製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>NKMAX社製品

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
NKMAX
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


NKMAX社製品
抗体・組換えタンパク質・cDNA・細胞ライセート
NK細胞について / NK細胞活性測定キット(NK VUE) / NK細胞活性測定キット(NK PUPPY) / 抗体 / 組換えタンパク質 / cDNA / 細胞ライセート / トップセールス

NKMAX社は、自社製造の高品質な抗体や組換えタンパク質などの製品を提供しています。
掲載文献も多く、抗体や組換えタンパク質など合わせて5,000種類以上もの製品をラインナップしています。
組換えタンパク質の中には、活性が確認されたものも含まれていて、より安定性の高い製品の提供を行っています。

◆特長


同社の超安定ペプチド融合技術により、環境ストレスに対して安定性の高い組換えタンパク質を生産します。
毎月新製品を生産し、5,000種類以上の製品をラインナップしています。
全製品が自社製造で高品質です。

◆NKMAX社のコア・テクノロジー:超安定ペプチド(SP)融合技術

NKMAX社の特殊な安定ペプチド融合技術は、外部環境の影響を受けやすい、または長期保存、室温保存が必要なタンパク質向けに設計されました。大量の組み換えタンパク質、高純度の組み換えタンパク質、様々なDNAライブラリーを保有しています。
SP融合技術によって、熱、pH、攪拌、凍結/融解、金属、イオンなどの環境ストレスに対して不安定なタンパク質の外部ストレスに対する安定性を高め、生物学的活性を維持した安定融合タンパク質の製造が可能です。


NK細胞について


NK細胞は、免疫細胞の中で最初の防御線(自然免疫)です。
NK細胞は、異常細胞を認識できる様々な受容体を持っているため、がん細胞、ウイルス、感染細胞などの異常細胞を検出し、即座に除去します。

◆NK細胞の機能と重要性
異常な細胞を検出し、特定の抗原なしでそれらを直接殺すことができます。
--NK細胞は、がん細胞などの異常細胞を検出し、特定の抗原を含まない様々な受容体を使用して、それらを即座に除去することができます。
免疫システムを制御します。
--NK細胞は、獲得免疫細胞(樹状細胞、T細胞、B細胞)の活性を誘導することにより、免疫および炎症反応を調節します。
がん細胞の増殖、再発、転移を効果的に抑制します。
--NK細胞は癌幹細胞(CSC)と循環腫瘍細胞(CTC)を効果的に除去します。
活性化されたNK細胞は、様々な顆粒状物質を合成および分泌して、異常な細胞を破壊します。
--サイトカインやIFN-γ、TNF-αなどのケモカインを分泌して、抗原を運ぶ細胞に直接作用し、獲得した免疫細胞を制御または活性化します。


NK細胞活性測定キット(NK VUE)


注意)当社から販売するNKMAX社製品は全て試験研究用(RUO)です。ヒト、動物への医療・臨床診断には使用しない様にご注意ください。

◆概要と測定方法
NK細胞の活性を測定するキット「NK VUE」は、ヒト全血中のNK細胞を、特許取得済みの安定化免疫調節サイトカイン(プロモカ)を用いて刺激します。
活性化後、定量的サンドイッチ酵素免疫測定法(ELISA)を用いて、分泌されるIFN-γのレベルを測定します。
この目的のために、抗IFN-γモノクローナル抗体が予めプレートにコーティングされています。ウェルにサンプルをピペッティングし、固相化抗体に結合させます。ウェルをウォッシュ後、HRP標識二次抗体をウェルに添加します。
再度ウォッシュ後、基質溶液をウェルに添加し、発色させます。450nmで吸光度を測定し、最終的にNK細胞から放出されたIFN-γの量をIFN-γ標準曲線と比較して定量します。



◆NK細胞活性に関する比較データ

・NK VUE を使用した文献:
 上記のPDFファイルのリンクより、NK VUE を使用した文献を参照することができます。

◆NK VUE と従来の方法との比較
- 従来の方法 NK VUE
方法名 フローサイトメトリー
アッセイ
51Crリリース
アッセイ
フローサイトメトリー
アッセイ
(CD107a脱顆粒アッセイ)
NK VUE
オブジェクト NK細胞数カウント NK細胞の細胞毒性 NK細胞の細胞毒性(%) 数値としての
NK細胞活性
マーカー CD3、CD16/CD56 51Cr CD3、CD16/CD56 、CD107a INF-γ
サンプル量 2ml 変数はNK細胞数に依存します。 変数はNK細胞数に依存します。 1ml
短所 細胞数のみカウント 放射性同位元素
PBMCの短所
再現性が低い
K562セルを使用
分析対象物の数が少ないため、感度が低下します。
再現性が低い
K562セルを使用
-
サンプルタイプ 精製されたPBMC 精製されたPBMC
培養リンパ球
精製されたPBMC 全血
所要時間 5時間 5~7日 10時間 24~28時間
(20~24時間のインキュベーションを含む)
精度 研究者によって異なります。 研究者によって異なります。 研究者によって異なります。 ELISAでデジタル化

◆NK VUE の構成品一覧

NK細胞の活性を測定するためには、同社の専用チューブとELISAキットが必要です。
(チューブとELISAキットは別売)
【NK VUE Tube(品番:ATGKF008)】
構成品 数量 性質 保管温度 有効期限 価格 マニュアル
開封前 開封後
NK VUE Tube 50 tubes 無色液体入り
ヘパリンチューブ
2-8℃ 製造後
12ヶ月
- お問合せ
※RUOパッケージで提供します。

【NK VUE ELISA(品番:ATGKF007)】
構成品 数量 性質 保管温度 有効期限 価格 マニュアル
開封前 開封後
Mab Coated Plate
(ヒトIFN-γに対するマウスモノクローナル抗体でコーティングしたプレート)
8ウェルx12本
(96ウェルプレート 1枚分)
ポリスチレン
プレート(無色)
2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月 お問合せ
※RUOパッケージで提供します。
Standard
(recombinant human IFN-γ)
1バイアル
(2ng)
(凍結乾燥品)
粉末(白色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
(≦-20℃
再懸濁)
Diluent 1ボトル
(10mL)
液体(黄色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
Biotin-Conjugate
(100x)
(ヒトIFN-γに対するビオチン標識マウスモノクローナル抗体)
1バイアル
(0.15mL)
液体(橙色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
Streptavidin-HRP
(100x)
1バイアル
(0.15mL)
液体(橙色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
Conjugate Diluent 1ボトル
(13mL)
液体(橙色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
Washing Solution
20x
1ボトル
(50mL)
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
TMB Substrate
(テトラメチルベンジジン)
1ボトル
(12mL)
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
Stop Solution
(1N HCL 含む)
1ボトル
(12mL)
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
High Positive Control 1バイアル
(凍結乾燥品)
粉末(白色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
(≦-20℃
再懸濁)
Low Positive Control 1バイアル
(凍結乾燥品)
粉末(白色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 3ヶ月
(≦-20℃
再懸濁)
Adhesive film for microwell plate 2フィルム フィルム
(透明)
2-30℃ - -


NK細胞活性測定キット(NK PUPPY)


注意)当社から販売するNKMAX社製品は全て試験研究用(RUO)です。ヒト、動物への医療・臨床診断には使用しない様にご注意ください。

◆概要と測定方法
NK PUPPY は、イヌ全血中のNK細胞を、特許取得済みの安定化免疫調節サイトカイン(プロモカ)を用いて刺激します。
活性化後、定量的サンドイッチ酵素免疫測定法(ELISA)を用いて、分泌されるIFN-γのレベルを測定します。
この目的のために、抗IFN-γモノクローナル抗体が予めプレートにコーティングされています。ウェルにサンプルをピペッティングし、固相化抗体に結合させます。ウェルをウォッシュ後、HRP標識二次抗体をウェルに添加します。
再度ウォッシュ後、基質溶液をウェルに添加し、発色させます。450nmで吸光度を測定し、最終的にNK細胞から放出されたIFN-γの量をIFN-γ標準曲線と比較して定量します。

◆犬のNK細胞活性測定の測定結果
NK PUPPY を用いて、様々な条件下で犬のNK細胞活性を測定しました。

Q, 病気の犬は、健康な犬に比べてNK細胞の活性が低いのですか?
A. 健康な犬と病気の犬の間でNK細胞の活動に有意さがあります。



Q. 年齢や品種(体重)によってNK細胞の活性に違いはありませんか?
A. 年齢や品種によるNK細胞活性に有意差はありません。


 *NK cell activity: Canine IFN-γ secretion (pg/ml)

【NK PUPPY を使用した文献】
Jiye Kim, Sehee Gil, Hyunsook An, Jiyea Choi, Kee-Jong Hong, Hyun-Seok Hong* ATGen Co. Ltd., Sungnam 13605, Republic of Korea
Immunity analysis kit for canine : a novel tool for the analysis of NK cell activity using whole blood.
Hyun-Seok HONG1, Jiye KIM1, Sehee GIL1, Yunjung PARK1, Hyunsook AN1, Jiyea CHOI1, Kee-Jong HONG1, Sung-Jun WON2, Tae-ho KIM2, Kwang-Soo LYOO3, Woonsung NA4, Daesub SONG4*
Immunity analysis kit for canine: a novel tool for the analysis of NK cell activity using whole blood.

◆NK PUPPY の構成品一覧

NK細胞の活性を測定するためには、同社の専用チューブとELISAキットが必要です。
(チューブとELISAキットは別売)
【NK PUPPY Tube(品番:ATGAF002)】
構成品 数量 性質 保管温度 有効期限 価格 マニュアル
開封前
NK PUPPY Tube 50 pcs
Ready-to-use
無色液体入り
ヘパリンチューブ
2-8℃
暗所
製造後
6ヶ月
お問合せ
※RUOパッケージで提供します。

【NK PUPPY ELISA(品番:ATGAF001)】
構成品 数量 性質 保管温度 有効期限 価格 マニュアル
開封前 開封後
Mab Coated Plate
(イヌIFN-γに対するマウスモノクローナル抗体でコーティングしたプレート)
8ウェルx12本
(96ウェルプレート 1枚分)
ポリスチレン
プレート(無色)
2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月 お問合せ
※RUOパッケージで提供します。
Standard
(リコンビナント イヌ IFN-γ)
1バイアル
(1mL)
粉末(白色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月
Diluent 1バイアル
(40mL)
Ready-to-use
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月
Biotin-Conjugate
(イヌIFN-γに対するビオチン標識マウスモノクローナル抗体)
1バイアル
(75μL)
Ready-to-use
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月
Streptavidin-HRP
(HRPOを含む)
1バイアル
(75μL)
Ready-to-use
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月
Washing Solution
(ポリソルビン酸塩20 含む)
1ボトル
(50mL)
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月
TMB Substrate
(TMB含む)
1ボトル
(13mL)
Ready-to-use
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月
Stop Solution
(1N HCL 含む)
1ボトル
(13mL)
Ready-to-use
液体(無色) 2-8℃
暗所
12ヶ月 2ヶ月
Adhesive film for microwell plate 2フィルム フィルム
(透明)
2-30℃ - -


抗体


NKMAX社では、400種類以上のモノクローナル抗体を生産しています。
NKMAX社の組み換えタンパク質を抗原として使用し、製造されたモノクローナル抗体は多くのアプリケーションに使用することが可能です。

【アプリケーション例】

【価格・ラインナップ】
製品リストダウンロード(Excel)  


組換えタンパク質

NKMAX社では、現在3,000種類を超えるタンパク質を生産しており、すべて社内で製造されています。これらの内、200以上のタンパク質で生物活性を検証しています。DNAクローニング技術を使用して組み換えタンパク質を生産しています。

【アプリケーション例】


生物活性についてテストされていないタンパク質についても、ほとんどが変性剤にさらされていないため、生物活性を持つ可能性があります。少量の製品を購入し、試験していただくことをお勧めいたします。
NKMAX社のタンパク質のほとんどは大腸菌で発現しており、一部はバキュロウイルスで生産されています。

【価格・ラインナップ】

製品リストダウンロード(Excel)  


cDNA


cDNAは、シャトルpuc19由来のクローニングベクターで提供されます。
Ready-to-useヒトcDNAサンプルは、すぐにPCR実験に組み込むことが可能です。
NKMAX社では、大腸菌やバキュロウイルス発現の組み換えタンパク質生産に使用される組み換えDNAに、これらのcDNAを使用しています。

【価格・ラインナップ】
製品リストダウンロード(Excel)  


細胞ライセート


ウェスタンブロッティングまたは免疫沈降ポジティブコントロールとして、抗体と組み合わせて使用するための、様々なライセート及びトランスフェクトされたライセートをラインナップしています。

【価格・ラインナップ】
製品リストダウンロード(Excel)  


トップセールス


NKMAX社の売れ筋製品をご紹介いたします。
1 【品番】:ATGP0302
【品名】:Recombinant Aequorea victoria GFP Protein
【発現種】:大腸菌
【分子量】:26.8 kDa(238aa), confirmed by MALDI-TOF
【アプリケーション】:SDS-PAGE
【参考文献】:
Cell-penetrating peptide(CPP)-conjugated proteins is an efficient tool for manipulation of human mesenchymal stromal cells(2014 Mar 14) Sci Rep. Junghyun Jo, Soomin Hong, Won Yun Choi, Dong Ryul Lee
2 【品番】:ATGP0404
【品名】:Recombinant Human Enolase 1/Non-neural enolase Protein
【発現種】:大腸菌
【分子量】:47.1 kDa(434aa), confirmed by MALDI-TOF
【アプリケーション】:酵素活性、SDS-PAGE
【活性】:比活性は>20,000 pmol/min/μg
3 【品番】:ATGP0404
【品名】:Recombinant Human Enolase 1/Non-neural enolase Protein
【発現種】:大腸菌
【分子量】:47.1 kDa(434aa), confirmed by MALDI-TOF
【アプリケーション】:酵素活性、SDS-PAGE
【活性】:比活性は>25,000 pmol/min/μg
4 【品番】:SNA2001
【品名】:Recombinant Human alpha-Synuclein Protein
【発現種】:大腸菌
【分子量】:14.4 kDa(140aa), confirmed by MALDI-TOF
【アプリケーション】:SDS-PAGE
【参考文献】:
Nanomolar concentration of alpha-synuclein enhances dopaminergic neuronal survival via Akt pathway 2013 Dec 15 Neural Regen
ResJi-Young Kim, Beom Seok Jeon, M.D., Ph D., Han-Joon Kim, Tae-Beom Ahn など
5 【品番】:ATGP0429
【品名】:Recombinant Human PKM2 Protein
【発現種】:大腸菌
【分子量】:60.1 kDa(551aa)
【アプリケーション】:酵素活性、SDS-PAGE
【活性】:比活性は>25,000 pmol/min/μg
6 【品番】:ALD0905
【品名】:Recombinant Human ALDH2 Protein
【発現種】:大腸菌
【分子量】:54.5 kDa(501aa), confirmed by MALDI-TOF
【アプリケーション】:酵素活性、SDS-PAGE
【活性】:比活性は>250 pmol/min/μg

お問い合わせ 試薬部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2020 Filgen, Inc. All Rights Reserved.