製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録    
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>Sengenics社製品 機能性プロテインアレイ

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
Sengenics
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


Sengenics社製品
機能性プロテインアレイ
KREXTMテクノロジー / 機能性プロテインアレイ / 参考資料 / 参考文献

Sengenics社は、特許取得済みのKREX
TMテクノロジーを活用して、完全長の正しく折りたたまれた機能性タンパク質を搭載したアレイを製造し、販売する企業です。1,600以上の機能的なヒトタンパク質が搭載されている網羅的なプロテインアレイをはじめとする、4種類の製品をラインアップしています。ご希望に応じてカスタマイズでアレイを設計することも可能です。


KREXTMテクノロジー


KREXTMテクノロジーは完全長で正しく折りたたまれ、機能的に検証されたタンパク質を生成するSengenics社独自のプロテオミクス技術です。この技術は、目的のタンパク質をコードする遺伝子とインフレームでクローン化されたビオチンカルボキシルキャリアタンパク質(BCCP)フォールディングマーカーを利用しています。BCCPは、タンパク質フォールディングマーカーとしてだけでなく、タンパク質溶解性エンハンサーとしても機能し、目的のタンパク質のN末端またはC末端のいずれかに融合しています。

KREXTMテクノロジーの概要

1.

正しくタンパク質が折りたたまれている場合、共翻訳的にBCCPが正しく折りたたまれます。
2. 外因性ビオチンを追加することで、ビオチンリガーゼはBCCPのビオチン化を触媒します。BCCPのヘアピンループのリジン残基は、正しく折りたたまれている場合にのみビオチンリガーゼにアクセス可能です。
3.
(a) ビオチン化したBCCPにより正しくたたまれたタンパク質はアレイの表面に固定化されます。
(b) 正しく折りたたまれていないタンパク質は、BCCPのリシン残基がヘアピンループ構造を正しく取れていないことにより、ビオチン化しないため固定化されません。

複雑な構造を持つタンパク質だとしても、KREXTMテクノロジーを介して発現させた場合の成功率は98%を超えます。これにより正しい三次元構造の機能タンパク質をハイスループットで一貫性の高い生産が可能です。
タンパク質は多数の疎水性ドメインと荷電部位を持っているため、ほとんどの固体表面に非特異的に吸着する傾向があり、その結果、三次元構造が破壊され、最終的には完全に活性が失われますが、KREXTMテクノロジーを用いることで回避することが可能です。下記の図にあるように生成されたタンパク質は、ストレプトアビジンでコーティングされたPEG誘導体化固体支持体に固定化できるため、水性環境で折りたたまれた構造と機能を維持し、小型化された高度に多重化された定量アッセイで、遊離溶液の様に動作します。



より詳細な情報は、下記のPDFファイルもしくは動画よりご確認ください。
Sengenics-KREX-Technology-Technical-Overview
KREXTMテクノロジー解説動画


機能性プロテインアレイ


本製品は、KREXTMテクノロジーを用いて生成された完全長の機能性タンパク質が搭載されたプロテインアレイです。1600以上の機能的なヒトタンパク質、200以上の機能的な精巣がん抗原、100以上の機能的な野生型と変異型のp53を搭載したプロテインアレイをラインナップしています。それぞれのアレイに搭載されているタンパク質につきましては、下記のタンパク質リストからご確認ください。サンプル中の抗体や蛍光標識した核酸・タンパク質などの様々な目的物と、搭載されている機能性タンパク質との相互作用を検証することが可能です。


タンパク質リスト
メーカーサイト
搭載タンパク質リスト

i-Ome Protein Array

正しく折りたたまれた機能的なヒトタンパク質が1600以上搭載されているプロテインアレイです。1スライドに2アレイ搭載されているので、最大2サンプルの解析が可能です。

(主なアプリケーション)
 ・癌と自己免疫疾患の早期検出
 ・同疾患の患者の層別化
 ・薬物反応のサインの特定
 ・チェックポイント阻害剤研究における患者の層別化
 ・ADRとirAEの予測

(アレイの仕様)
1スライド毎のアレイ数 2アレイ
サンプル ヒト血清、ヒト血漿 ※他のサンプルにつきましてはお問合せください。
保管 -20℃で最大12ケ月
対応スキャナ 下記の様な解像度が10μmを満たすオープンフォーマットのマイクロアレイスキャナーをご使用頂けます。
・Agilent Technologies社製 SureScan
・Innopsys社製 InnoScan
・Molecular Devices社製 GenePix
・Tecan社製 PowerScanner
解析用ソフトウェア GenePix Pro7、Mapix など
スライドの寸法 75.6x25.0mm
推奨スライドモジュール Grace Bio-Labs ProPlate® 2 wells, WxL16.5mmx34mm
品番:GBL246852、GBL246862
※詳細は、シグマアルドリッチ社のウェブサイトをご参照ください。

(参考資料)
 ・マニュアル

 ・SDS
 ・搭載タンパク質リスト


(価格)
製品名 容量 税別価格 品番
i-Ome Protein Array 1スライド ¥453,000 40010
2スライド ¥602,000 40010-2
5スライド ¥1,222,000 40010-5
10スライド ¥2,089,000 40010-10

CTA AxCESS Array Kit

正しく折りたたまれた機能的な精巣がん抗原が200以上搭載されているプロテインアレイです。1スライドに8アレイ搭載されているので、最大8サンプルの解析が可能です。

(主なアプリケーション)
 ・がん抗原のハイスループットプロファイリング
 ・同疾患の患者の層別化
 ・薬物反応のサインの特定
 ・チェックポイント阻害剤研究における患者の層別化
 ・ADRとirAEの予測

(アレイの仕様)
1スライド毎のアレイ数 8アレイ
サンプル ヒト血清、ヒト血漿 ※他のサンプルにつきましてはお問合せください。
保管 -20℃で最大12ケ月
対応スキャナ 下記の様な解像度が10μmを満たすオープンフォーマットのマイクロアレイスキャナーをご使用頂けます。
・Agilent Technologies社製 SureScan
・Innopsys社製 InnoScan
・Molecular Devices社製 GenePix
・Tecan社製 PowerScanner
解析用ソフトウェア GenePix Pro7、Mapix など
スライドの寸法 75.6x25.0mm
推奨スライドモジュール Grace Bio-Labs ProPlate® 8 wells, WxL7mmx16mm
品番:GBL246858、GBL246868
※詳細は、シグマアルドリッチ社のウェブサイトをご参照ください。

(参考資料)
 ・マニュアル
※お問合せください。
 ・SDS
 ・搭載タンパク質リスト


(価格)
製品名 容量 税別価格 品番
CTA AxCESS Array Kit 1スライド ¥779,000 40030
2スライド ¥1,255,000 40030-2
5スライド ¥3,127,000 40030-5
10スライド ¥5,899,000 40030-10

OncoREX p53 AxCESS Array Kit

正しく折りたたまれた機能的な野生型と変異型p53が100以上搭載されているプロテインアレイです。1スライドに8アレイ搭載されているので、最大8サンプルの解析が可能です。

(主なアプリケーション)
 ・野生型および変異型p53に対する自己抗体の定量化
 ・抗体結合に対するp53変異の影響を決定する

(アレイの仕様)
1スライド毎のアレイ数 8アレイ
サンプル ヒト血清、ヒト血漿 ※他のサンプルにつきましてはお問合せください。
保管 -20℃で最大12ケ月
対応スキャナ 下記の様な解像度が10μmを満たすオープンフォーマットのマイクロアレイスキャナーをご使用頂けます。
・Agilent Technologies社製 SureScan
・Innopsys社製 InnoScan
・Molecular Devices社製 GenePix
・Tecan社製 PowerScanner
解析用ソフトウェア GenePix Pro7、Mapix など
スライドの寸法 75.6x25.0mm
推奨スライドモジュール Grace Bio-Labs ProPlate® 8 wells, WxL7mmx16mm
品番:GBL246858、GBL246868
※詳細は、シグマアルドリッチ社のウェブサイトをご参照ください。

(参考資料)
 ・マニュアル

 ・SDS
 ・搭載タンパク質リスト


(価格)
製品名 容量 税別価格 品番
OncoREX p53 AxCESS Array Kit 1スライド ¥640,000 40050
2スライド ¥976,000 40050-2
5スライド ¥2,315,000 40050-5
10スライド ¥4,275,000 40050-10

ImmuSAFE COVID+ Array

正しく折りたたまれた複数のSARS-CoV-2ドメイン(ヌクレオカプシドおよびスパイクタンパク質)などが搭載されているプロテインアレイです。完全長および多数のトランケート型タンパク質、IFN、TNF、ANAなどが含まれます。ヌクレオカプシドおよびスパイクタンパク質に対する抗体、スパイクタンパク質に対する中和抗体、COVID-19の重症度に関連する自己抗体の測定が可能です。

(主なアプリケーション)
 ・血清有病率研究のための集団抗体プロファイリング
 ・ワクチン試験における抗原特異的反応の定量的評価
 ・生成された中和抗体の測定

(アレイの仕様)
1スライド毎のアレイ数 24アレイ
サンプル ヒト血清、ヒト血漿 ※他のサンプルにつきましてはお問合せください。
保管 -20℃で最大12ケ月
対応スキャナ 下記の様な解像度が10μmを満たすオープンフォーマットのマイクロアレイスキャナーをご使用頂けます。
・Agilent Technologies社製 SureScan
・Innopsys社製 InnoScan
・Molecular Devices社製 GenePix
・Tecan社製 PowerScanner
解析用ソフトウェア GenePix Pro7、Mapix など
スライドの寸法 75.6x25.0mm
推奨スライドモジュール Grace Bio-Labs ProPlate® LxWxdepth6.8mmx5.4mmx7.6mm
品番:GBL472756、GBL472757
※詳細は、シグマアルドリッチ社のウェブサイトをご参照ください。

(参考資料)
 ・マニュアル(自己抗体アッセイ)
 ・マニュアル(中和抗体アッセイ)

 ・搭載タンパク質リスト
 ・SDS

(価格)
製品名 容量 税別価格 品番
ImmuneSAFE COVID+ Array 1スライド ¥410,000 39508H
2スライド ¥517,000 39508H-2
5スライド ¥974,000 39508H-5
10スライド ¥1,594,000 39508H-10


参考資料


シトルリン化イムノタンパク質に対する間接リウマチ患者の自己抗体反応の評価
ワクチン候補の迅速なスクリーニングのためのKREXプロテインアレイ
全く新しい機能性プロテインマイクロアレイを使用した自己抗体の発見
機能性タンパク質に対する遺伝子変異の影響の迅速な決定
予測毒性学研究のための完全長の機能性プロテインマイクロアレイ
Sengenics社の機能性プロテインアレイを使用した多様なタンパク質相互作用の評価


参考文献


自己免疫疾患
1. Stensballe et al. 2021. “Identification of Potential Autoantigens in Anti‑CCP‑positive and Anti‑CCP‑negative Rheumatoid Arthritis using Citrulline‑specific Protein Arrays.” Nature (2021) 11:17300 doi.org/10.1038/s41598-021-96675-z
2. Chen, CH. Et al. Potential novel proteomic biomarkers for diagnosis of vertebral osteomyelitis identified using an immunomics protein array technique: Two cases reports. Medicine (Baltimore). 2020 Oct 23;99(43):e22852.
3. Mak, A. et al. 2020. "Detection of putative autoantibodies in systemic lupus erythematous using a novel native-conformation protein microarray platform." Lupus 29(14):1948-1954. doi: 10.1177/0961203320959696

がん
4. Akshay J. Patel et al. 2021. “A Highly Predictive Autoantibody-based Biomarker Panel for Prognosis in Early-stage NSCLC with Potential Therapeutic Implications” British Journal of Cancer. doi: 10.1038/s41416-021-01572-x
5. Da Gama Duarte, J. et al. B cells and antibody production in melanoma. Mamm Genome. 2018 Dec;29(11-12):790-805.
6. Zaenker et al. 2018. “A Diagnostic Autoantibody Signature for Primary Cutaneous Melanoma.” Oncotarget 9 (55): 30539–51. doi:10.18632/oncotarget.25669.

感染症
7. Blackburn et al. 2020. “Quantitative, Epitope-Specific, Serological Screening of COVID-19 Patients Using a Novel Multiplexed Array-Based Immunoassay Platform.” Preprint. Infectious Diseases (except HIV/AIDS). doi:10.1101/2020.09.25.20201269A
8. Soe et al. 2018. “Identifying Protein Biomarkers in Predicting Disease Severity of Dengue Virus Infection Using Immune-Related Protein Microarray.” Medicine 97 (5). doi:10.1097/MD.0000000000009713
9. Liew et al. 2015. “Autoantibody Profile of Patients Infected with Knowlesi Malaria.” Clinica Chimica Acta; International Journal of Clinical Chemistry 448 (August): 33–38. doi:10.1016/j.cca.2015.06.006

神経疾患
10. B. Z. Wang et al. 2020. “Identification of Novel Candidate Autoantibodies in Alzheimer’s Disease.” European Journal of Neurology 2020, 27: 2292–2296. doi:10.1111/ene.14290
11. Suwarnalata et al. 2016. “Augmentation of Autoantibodies by Helicobacter Pylori in Parkinson’s Disease Patients May Be Linked to Greater Severity.” PloS One 11 (4): e0153725. doi:10.1371/journal.pone.0153725

その他疾患
12. Amanda CY Chan et al. 2021. “Novel Auto-antibodies in Idiopathic Small Fiber Neuropathy” Annals of Neurology doi: 10.1002/ana.26268
13. Chen Chang-Hua et al. 2020. “Potential Novel Proteomic Biomarkers for Diagnosis of Vertebral Osteomyelitis Identified Using an Immunomics Protein Array Technique: Two Cases Reports.” Medicine 99 (43): e22852. doi:10.1097/MD.0000000000022852
14. Sumera Afshan et al. 2020. “A Novel Method to Identify Autoantibodies against Putative Target Proteins in Serum from Beta-Thalassemia Major: A Pilot Study.” Biomedicines 8 (5): 97. doi:10.3390/biomedicines8050097

テクノロジー
15. Aziz, Farhanah et al. 2019. “Autoantibody-Based Diagnostic Biomarkers: Technological Approaches to Discovery and Validation.” In Autoantibodies and Cytokines, edited by Wahid Ali Khan. IntechOpen. doi:10.5772/intechopen.75200
16. Duarte, Jessica G., and Jonathan M. Blackburn. 2017. “Advances in the Development of Human Protein Microarrays.” Expert Review of Proteomics 14 (7): 627–41. doi:10.1080/14789450.2017.1347042
17. Blackburn, Jonathan M., and Aubrey Shoko. 2011. “Protein Function Microarrays for Customised Systems-Oriented Proteome Analysis.” Methods in Molecular Biology (Clifton, N.J.) 785: 305–30. doi:10.1007/978-1-61779-286-1_21

その他の参考文献は、こちらからご確認いただけます。

お問い合わせ 試薬部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2022 Filgen, Inc. All Rights Reserved.