製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報科学機器>NanoCellect Biomedical社製 マイクロフルイディクス型セルソーター&シングルセルディスペンサー

製品・サービス情報

  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
+ NanoCellect Biomedical
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ

※WOLF Cell Sorter 30%OFF 特別キャンペーン実施中! 先着5台限定
 ⇒キャンペーンちらし(PDF)
NanoCellect Biomedical社製品
マイクロフルイディクス型セルソーター&シングルセルディスペンサー

WOLF
® Cell Sorter & N1® Single Cell Dispenser
すべてのラボに最新のセルソーティングを / WOLF® Cell Sorter / N1® Single Cell Dispenser / WOLFViewer / カートリッジ / アプリケーション / 製品資料・ウェビナー情報 / カタログダウンロード / 価格 / お見積り依頼・お問合せ

NanoCellect Biomedical (米国)は、軽量・コンパクトなベンチトップサイズのマイクロフルイディクス型セルソーター「WOLF® Cell Sorter」、及びシングルセルディスペンサー「N1® Single Cell Dispenser」を販売しています。従来のフローサイトメトリーよりもストレスフリーに細胞を回収するため、細胞の生存率と増殖率を向上させます。NanoCellect Biomedical社の画期的な製品は、シングルセルゲノミクス解析や抗体発見、培養細胞株開発、ゲノム編集を支援します。



すべてのラボに最新のセルソーティングを


最先端の研究には最新の技術が求められますが、
WOLFには従来のフローサイトメトリ―を過去のものにする革新的な技術が使用されています。

WOLFの革新的技術は、デリケートな細胞でも増殖率・生存率を大きく損ねることなくソーティングすることを可能にします。また、ソーティングをカートリッジ内で行うため、有害なエアロゾルが発生せず、作業者の健康を守ります。このカートリッジは使い捨て式なため、複雑なメンテナンスは不要で、サンプル間のコンタミネーションを心配する必要もありません。

WOLFは、革新的な製品でありながら、非常にコンパクトです。わずかな実験スペースに設置することができ、クリーンベンチ内に設置すれば無菌的環境で作業することが可能です。装置を制御するソフトウェアは、ユーザー目線で開発されているため、
初心者でもこの最新の技術を体験することができます。


WOLF® Cell Sorter


【特長】

高い細胞増殖率・生存率


WOLFのソーティング圧力は、2psi未満です。これは、従来のセルソーターで一般的な圧力(20~70psi)と比較すると、非常に弱いことが分かります。この非常に弱い力でソーティングを行うことで、細胞にかかるストレスを大きく軽減し、その増殖率・生存率を維持します。ソーティングは2方向で実施することが可能ですので、サンプル中の2種類までの細胞を回収することが可能です。

コンタミネーションフリー・エアロゾルフリー(安全)

使い捨て式のカートリッジにより、サンプル間のクロスコンタミネーションのおそれがありません。また、カートリッジ内でソーティングを行うため、従来のセルソーターの様にエアロゾルが発生しません。感染性のあるサンプルを扱っても、エアロゾルによる曝露の心配はありません。

ベンチトップサイズ(無菌的環境での実験も可能)

WOLFは、非常にコンパクトなデザインですので、実験スペースを大きくとることはありません。クリーンベンチ内に設置することで、無菌的な環境で作業することが可能です。

簡単操作

ユーザー目線で開発された製品ですので、初心者でもすぐにお使いいただけます。

シングルセル分注(N1との連携)

専用のシングルセル分注器「N1」(別売)と連携することで、増殖率・生存率を維持した細胞をマルチウェルプレートにシングルセル分注することが可能です。シングルセル分注の場合、WOLFでは1方向ソーティングを行いますので、1種類の細胞を分注します。

【内部構造】
搭載レーザー:
・488nm×1(30mW)

散乱光:
・前方散乱光
・側方散乱光

蛍光チャネル:

・525±25nm
・585±20nm
・665nm Longpass

【製品イメージ・紹介動画】

外観1(正面)

外観2(カートリッジとサンプルの取付イメージ)

外観3(左側面)

外観4(右側面)


製品紹介動画


N1® Single Cell Dispenser


【特長】

目的細胞を簡単にシングルセル分注

N1 は、WOLFでソーティングされた細胞をそのままマルチウェルプレートにシングルセル分注することができます。WOLF上で分注する細胞を指定するだけで、目的細胞のソーティングとシングルセル分注が実行されます。WOLFとN1があれば、簡単に目的細胞のシングルセル分注を行うことができる様になります。

優れたシングルセル分注効率・細胞生存率でクローニングを効率化

N1のシングルセル分注効率はとても優れています。ビーズやCHO細胞を96ウェルプレート及び384ウェルプレートに分注した実験では、90%以上のウェルに1個又は1細胞が分注されていました(図1)。

シングルセル分注効率が高いだけでは、クローニングの効率化に十分とは言い切れません。分注した細胞が増殖することも重要です。N1で分注する細胞は、WOLFで非常に弱い力(2psi未満)でソーティングされているため、分注後もその生存率や増殖率が大きく損なわれることがありません。CHO細胞をシングルセル分注した実験における細胞の outgrowth は約86%でした(図2)。

WOLFによる低圧化ソーティングとN1の優れたシングルセル分注によって、クローニング効率を高めることが可能です。

コンパクト(無菌的環境でのシングルセル分注

N1は、WOLFよりもコンパクトですので、共にクリーンベンチ内に設置して使用することができます。

2種類のモデル(通常モデルとProモデル)

N1は、96ウェルプレートに対応した通常モデルの他に、96ウェルプレートと384ウェルプレートの両方に対応したProモデルの2種類が用意されています。


図1. N1のシングルセル分注効率(A)。シングルセル分注後の増殖率(B)。

製品イメージ・紹介動画】

外観1(正面)

外観2(右側面、96ウェルプレート設置後)

外観3(上面、96ウェルプレート設置後)

外観4(シングルセル分注ヘッドの取り付け)


製品紹介動画


WOLFViewer


ユーザー目線で開発されたWOLF&N1用のソフトウェア

WOLFViewerは、WOLFとN1を制御するためのソフトウェアです。初心者でもすぐに操作を習得できる様にデザインされていますので、使いこなせる様になるまで時間はかかりません。

実験操作をステップごとに案内

WOLFViewerでは、操作のボタンがワークフロー形式で表示されていますので、基本的に順番通りにクリックしていくだけで、一連の作業を完了させることが可能です。

サードパーティー製ソフトウェアとの互換性(FCSファイルの出力)

WOLFViewerのデータは、フローサイトメーターで一般的なファイル形式(FCSファイル)として出力することができます。このため、他社製品のソフトウェアで解析することも可能です。


【製品イメージ】
 
操作画面


カートリッジ


WOLFの革新性の秘密は、その使い捨て式のカートリッジに内臓されたマイクロ流路とピエゾアクチュエーターにあります。


カートリッジで起きていること
1. 細胞はマイクロ流路を通り、レーザーが照射されます。
2. 検出された散乱光や蛍光に基づいて、ソーティングジャンクションにあるピエゾアクチュエーターが駆動します。
3. 駆動したアクチュエーターによって、目的の細胞をそれぞれのチャネルにソーティングします(※1)。

2種類のカートリッジ(バルクとシングルセル)
バルクソーティング用: 通常のソーティングで使用します。
シングルセルソーティング用: シングルセル分注の際に使用します(※2)。
安全・清潔・簡単
エアロゾルフリー: ソーティングはカートリッジ内で行うため、エアロゾルが発生しません。
コンタミフリー: 使い捨て式なので、サンプル間のコンタミのおそれがありません。
クリーン: カートリッジは滅菌個包装で、サンプルやシース液の触れる部分はすべて使い捨てです。
メンテナンスフリー:使用後はWOLFから取り外して廃棄するだけなので、煩雑なメンテナンス作業がありません。

※1  WOLFでは2方向のソーティング、1方向のシングルセルソーティング(※2)が可能です。
※2  WOLF用シングルセルディスペンサー「N1」(別売)が必要です。

【製品イメージ】
 
外観1(※)

 
外観2(WOLFへの取り付けイメージ)


※実際のカートリッジには、サンプル液やシース液をカートリッジに流すためのチューブが、あらかじめ取り付けられています。


アプリケーション

シングルセルゲノミクス / 抗体試薬開発 / 培養細胞株開発 / ゲノム編集

【シングルセルゲノミクス】


より優れたシングルセルシークエンスデータの取得


ゲノミクス研究は過去10年間で劇的に進歩し、多くの手法が登場しましたが、組織中に含まれる細胞集団をまとめて解析していました(バルク解析)。このため、組織が様々な細胞集団から構成されていても、得られるのはそれらが平均化された情報でした。こうしたバルク解析の課題を解決する手段として、1細胞づつ解析するシングルセルシークエンス法が登場しました。

シングルセルシークエンス法では、生きた細胞を、なるべくストレスを与えずにシングルセル化することが重要です。サンプルから死細胞やデブリを除き、またDNAやRNAの統合性を保った健康な細胞をシークエンスすることが、より優れたデータの取得につながると考えられます。WOLFでは、サンプル中から死細胞やデブリを除くだけでなく、さらには目的の細胞を選択し、細胞に強いストレスを与えることなく回収することが可能です。

WOLFの恩恵は、例えば以下の製品で受けることができます。
・illumina社やThermoFisher社の次世代シークエンサー
・10X Genomics社やFluidigm社のシングルセル解析システム
・QIAGEN社やTakara Bio社のプレートベースのRNA-seqキット

WOLF&N1は、10X Genomics社 Chromium システム対応品

WOLF &N1 は、10X Genomics社の Chromium システムに対応した製品として、同社から認められています。Chromiumシステムでの解析時にWOLFでサンプル中から死細胞やデブリを除くことで、健康な細胞にシークエンスリソースを集中させることができます。

【抗体試薬開発】


モノクローナル抗体開発の効率化

抗体医薬・試薬の開発では、マルチウェルプレートへのシングルセル分注が必要ですが、限界希釈法に依存している場合、その効率は低く、ばらつきもあります。このため、目的クローンを得るためにプレート数を増やす必要がありますが、そうなると試薬の消費量や作業に要する時間も増加してしまいます。WOLFとN1は、限界希釈法が持つこうした課題を解決します。

WOLFとN1では、健康な細胞を効率よく96ウェルプレート(又は384ウェルプレート)にシングルセル分注することができるため、限界希釈法で費やされていた時間や試薬消費量の節約に貢献します。また、ソーティングとシングルセル分注は自動で行われるため、実験に要する手間も減らすことができます。

WOLFとN1は、抗体開発の効率化に貢献する優れた能力を持つ上に、クリーンベンチ内に設置できるほどコンパクトなので、無菌的環境で作業することもできます。シングルセル分注に使用するカートリッジは、使い捨て式ですので、サンプル間のクロスコンタミネーションのおそれもありません。

【培養細胞株開発】


培養細胞株作製の効率化

培養細胞株の作製には、限界希釈法やセルソーターが使用されますが、シングルセル化の効率が低かったり、ソーティング時の強いストレスで細胞の生存率や増殖率を損ねてしまったりなど、課題があります。シングルセル化の効率が低いと目的のクローン数を得るために必要な試薬量や手間が増え、ソーティング時の強いストレスは細胞を死なせてしまうことすらあり、それまでの労力と時間を無駄にしてしまいます。これらの課題は、いずれも培養細胞株の作製効率を低下させます。

WOLFとN1を用いたシングルセル分注では、細胞の健康を維持したまま96ウェルプレート(又は384ウェルプレート)に目的の細胞を回収することが可能です。非常に弱いソーティングの圧力(2psi未満)と優れたシングルセル分注効率によって、培養細胞株の作製効率を向上させます。

WOLFとN1は、培養細胞株作製に貢献する優れた能力を持ちながらも、複雑な操作は要求されません。従来法が持つリスクの軽減とワークフローの効率化によって、これまでに要した時間と手間を削減します。また、その大きさはクリーンベンチ内への設置も可能にし、無菌的環境での作業も実現します。

【ゲノム編集】

デリケートな細胞のソーティングに伴うリスクの軽減

ゲノム編集した細胞を従来の高圧力なセルソーターでソーティングすると、細胞によってはその後増殖せずに死んでしまったりすることがあります。この様な結果になってしまった場合、それまでに掛けた時間や労力が無駄になってしまいます。WOLFやN1では、こうしたリスクの軽減に役立ちます。

WOLFとN1を連携させることで、生きた細胞を96ウェルプレート(又は384ウェルプレート)にシングルセル分注することができます。
WOLFは、従来のセルソーターよりも非常に弱い圧力(2psi未満)でソーティングするため、デリケートな細胞でも生存率や増殖率への悪影響を軽減することが可能です。これに優れたシングルセル分注効率を持つN1を組み合わせることで、ゲノム編集細胞株の樹立の成功率を高めます。

WOLFとN1は、ゲノム編集細胞株の樹立に貢献する優れた能力を持ちながらも、簡単に使用することが可能です。従来法のリスク軽減とワークフローの効率化によって、これまでに要した時間や手間を削減します。また、その大きさはクリーンベンチ内への設置も可能にし、無菌的環境での作業も実現します。


製品資料・ウェビナー情報


NanoCellect社のウェブサイトでは、豊富なアプリケーションノートやウェビナーなどを公開しています。
製品資料(アプリケーションノート、ポスターなど)
ウェビナー


カタログダウンロード


NanoCellect社製品の日本語版カタログは、以下のリンク先よりダウンロードできます。


ダウンロード(PDF)


お見積り依頼・お問合せ


WOLF® Cell Sorter や N1® Single Cell Dispenser に関するお見積り依頼・お問合せについては、以下までご連絡ください。

Phone: 052-624-4388(平日9:00~18:00)
E-mail: si-support@filgen.jp


価格


お問合せください。(si-support@filgen.jp


注意事項


本製品は研究用です。診断用途ではご利用頂けません。
本ウェブページは、製造元である NanoCellect Biomedical 社のウェブサイト情報を利用して作成されています。
翻訳には、最新の注意を払っていますが、本ウェブページに誤訳等があっても、弊社は責任を負いかねます。
本ウェブページに掲載されている内容は、予告なく変更されることがあります。


(関連製品)
 シングルセルシークエンス解析:Tapestri Platform

お問い合わせ 科学機器部: si-support@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2020 Filgen, Inc. All Rights Reserved.