製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>Abiel社製 コラゲナーゼ試薬

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
Abiel
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


Abiel 社製品
コラゲナーゼ試薬
概要 / 組換えコラゲナーゼ / 細胞分離キット

Abiel社(イタリア)は、イタリア学術会議(CNR)とパレルモ大学から共同設立された画期的なバイオテクノロジー企業です。細胞療法および再生医療アプリケーションにおける組織解離のために、革新的な高品質分解酵素の研究開発、製造、およびマーケティングに取り組んでいます。

臓器や組織からの細胞分離は重要なステップです。また、細胞を分離するだけでなく、再現性のあるプロトコルと結果も重要です。適切な酵素の選択は、細胞分離を成功させるための最も重要な要因となります。
現在のコラゲナーゼ生産技術は、細菌(C.Hystolyticum)の培養とその後のタンパク質精製に基づいています。しかし、実際に得られる抽出コラゲナーゼは、2つのコラゲナーゼアイソフォーム(クラスI/II)が異なる割合で、多くのプロテアーゼを含み混合しています。
この組成と残留トリプシン様活性の変動は、予測不可な酵素効率、低いバッチ一貫性、低安定性の要因となり、細胞抽出の効率や再現性およびプロトコルの標準化に欠点を引き起こす可能性があります。これまで多くの研究者がこの問題に直面しており、ロット選択やコラゲナーゼとプロテアーゼの混合を微調整するために試行錯誤しました。
そこで、Abiel社は、細胞分離の再現性のあるプロトコル標準化を実現し、細胞の収量および生存率を高める様に設計された次世代コラゲナーゼを提供します。


組換えコラゲナーゼ

Abiel社の組換えコラゲナーゼは、特許技術により、C.Histolyticum由来の遺伝子をE.Coli BL21-AI株で組み換え合成することにより得られたコラゲナーゼで、N末端にマルトース結合タンパク(MBP)タグが付いています。
これらの製品は、アフィニティー精製により精製され、高純度、高安定性、ロット一貫性、動物由来成分およびエンドトキシンフリーです。本製品は、すべての組織に適しており、幹細胞や初代細胞を分離することができます。

◆アビエルの組換えコラゲナーゼの特長

≫再現性:バッチ間のばらつきを回避
≫一貫性:各実験からの一貫した結果
≫エンドトキシンフリー:細胞へのオフシュート毒性なし
≫高純度(>99%):混入しているプロテアーゼが少なく、過剰な消化を抑制
≫試薬の柔軟性:プロトコルに合わせ、特定の配合で試薬を混合可能
≫高い安定性(最大3年):凍結乾燥品で提供、プロテアーゼによる自己分解なし
≫コスト削減:標準化された結果を得ることができ、材料の浪費やスタッフや機器の使用を軽減

◆製品情報
製品名 COL G COL H
品番 001-001 001-002 001-003 002-001 002-002 002-003
酵素単位(Unit) 75 300 750 750 3,000 75,000
価格 お問合せ
フォーマット 凍結乾燥品
保管温度 -80℃
(再構成後は、-20℃もしくは-80℃)
アプリケーション COL G あるいは COL H は、肝臓、膵臓、心臓、軟骨、および脂肪組織などからの幹細胞や初代細胞の分離に適しています。2つを組み合わせて使用すると、in vitro および ex vivo での細胞抽出収率と生存率を向上させることができます。
酵素活性 ≧3.0 Units/mg ≧30.0 Units/mg
製品詳細 マニュアル
※弊社の取り扱うAbiel社製品は、全て試験研究用試薬です。
  人体への使用はできませんので、ご注意ください。

◆使用方法

1. 凍結乾燥した COL G および COL H 酵素をバイアルに直接注入して、組織解離バッファーで再構成することをお勧めします。沈殿を避けるため、30 U/ml(COL G)または、300 U/ml(COL H)の酵素濃度を超えない様にしてください。
2. バイアルを氷上に置き、酵素が完全に溶解するまで定期的に振とうします。
3. 無菌化のために、0.22μmメッシュでろ過します。
4. 特定の活性比で COL G と COL H の混合溶液を準備し、自身のプロトコルのワーキングソリューション濃度に従って希釈します。
5. 特定の用途に応じて、4℃で混合物にプロテアーゼを追加します。サーモリシン、プロナーゼまたは中性プロテアーゼ/ディスパーゼを通常使用することができます。酵素ブレンドでの触媒プロセスを避けるために、プロテアーゼは使用直前に添加する必要があります。プロテアーゼの量は、酵素混合物の攻撃性を定義します。
※製品やプロトコルに関する不明点は、フィルジェンまでお問合せください。


細胞分離キット


本製品は、COL G または COL H と、サーモリシンのセット品です。
3回分のアッセイ試験を行うことができ、高度に予測可能な酵素効率で完全に再現性のある標準化された混合を可能にします。

※上記以外の試薬はキットに含まれていません。プロトコルをご確認の上、他に必要な試薬は別途ご用意ください。

◆製品情報
製品名 用途
(クリックするとマニュアルが閲覧できます。)
品番 価格
Isolation Kit Chondrocytes from cartilage
(軟骨から軟骨細胞)
003-000 お問合せ
Hepatocytes from Rat liver
(ラット肝臓から肝細胞)
004-000
MSCs from Adipose tissue
(脂肪組織からMSC)
004-001
Islets from Rat Pancreas
(ラット膵臓から膵島)
005-000
Islets from Mouse Pancreas
(マウス膵臓から膵島)
006-000
Cardiomyocytes from Rat Heart
(ラット心臓から心筋細胞)
007-000
※弊社の取り扱うAbiel社製品は、全て試験研究用試薬です。
  人体への使用はできませんので、ご注意ください。

お問い合わせ 試薬部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2021 Filgen, Inc. All Rights Reserved.