製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録    
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報バイオインフォマティクス・ソフトウェア>Pathomation社製 PMA.core

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
+ Pathomation


Pathomation社製品 デジタルパソロジーおよび顕微鏡検査イメージ管理ソリューション
PMA.core
 
デジタルパソロジーのコンテンツを簡単に管理

PMA.coreは、病理学スライドや仮想顕微鏡データの管理とビジュアライゼーションのためのソフトウェアです。
ベンダーにとらわれず、バーチャルスライド、ユーザー管理、データキャプチャ、監査追跡を処理します。
さらに多彩なプラグインと組み合わせることで、スライドにアノテーションを追加することも可能です。


主要な特長

 
【50を超えるスライド画像形式をサポート】

PMA.core を使用すると、明視野画像、蛍光画像、z-stacks、時系列イメージを含むイメージングリポジトリを単一のインターフェイスから構築することができます。さらにあらゆるベンダーの独自のスライドイメージフォーマットを読み込むことができます。
オリンパス社、浜松ホトニクス社、Nikon社、Leica社、Carl Zeiss社、パーキンエルマー社など、様々な機器メーカーのデータを一括で管理できます。

サポートされているスライド全体の画像形式とイメージングモダリティ


【どこからでもスライドにアクセス】

スライドは、どこに保存されていても、複雑な転送またはインポート手順なしで利用できます。インテリジェントなキャッシングにより、ネットワークコストが最小限に抑えられ、パフォーマンスが向上します。
別途有償でメーカー所持のクラウドを利用することも可能です。

次のストレージモダリティがサポートされています。
・ローカルハードディスク
・ネットワーク共有(SMB)
・Amazon S3 & proprietary S3 compatible
・Microsoft Azure storage



【アクセス制御と監査証跡】

PMA.core は、21CFRパート11に準拠しています。さらに、コンテンツとデータを選択するためのアクセスは、アクセス制御リスト(ACL)を介して構成されます。監視用の様々なインターフェースも提供されています。


【外部ソフトウェアとの連携】

ImageJ および FIJI 用のプラグインを提供しており、コンピューターからスライド全体の画像を ImageJ に読み込むことができます。さらに、Visiopharm や HALO などのサードパーティー由来のアノテーションをインポート、管理、およびエクスポートできます。
HistoQu に接続可能なプラグインも提供しており、TIFFなどの中間ファイル形式に変換なしにシームレスに直接 QuPath に取り込むこともできます。



機能拡張用プラグイン製品


本体である PMA.core は、イメージ・マネージメント・システムとして動作します。スライドの視覚化や共有についてはプラグイン製品が必要です。

【PMA.studio】

PMA.core がデータ管理の心臓部であるとすると、
PMA.studio はデジタルパソロジー用コックピットとして多彩な操作が可能になります。(有償プラグイン)
スライドの視覚化には、PMA.studio が必要です。


◆アノテーション

PMA.studio には、特定のスライドのアノテーションを確認、管理するためのアノテーションパネルが付属しています。また、作成したアノテーションは様々なフォーマットでエクスポートすることができます。



◆データ管理


デジタルパソロジーは、スライド全体の画像だけではありません。多くの場合、外部のデータストアに補足的なデータが保存されています。この様なデータストアを画像データそのものに加えて参照することができます。


【PMA.vue】

Pathomation の PMA.vue は、個人または組織の全スライド画像コレクションを閲覧することができるビューイングソリューションです。以下の機能は、PMA.studio でも利用可能です。
PMA.vue は、PMA.core の上で実行される有償プラグインです。スライドの視覚化には、PMA.vue が必要です。

◆直感的なユーザーインターフェース

PMA.vue は、Webアプリケーションですが、見た目はデスクトップアプリケーションの様で快適な操作性を備えています。
グリッドインターフェースで複数のスライドを同時に視覚化することや明視野、蛍光、および z-stacks スライドを1つのインターフェイスに結合することも可能です。


◆スライド共有

デジタルパソロジーやバーチャル顕微鏡では、コンテンツを縮小することが大きな役割を果たします。PMA.vue は、関心領域(ROI)、スライド全体、グリッドをワンクリックで共有できます。
さらに、数回のクリックで、リンクの有効期限、パスワード保護、QRコード生成などの高度な機能利用できます。


※PMA.studio と PMA.vue の違い

PMA.vue は、PMA,studio の機能縮小版です。
PMA.studio は、PMA.vue のすべての機能を含みアノテーションの追加や PMA.core の複数のインスタンスに同時に接続できます。
(PMA.vue 限定の機能はありません。)
PMA.studio 独自の機能については、PMA.studio の紹介項目も合わせてご参照ください。



【PMA.slidebox】

スライド画像全体をWebサイトで表示するためのソリューションです。バーチャルスライドをホストし、多数の聴衆と共有する際に役立ちます。(有償プラグイン)
スライドコレクションの大量配布の問題を解決します。
視聴者側で、登録やログイン、または何かをインストールまたはダウンロードする必要はありません(ゼロフィットプリント)。
管理インターフェイスの直感的なドロップダウンボックスを使用して、スライドやコレクションを切り替えることができます。
ホスト側でサイトの使用状況をモニタリングすることができます。
PMA.slidebox でサポートされるインターフェイス
PMA.slidebox が使用された実例(YouTube)

【PMA.transfer】

転送の失敗、タイムアウト、整合性チェックなどの問題を解決できる無償プラグインです。
ファイルではなく、スライドで作業する
市場には多くのスライドスキャナーや顕微鏡があり、それぞれが独自のファイル形式を持っています。1枚のスライドが1つのファイルで表現されることもあれば、多数のファイルで表現されることもあります。
PMA.transfer を使えば、この様な複雑な問題に悩まされることなく、必要なのはどのスライドをどこに転送するかを指示することだけです。
確実なスライド転送
スライド転送は、そのファイル容量の大きさ故に失敗する可能性があります。これを防ぐために、PMA.transfer は、転送前と転送後にスライドの整合性チェックを行います。
便利なサイトマネージャー
サイトマネージャーが組み込まれており、単一のユーザーインターフェイスでこれらすべてを管理することができます。視覚的に認識できる様に色分けすることや設定を組織内の他のユーザーと共有することも可能です。


分野別使用例


【教育と研究】

顕微鏡、組織学、病理学は、歴史的にオンサイトのラボセッションで教えられてきました。これらのイベントは、時間、場所、容量に制約があります。スライドコレクションの仮想化により、より多くの学生に接触し、より多くの場所で、時間の制約を受けずにコンテンツを提供することができます。また、物理的な要件(教室の割り当て、顕微鏡の購入やメンテナンス)も大幅に削減でき、結果として大幅なコスト削減が可能になります。


◆PMA.core
Pathomation のすべてのエンドユーザー製品は、スライドホスティング用に PMA.core の上に構築されており、PMA.core が必要です。ルートディレクトリにスライドを整理し、チーム内の異なる人に異なるアクセス権を割り当てることができます。
◆PMA.slidebox
講師は、ケースを作成し、コレクションにグループ化し、同時に無制限のユーザーにスライドコレクションを共有できます。エンドユーザーとコンテンツプロバイダーの両方にとって直感的なユーザーインターフェースにより、オンライン化する方法ではなく、何をオンライン化するかに集中することができます。
◆PMA.studio
研究プロジェクトが大規模になり、より多くの人(異なるスキルセットを持つ人)が関わる様になると、スライドに関連するデータへのアクセスをよりコントロールしたいと思う様になります。PMA.studio を使用すると、すべてのスライドを1つのスライド操作環境にまとめることができます。PMA.studio では、下流のAI/ML/DL画像解析のためのアノテーションを作成したり、外部データソースからメタデータを統合したりすることができます。PMA.studio の共有・会議機能により、同僚と研究結果を議論することができます。

【製薬およびCRO】

前臨床試験は、よく非ヒト材料を用いて行われますが、PMA.studio は、選択したマテリアルを人為的にケースに組み合わせたり、模擬患者データを作成したりする必要がなく、柔軟なスライド評価を可能にする完璧なソリューションです。
PMA.studio (およびその下で動作する PMA.core)を使用すれば、あらかじめ考案された条件やデータモデルに振り回されることなく、独自の機関リポジトリとスライド整理に集中することができます。

◆PMA.core
Pathomation のすべてのエンドユーザー製品は、スライドホスティング用に PMA.core の上に構築されており、PMA.core が必要です。
◆PMA.studio
臨床試験では、投与前後の観察や患者の層別化がより重要になります。PMA.studio は、アノテーション機能、コンファレンス、外部サードパーティーデータの容易な統合を備え、最適な環境を構築できます。
◆PMA.slidebox
時には、手間のかからないオンライン・スライド・コレクションが必要な場合もあります。PMA.slidebox は、製薬会社向けにもカスタマイズされ、敷居の高くない、Webベースのゼロフィットプリントソリューションを提供します。
ハードディスク上のフォルダを直接整理し、最大4つのフォルダを同時にポイントしてコレクションを定義し、エンドユーザーにURLを送信します。

【Help me choose】

1人の研究者が複数のスキャナーを持ち、様々なファイル形式とやり取りする可能性があります。多様なコンテンツをすべて管理するには、単一の環境が必要です。
→PMA.core

画像(分析)研究で、PMA.studio や PMA.vue の様な高性能のフロントエンド環境を必要とせずに、画像分析とアルゴリズムの自動化のために PMA.core+ImageJを実行したい。
→PMA.core

一連のスライド画像全体に順次適用される一連のアルゴリズムを備えた Apache Taverna または Galaxy パイプラインを使用する。視覚化は必要なく、レポート目的でスナップショットまたは選択した ROI を API 経由で生成して含めたい。
→PMA.core

スライドを従来のディスクストレージから、オブジェクトベースのS3バケットストレージに移動したい。
→PMA.core、PMA.studio or PMA.vue

明視野、蛍光、および z-stacks スライドをナビゲートするための単一の環境を探しています。
→PMA.core、PMA.studio or PMA.vue

複数のスライドを同時に表示し、同期して閲覧したい。
→PMA.core、PMA.studio or PMA.vue

スライドにアノテーションを付けたい。
→PMA.core、PMA.studio

生徒とスライドを共有したい、個人を追跡することに興味がない、教材の設定方法を学ぶ時間がない。
→PMA.core、PMA.slidebox、(PMA.studio)


デモ版ダウンロード


弊社(biosupport@filgen.jp)までお問合せください。


システム要件


ホスト側、クライアント側でシステム要件が異なります。
詳細な情報は以下のメーカーサイトをご確認ください。
https://docs.pathomation.com/pma.core/3.0.1/doku.php?id=system_requirements

ローカルPCは一般的に24時間365日オンラインにするのに適しておらず、スケーラビリティやデータベースの提供に制約がある可能性がございます。


価格

商品名 ライセンスタイプ 税別価格 カタログ#
PMA.core 年間ライセンス お問合せ F-PM-CO

プラグイン
商品名 ライセンスタイプ 税別価格 カタログ#
PMA.studio 年間ライセンス お問合せ F-PM-ST
PMA.vue F-PM-VU
PMA.slidebox F-PM-SL

インストール補助サービス
商品名 ライセンスタイプ 税別価格 カタログ#
インストール補助サービス 1回 お問合せ お問合せ

* 本ソフトウェアは、年間ライセンスです。
* テクニカルサポートは、電話、あるいは、電子メールでの対応のみです。
* ご使用の際に、インターネット接続が必要な機能があります。
* PMA.core ライセンスは、1ライセンスで2名同時接続が可能です。同時接続数の追加にも対応致します。
* 別途有償で、メーカー所持のクラウドを利用することも可能です。お問合せください。
* 初回購入はインストール補助サービスの購入が合わせて必要です。インストールは、Webミーティングを通して行われ、メーカー指導の下、お客様側でインストール作業を実施します。

お問い合わせ バイオインフォマティクス部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2023 Filgen, Inc. All Rights Reserved.