製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録    
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>Alstem社製品>細胞株作製試薬

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
+ Alstem
細胞株作製試薬
-iPS細胞作製キット
-iPS細胞関連試薬
-細胞不死化キット
細胞株
ウイルス関連試薬
細胞分析キット
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


Alstem社製品
細胞株作製試薬
細胞株作製試薬: iPS細胞作製キット/iPS細胞関連試薬/細胞不死化キット
細胞株 iPS細胞株/レポーター細胞株
ウイルス関連試薬 レンチウイルス発現ベクター/レンチウイルスレポータープラスミド/トランスフェクション試薬/ウイルス産生試薬
細胞分析キット マイコプラズマ検出キット/死細胞測定キット/生細胞測定キット


iPS 細胞作製キット


エピソーマル iPS 細胞リプログラミングキットとレトロウイルス iPS 細胞リプログラミングキットをラインナップしています。これらのリプログラミングキットを使用すると、様々な体細胞タイプから目的のiPS細胞を高い成功率で生成できます。

Episomal iPSC Reprogramming Kit
本製品は、組み込み不要で体細胞を iPS 細胞にリプログラミングするための最適化されたベクターミックスです。エピソーマルベクターは、リプログラミング因子とピューロマイシン耐性遺伝子を送達するための oriP/EBNA-1 (エプスタインバー核抗原1) バックボーンを保持しています。このシステムは、線維芽細胞やその他の成体細胞の iPS細胞へのリプログラミングの成功が実証されています。oriP/EBNA-1 を介した核移行とベクターDNAの保持による導入遺伝子の高発現により、1回のトランスフェクションで iPS細胞を誘導可能です。また、ピューロマイシン選抜により、リプログラミング効率をさらに高めることができます。
さらに、エピソーマルベクターは、通常、ベクターの合成と分配の欠如により、細胞周期あたり約5%の割合で失われます。このメカニズムにより、iPS細胞からエピソームベクターを除去し、追加の操作なしでフットプリントフリーを実現可能です。

◆特長

・導入遺伝子フリー、ウイルスフリー、フットプリントフリー
・ソース細胞選択の柔軟性
・ピューロマイシン選抜によるリプログラミング効率の向上
・フィーダーフリーのリプログラミングに最適
・小分子の追加不要
 
◆キット内容物
(※10回のリプログラミングに十分な容量です。)

・hiPSC リプログラミング用エピソーマルベクター
・RFP コントロール用ベクター

Retrovirus iPSC Reprogramming Kit
ヒト人工多能性幹細胞(iPS 細胞)は、一連のリプログラミング因子(Oct4、Sox2、Klf4、およびc-Myc)の異所的発現によって駆動されるリプログラミングプロセスを通じて体細胞から誘導できます。これらのヒトiPS細胞は、自己複製およびヒトES細胞の多能性の特性を共有しているため、体の分化した細胞タイプの再生可能なソースとして使用できます。ヒト iPS 細胞は、事実上あらゆる遺伝的背景を持つ患者から生成できます。
レトロウイルスは、分裂している細胞のゲノムに遺伝性遺伝子を送達するための効率的なツールです。VSV-G シュードタイプレトロウイルスは、哺乳類細胞と非哺乳類細胞の両方を含む幅広いターゲットを持ち、通常はES細胞で発現が抑制されます。レトロウイルスは、リプログラミング効率が高いため、iPS 細胞の生成に一般的に使用されています。

◆特長

・高効率で安定したリプログラミング法
・ソース細胞選択の柔軟性
・フィーダーフリーのリプログラミングに最適
・小分子の追加不要
 
◆キット内容物
(※10回のリプログラミングに十分な容量です。)

・ヒト Oct4 レトロウイルス(20μl×2本)
・ヒト Sox2 レトロウイルス(20μl×2本)
・ヒト Klf4 レトロウイルス(20μl×2本)
・ヒト c-Myc レトロウイルス(20μl×2本)
・GFP レトロウイルス(20μl)
・TransPlus ウイルス形質導入促進試薬(100μl)

(ご注意)
※ご注文の際に「物質移動同意書」のご提出が必要です。また、商用利用が制限されておりますので、ご注意ください。
 ⇒iPS 細胞関連製品に関するご注意(PDF)
 ⇒物質移動同意書(PDF)
※ウイルスベクター関連製品は、ご注文時に「ご使用者確認書」のご提出が必要です。
 ⇒ご使用者確認書(PDF)

◆価格
品名 容量 税別価格 品番 データシート プロトコル
ヒト iPS 細胞リプログラミングエピソーマルキット
Episomal iPSC Reprogramming Kit
1キット お問合せ RF202 PDF PDF
レトロウイルス iPS 細胞リプログラミングキット
Retrovirus iPSC Reprogramming Kit
※カルタヘナ法該当製品
1キット お問合せ RF101 PDF PDF


iPS 細胞関連試薬


EZStem Stem Cell Freezing Medium
本製品は、ヒト ES/iPS 細胞の凍結保存用の無血清溶液で、凍結保存中にゼノフリーおよびフィーダーフリーの状態を維持します。保存されたヒト多様性幹細胞は、高い細胞生存率と回復を維持しており、解凍後に典型的な多能性マーカーを発現します。ヒトES細胞とiPS細胞の両方でテスト済みです。

EZStem Stem Gelatin
ゼラチンは、動物の皮膚や骨から抽出されたコラーゲンの部分的な加水分解によって生成されるペプチドとタンパク質の混合物です。細胞外マトリックス(サポート用)としてのゼラチンの層上で成長するマウスES細胞は、白血病抑制因子(LIF)を必要としています。ヒトES/iPS細胞は、マウス胚性線維芽細胞(MEF)のフィーダー層で増殖し、プレートをゼラチンで前処理する必要があります。

◆価格
品名 容量 税別価格 品番 データシート プロトコル
幹細胞凍結保存用培地
EZStem Stem Cell Freezing Medium
50ml お問合せ M050 PDF PDF
幹細胞解離用溶液
EZStem Enzyme-free Stem Cell Dissociation Solution
100ml お問合せ M100 PDF PDF
幹細胞培養コーティング用ゼラチン
EZStem Gelatin
100ml お問合せ M500 PDF PDF


細胞不死化キット

初代培養細胞は、細胞分裂の回数が限られていることが知られています。限られた集団倍加(その数は、種、細胞タイプ、および培養条件によって異なります。)の後、初代培養細胞は、複製老化(分裂できない状態)に入ります。老化を超えるために、培養中の哺乳類細胞を不死化するためのいくつかの方法が存在します。SV40T抗原とhTERTの発現による細胞不死化製品をラインナップしています。

SV40 T Antigen Cell Immortalization Kit
SV40T抗原を発現させるためのVSV-Gシュードタイプレンチウイルス粒子です。
培養中の哺乳類細胞を不死化するための方法として、SV40T抗原は最も単純で信頼できる薬剤です。最近の研究では、SV40T抗原が感染細胞のテロメラーゼ活性を誘導可能であることも示されています。

hTERT Cell Immortalization Kit
hTERTを発現させるためのVGV-Gシュードタイプレンチウイルス粒子です。
細胞不死化の最近発見されたアプローチは、テロメラーゼ逆転写酵素タンパク質(TERT)の発現によるものです。
これは、多くのヒト細胞タイプを含む、テロメアの長さによって最も影響を受ける細胞に特に有用です。このタンパク質は、通常、ほとんどの体細胞で発現していません。これらの細胞は、hTERTが外因的に導入されたときに十分なテロメア長を維持することにより、複製老化を回避することができます。ただし、一部の細胞タイプ(特に上皮細胞)でのhTERTの過剰発現は、細胞の不死化を誘導できません。

(ご注意)
※ウイルスベクター関連製品は、ご注文時に「ご使用者確認書」のご提出が必要です。
 ⇒ご使用者確認書(PDF)

◆価格
品名 容量 税別価格 品番 データシート プロトコル
SV40T 抗原細胞不死化キット
SV40 T Antigen Cell Immortalization Kit
※カルタヘナ法該当製品
5×20μl お問合せ CILV01 PDF PDF
hTERT 細胞不死化キット
hTERT Cell Immortalization Kit
※カルタヘナ法該当製品
5×20μl お問合せ CILV02 PDF PDF

お問い合わせ 試薬部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2022 Filgen, Inc. All Rights Reserved.