製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>GenTarget社製 レンチウイルス関連製品/Expression lentiviral particles

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
+ GenTarget
- Expression lentiviral particles
- その他 レンチウイルス関連製品
- Pre-made expression Adenovirus
- ご購入確認書(PDF)
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


GenTarget社製 レンチウイルス関連製品
Expression lentiviral particles
Expression lentiviral particles / その他 レンチウイルス関連製品 / Pre-made expression Adenovirus / ご購入確認書(PDF)


製品の概要

GenTarget社製「Expression lentiviral particles」は、レンチウイルスシステムを利用した遺伝子導入ツールです。プレメイドのレンチウイルス粒子は、目的遺伝子、マーカー遺伝子を含んでおり、これらを初期培養細胞や非分裂細胞を含む広い範囲の細胞タイプに導入・発現させることができます。これらのレンチウイルス粒子は、他の試薬の混合や添加を必要とせず、培養細胞に特定の量のレンチウイルス粒子を直接加えるだけで、容易に使用することができます。細胞内に導入された遺伝子の発現は、蛍光タンパク質の蛍光によって顕微鏡下で観察することができます。


製品のラインナップと価格 / ご購入確認書


製品のラインナップ・価格一覧(Excel形式)
ご購入確認書(PDF)
*Expression lentiviral particles製品をご購入頂く際は、「ご購入確認書」にご記入の上、ご提出して頂く必要があります。
レンチウイルス粒子の使用には、バイオセーフティーレベル2以上が推奨されます。


特長


哺乳類の細胞において、幹細胞・初代培養細胞・非分裂細胞の様な様々な種類の細胞に使用することができます。
Ready-to-useで細胞に直接加えるだけで感染させることができ、簡単に使用できます。
導入の際に脂質やトランスフェクション試薬を必要としません。
TetRの存在下で、テトラサイクリンによる目的遺伝子の発現誘導が可能です。
単一ウイルス粒子の複製を防ぐために、自己不活性化させているため、使用上安全な製品です。
分裂細胞と非分裂細胞において、1×10e7 IFU/ml、またはそれ以上の高タイターで感染します。
蛍光タンパク質を通じて、目的遺伝子の発現をリアルタイムでモニターすることができます。


用途


遺伝子導入が困難とされる細胞タイプへの遺伝子導入
細胞内での遺伝子の発現量の制御が必要な実験での利用
長期に渡って高い発現を示す遺伝子を有する、安定した細胞株の作製
初期培養細胞、非分裂細胞での遺伝子発現
トランスジェニックアニマルの作製
オルガネラを標的とした、細胞内区画局在的な分析での利用


本製品に使用されているプロモーター及びベクターの発現システムについて


GenTarget社製「Expression lentiviral particles」には、GenTarget社が開発した「suCMVプロモーター」、及び「inducible expression lentiviral system」、「SureTiter(TM) lentiviral system」の発現システムが使用されています。
【suCMVプロモーター】
GenTarget社のプレメイドレンチウイルス粒子類と、「Eco-PCR cloning expression vector」には、GenTarget社の登録商標である、「suCMVプロモーター」が使用されています。suCMVプロモーターは、GenTarget社が開発した、高い転写・翻訳活性を持つプロモーターです。
suCMVプロモーターは、高い転写・翻訳活性を得るために、ワイルドタイプのCMVプロモーターにおいて、いくつかの要素の改善をもとに設計されています。
【inducible expression lentiviral system】
「inducible expression lentiviral system」は、「suCMVプロモーター」を基にした、テトラサイクリンによる遺伝子発現誘導が可能な発現システムです。この発現誘導は任意で行うことができ、「inducible expression lentiviral system」では、誘導システムを使用せずに、通常通りに遺伝子発現を行わせることもできます。
【SureTiter(TM) Lentiviral System】
「SureTiter
(TM) Lentiviral System」は、より簡便で信頼できるレンチウイルスのタイターモニタリングのために、GenTarget社が構築した新しいレンチウイルスベクターです。レンチウイルスのタイターを測定する上で、目的配列と蛍光タンパク質を共発現するベクターを用いて、その蛍光タンパク質の蛍光を測定する方法は、簡便で直接的な方法です。しかし、これは、レンチウイルス粒子の構造に依存するという難点があり、目的遺伝子の発現量と蛍光タンパク質の発現量のより正確な関係を得るためには、目的遺伝子と蛍光タンパク質遺伝子が同じプロモーターから転写される必要があり、さらに、発現後のそれらのモル比が等しくなければなりません。
従来、同じプロモーターからの2つのタンパク質の発現(バイシストロンな発現)は、IRES(Internal Ribo-somal Entry Sites)が使用されていましたが、IRESは、翻訳過程において、2番目の遺伝子の発現量がかなり低くなる特徴があり、このことから、IRESによる蛍光タンパク質の発現量は、必ずしもウイルスのタイターを反映することができないということになります。GenTarget社製「SureTiter(TM) Lentiviral transfer vector」は、口蹄疫ウイルスに由来する2A self-processing peptide(短い自己プロセッシング性ペプチド)によって、目的遺伝子と蛍光タンパク質遺伝子が結合された構造をしています。
2A配列は、切断部位で、酵素反応とは別のプロセスによって、自身の最後の2つのアミノ酸の間で自身を切断します。「SureTiter(TM) Lentiviral transfer vector」において、1つのORFから同じプロモーターによって転写された目的遺伝子と蛍光タンパク質遺伝子は、翻訳過程の最中において、2A配列によって分断され、最終的に2つの分離したタンパク質として発現します。これにより、目的遺伝子と蛍光タンパク質遺伝子は、等しいモル比で発現することができ、より信頼性のあるタイターの測定ができます。


製品カテゴリー
Expression lentiviral particlesは、以下の各製品カテゴリーに分類されています。


【Pre-made Lentivirus for GFP/CFP/YFP/RFP】
遺伝子導入に用いる細胞において、形質転換効率・導入遺伝子の発現効率を調べるためのコントロール用のレンチウイルス粒子です。レンチウイルス粒子は、マーカー遺伝子にGFP/CFP/YFP/RFPを搭載しているベクターを有しています。また、各ベクターに含まれている蛍光色素や薬剤耐性遺伝子、ウイルス粒子の溶媒の種類の違いなどにより、ラインナップされています。
用途 GFP/CFP/RFP/YFP/ルシフェラーゼを安定して発現する細胞系の構築
GFP/CFP/RFP/ルシフェラーゼの蛍光のモニターよる、細胞の形質転換効率・導入遺伝子の発現効率の調査
遺伝子導入を行ったことのない細胞に対して、遺伝子導入が可能かどうかを調査するために用いるコントロール遺伝子としての利用
哺乳類の細胞内で発現させた蛍光タンパク質の精製
RFPによるタイターのモニタリング
GenTarget社製「inducible expression lentiviral system」をバリデーションするためのコントロールとしての利用


【Pre-made Lentivirus for Human and mouse ORFs】

(Pre-made Lentivirus for Human genes)
本製品は、ある特定の遺伝子の高発現を示すヒト細胞株を基本材料とする実験、分析、研究において使用することができます。本製品を用いて、対象となる細胞株に特定のヒトの遺伝子を導入することで、その遺伝子を高度に発現する細胞株を作製することができ、その細胞株を基本材料とし、その細胞株に関しての分析や、その細胞株に基づいた他の実験を行うことができます。また、長期に渡って安定して高い発現レベルを有する細胞系の作製にも使用することができます。
本製品は、1種類のヒトの遺伝子を有するベクターを持つレンチウイルス粒子であり、272種類のラインナップがあります。また、本製品のベクターにはすべて、マーカー遺伝子としてブラストシジン耐性遺伝子とRFPの融合遺伝子が搭載されています。
用途 長期に渡って安定して高い発現レベルを示す遺伝子を有する細胞系の構築

(Pre-made Lentivirus for expressing mouse genes)
本製品は、マウスにおいて、上記の「Premade Lentivirus for Human genes」と同様の用途で使用される製品です。本製品は、1種類のマウスの遺伝子を有するベクターをもつレンチウイルス粒子であり、9種類のラインナップがあります。また、本製品のベクターには、すべて、マーカー遺伝子としてブラストシジン耐性遺伝子とRFPの融合遺伝子が搭載されています。
用途 長期に渡って安定して高い発現レベルを示す遺伝子を有する細胞系の構築


【Pre-made lentivirus particles for Cell Organelle imaging】
レンチウイルスは、非分裂細胞、初期細胞を含む大多数の哺乳動物細胞に遺伝子を導入する最も簡単かつ効果的な方法で、導入された遺伝子は、宿主細胞のゲノムに組み込まれ、長期的に発現させることが可能です。GenTarget社では独自のレンチウイルスベクターシステムを利用し、「LocLight(TM) sub-cellular labeling lentivirus」シリーズをラインナップしています。
これらのレンチウイルスは、蛍光タンパク質(GFP、RFPまたはCFP)と融合した細胞小器官標的シグナルが含まれており、GenTarget社独自のsuCMVプロモーターのもと発現されています。蛍光タンパク質は、細胞に無害であり、細胞の構造やシグナル経路に干渉しない様に設計されているため、生細胞の観察やシグナル経路の動的解析に優れたツールになっています。
「LocLight(TM) sub-cellular labeling lentivirus」シリーズは、余分な添加物や気質を使用する必要が無く、とても簡単に使用することが可能です。哺乳類細胞に単純に添加するだけで、蛍光タンパク質は、自動的に導入後、1~3日で特定の細胞部位に局在化され、発現を顕微鏡観察することができます。


【Pre-made Lentivirus for common markers & enzymes】
細胞内で、様々な遺伝子や酵素タンパク質を発現させることができるレンチウイルス粒子です。本製品は大きく分けて、ルシフェラーゼ、CREリコンビナーゼ、TetR、β-ガラクトシダーゼ、β-ラクタマーゼ、SV40ラージT抗原を発現するベクターを有するレンチウイルス粒子の6種類があります。それぞれのベクターは、マーカー遺伝子として蛍光タンパク質や薬剤耐性遺伝子を搭載しており、搭載しているそれらのマーカー遺伝子の種類の違いにより、さらにそれぞれ数種類の製品があります。また、これら以外のその他酵素として、Flpリコンビナーゼ、チミジンキナーゼ、tat遺伝子を発現するベクターをそれぞれ有する3種類のレンチウイルスがあります。
用途 細胞内での目的遺伝子、酵素などの発現
細胞内で発現した酵素などの精製


【Pre-made particles expression of fluorescent fusion proteins】
GFPやRFP、CFPと融合したタンパク質を発現できるレンチウイルス粒子です。蛍光タンパク質であるGFP、RFPやCFPは、ヒトやマウスのORFなどを組み込まれクローニングされた遺伝子と共に発現され、GenTarget社独自で開発されたsuCMVプロモーターにより高発現させることが可能です。導入する細胞に依存しますが、pCDNA6.3ベクターに含まれるCMVプロモーターの3~10倍高発現します。本製品は、21種類のラインナップがあり、同一細胞に複数の異なる粒子を導入して蛍光を検出するマルチカラーアプリケーションに最適です。


【Pre-made expression ready lentivirus】

(Lentiviral packaging plasmids)
本製品は、gag/pol、rev、VSVG遺伝子を発現するレンチウイルス粒子を生産するためのパッケージングプラスミドです。
本製品と、目的遺伝子を含むレンチウイルスベクターを、GenTarget社製「293TLV lentiviral packaging cells:Cat.#TLV-C」に同時導入することにより、導入後約48~72時間で、高タイター(~1×10e7IFU/ml)なレンチウイルス粒子を生産することができます。本製品は、第3世代のパッケージングプラスミドですが、第2世代のレンチウイルスシステムとも互換性を持ちます。本製品により生産されるレンチウイルス粒子は、自己複製能のないレンチウイルス粒子のため、取り扱い上安全です。

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.