブロネクチンの主な機能は、細胞接着と細胞外マトリックスへの付着に関連しています。フィブロネクチンの特定のドメインは、コラーゲン、ヘパリン、その他の細胞表面グリコサミノグリカン(GAG)との相互作用を含む重要な役割を果たすことがわかっています。フィブロネクチンは表面のコーティングに理想的であり、通常1-5 ug/cm2 の濃度で使用されます。本製品は滅菌ろ過されており、解凍および濃度調整後、すぐに使用できる溶液として供給されます。
Hydroxyapatite 10g ¥24,000 F-AV-HYDROXY-10G
ハイドロキシアパタイトは、骨に化学的および構造的に似ている重要な無機リン酸塩です。この材料粉末は、硬組織工学用の様々なバイオインクに組み込むことができます。
LAP Photoinitiator 1g ¥26,000 F-AV-LAP-1G
本製品は、Allevi社のバイオプリンターに装備されている光硬化モジュールにより、GelMA等の光硬化性ハイドロゲル/バイオインクを架橋する様に設計されています。LAP(フェニル-2,4,6-トリメチルベンゾイルホスフィン酸リチウム)をメタクリル化されたECM(GelMA, PhotoHA, PhotoCol 等)に混合し、波長405nmの可視光(あるいは波長365nmのUV光)を照射することにより、ゲルが架橋されます。
Peptite-2000, RGD Peptide 5mg ¥58,000 F-AV-RGD-5MG
PEPTITE-2000は、フィブロネクチン、ビトロネクトン、その他多くのマトリックスおよび血清タンパク質に見られるRGD細胞付着配列を含む合成ペプチドです。
Ruthenium Kit 1キット ¥20,000 F-AV-RUT-200MG
ルテニウムは水溶性の光開始剤で、可視光(400-450nm)を利用して、避難のチロシンとアクリル基を共通結合で架橋します。ルテニウムは、I 型コラーゲン、ゼラチン、絹フィブロイン、メタクリル化ヒアルロン酸、メタクリル化ゼラチン、I 型メタクリル化コラーゲンおよびPEGDAでテストされています。A液:200mg, B液:1g
Tropoelastin 1mg お問合せ F-AV-TROP-1MG
トロポエラスチンはエラスチン分子の前駆体です。エラスチンは、皮膚、動脈壁、靭帯など、体の多くの組織に含まれています。エラスチンは、組織と臓器に強度と弾力性を与えます。トラポエラスチンは、細胞による合成の直後に、細胞外マトリックスへの輸出中に架橋されるため、通常、天然の状態では利用できません。このトロポエラスチンは、組換え生産法を使用して生産されます。トロポエラスチンは通常、組織培養表面の薄いコーティングとして使用されます。この製品は、一般的に、細胞の付着、接着、増殖を促進する基質足場として in vitro で使用されます。また、バイオインクのECM添加剤としても使用できます。
Vitronectin 0.2mg お問合せ F-AV-VIT-0.2MG
ビトロネクチンは、多数の細胞株および細胞型で細胞の付着、移動、増殖および分化を促進するために使用される単量体の糖タンパク質です。この製品は、75kDaと65kDaのポリペプチドの混合物として検出されるヒト血漿から精製されています。細胞培養におけるビトロネクチンの主な用途は、細胞接着に関連しています。また、ヘパリンとコラーゲンにも結合します。ビトロネクチンは、表面のコーティングに最適です。細胞の付着と培養の最適な濃度は、細胞の種類によって異なります。
その他
LifeSupport for FRESH 2g x 5本 お問合せ F-AV-LIFES-5X2G
本製品は、FRESH法(Freeform Reversible Embedding of Suspended Hydrogels)による3Dバイオプリンティングのコアコンポーネントです。キットには、2gの滅菌済み乾燥粉末(一定の形状・サイズのゼラチン微粒子で構成)が5本含まれます。2gの粉末から、約20mLのLifeSupport懸濁液を調整できます。FRESH法は、プリント中に構造が崩れたり変形したりしない様に調整されたLifeSupportの様なサポート材料で満たされたバス内に、バイオインクを押し出すことによりプリントする手法です。サポートバスにイオン、酵素、pHバッファーなどを添加することで、バイオインクを架橋、ゲル化することができます。LifeSupportを用いたFRESH 3D プリンティングにより、従来型の犠牲材料(Pluronic F-127、PCL、ゼラチン等)や、インクの機械的安定性を高めるための調整剤(GelMA、セルロース、アルギン酸塩等)なしでに複雑な形状をプリントすることができます。適合するバイオインクには、コラーゲン、アルギン酸塩、フィブリン、脱細胞化ECM、GelMA、HAMAなどがあります。
Sandpaper Printing Surface 25枚 ¥25,000 F-AV-SAND-DISH-25
ペトリディッシュに接着するための直径3インチ(7.62cm)のサンドペーパーインサート。ポリスチレンを含むプラスチックと容易に融合してしまうPCL等のプリンティング時に使用します。
Silicone Printing Surface 25枚 ¥30,000 F-AV-SIL-DISH-25
直径3インチ(7.62cm)のシリコンインサート。炭水化物硝子や熱可塑性樹脂などの材料のプリンティング時に使用します。
Silicone Mold 10個 ¥25,000 F-AV-SIL-MOLD-10
マイクロ流体チップおよびOrgan-on-chipデバイスの作成に使用できる柔軟なシリコン型です。硬化後のPDMSから簡単に外すことができます。直径約2.5インチ(6.35cm)、深さ約1インチ(2.54cm)
Vascularization Chip 1キット ¥54,000 F-AV-V-CHIP-1
3キット ¥135,000 F-AV-V-CHIP-3
本製品は、マイクロ流体ポンプに接続できる血管新生軟組織モデルの作成を可能にします。この製品は、カスタムの血管ネットワークを印刷および灌流できるルアーロックニードルの入口と出口を備えたチャンバーで構成されています。これらの血管ネットワークは、コラーゲン、GelMA、ヒアルロン酸などの様々なECM材料で成形できます。このキットは再利用可能で、オートクレーブできます。

◆組織別使用例

組織名 バイオインク 添加剤
肝臓/Liver Lifeink200 / PhotoHA / PhotoCol / PureCol / GelMA / Sterile GelMa Allevi Liver dECM / LAP / Ruthenium
心臓/Heart Lifeink200 / Lifeink240 / PhotoHA / PhotoCol / PureCol / GelMA / Sterile GelMa / Alginate Tropoelastin / Fibronectin / RGD peptide / LAP / Ruthenium
骨/Bone Hyperelastic Bone / PCL / PLGA / Alginate Fibronectin / Vitronectin / RGD / Hydroxyapatite
軟骨/Cartilage Lifeink240 / PhotoHA / PhotoCol / GelMA / Sterile GelMa / PCL / PLGA / Alginate Bovine Collagen TypeII / RGD peptide / LAP / Ruthenium
腎臓/Kidney Lifeink200 / PhotoHA / PhotoCol / PureCol / GelMA / Sterile GelMA / Alginate Bovine Collagen TypeII / RGD peptide / LAP / Ruthenium
神経系/Nervous System Lifeink200 / PhotoHA / PhotoCol / GelMA / Sterile GelMA / Alginate Tropoelastin / RGD peptide / LAP / Ruthenium
皮膚/Skin Life200 / PhotoHA / PhotoCol / PureCol / GelMA / Sterile GelMA Bovine Collagen TypeII / Human Collagen TypeIII / Human Collagen TypeIV / Bovine Collagen TypeV / Tropoelastin / Fibronectin / LAP / Ruthenium
血管/Vascularization Lifeink200 / PhotoHA / PhotoCol / PureCol / GelMA / Sterile GelMa /Pluronic / Carbohydrate Glass / Gelatin /Alginate Human Collagen TypeIII / Bovine Collagen Type V / Tropoelastin / Fibronectin / Vitronectin / LAP / Ruthenium
肺/Lung Lifeink200 / PhotoHA / PhotoCol / PureCol / GelMA / Sterile GelMa Human Collagen TypeIII / Bovine Collagen Type V / Tropoelastin / LAP / Ruthenium
脳/Brain PhotoHA / PhotoCol / PureCol / Silk Fibroin / Alginate RGD peptide / LAP / Ruthenium
本表は、組織毎に、使用実績がある、または理論上適合する可能性が高いバイオインク、添加剤を参考として記載したものです。各組織モデルのプリンティングおよび3D培養等の実験において確実に使用(プリント、細胞生存、組織形成等)できることを補償するものではありません。本表に基づいて選定、購入されたバイオインク、添加剤等の使用結果について、フィルジェンおよびAlleviは何ら責任を負いません。

お問い合わせ 科学機器部: si-support@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2020 Filgen, Inc. All Rights Reserved.