製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録    
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>Mesolight(Suzhou Xingshuo Nanotech)社製品 量子ドット

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
Mesolight(Suzhou Xingshuo Nanotech)
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


Mesolight (Suzhou Xingshuo Nanotech Co., Ltd.) 製品
量子ドット(粉末、溶液、インク)
特徴 / カーボン量子ドット / カドミウムベース量子ドット / カドミウムフリー量子ドット /
水溶性量子ドット / 量子ドット球状粒子 / QLED製品 / QDCC製品


特徴


【Mesolight (Suzhou Xingshuo Nanotech Co., Ltd.) の特徴】

・量子ドットの研究開発と大規模製造において、20年の経験を持つ
・350以上の特許技術を申請し、100以上の国内外の特許認可を取得
・多用な提供形態:水溶性の官能基を有するものや、球状粒子、インクなど
・アプリケーション:オプトエレクトロニクス、ディスプレイ、バイオイメージング、照明、家庭用電化製品
・顧客の要望に応じて蛍光波長をカスタマイズ可能

【製品カタログ】

弊社が取り扱うMesolight製品を網羅して掲載しています。
製品価格につきましては、製品の仕様をご確認の上、お手数ですが弊社試薬部までお問合せください。

フィルジェン株式会社 試薬部
Phone: 052-624-4388
Fax: 052-624-4389
Mail:
biosupport@filgen.jp

カタログダウンロード(PDF)
カーボン量子ドット


カーボン量子ドットは、主に sp2 混成軌道による共役構造からなり、その大きさは10nm以下です。安全で環境に優しく、ディスプレイ、デバイス、トレーサー、生物医学、触媒などの分野に応用することができます。



PL Emission FWHM QY Solvent Amount
420±10 nm <65 nm ≧65% Ethanol 50mg
100mg

(濃度:10mg/ml)
≧60% Water
440±10 nm <64 nm ≧65% DMSO
505±10 nm <57 nm ≧26% Ethanol
<55 nm ≧21% Water
515±10 nm <36 nm ≧75% Water
528±10 nm <34 nm ≧50% Water
535±10 nm <33 nm ≧25% Ethanol
565±10 nm <36 nm ≧75% Ethanol
572±10 nm <36 nm ≧30% Water
625±10 nm <31 nm ≧20% Water
630±10 nm <48 nm ≧12% DMSO
Toluene
675±10 nm <24 nm ≧30% Ethanol


カドミウムベース量子ドット


◆セレン化カドミウム量子ドット(CdSe/ZnS QDs)

セレン化カドミウム量子ドット(CdSe/ZnS QDs) は、特殊な特許プロセスによって製造されており、発光スペクトルの半値幅が狭い、発光効率が高い、性能が安定しているといった利点があります。



PL Emission FWHM QY Solvent Amount
460±10 nm <25 nm >80% n-Heptane
n-Octane
Toluene
25mg
50mg
100mg
480±10 nm <25 nm >80%
525±10 nm <25 nm >90%
545±10 nm <28 nm >85%
625±10 nm <28 nm >90%
645±10 nm <30 nm >80%


カドミウムフリー量子ドット


◆リン化インジウム量子ドット(InP/ZnS QDs)


リン化インジウム量子ドット(InP/ZnS QDs) は、広い波長範囲、高い発光効率、優れた安定性などの利点を活かし、ディスプレイ、照明、イメージングなどの分野で応用されています。



PL Emission FWHM QY Surface Group Solvent Amount
480±15 nm <45 nm >50% Oleamine
Oleic acid
Thiol
n-Heptane
n-Octane
Toluene
25mg
50mg
100mg
525±15 nm <37 nm >75%
560±10 nm <45 nm ≧60%
600±10 nm <45 nm ≧80%
625±10 nm <45 nm ≧80%
700±10 nm <80 nm ≧50%

◆セレン化亜鉛量子ドット(ZnSe/ZnS QDs)

セレン化亜鉛量子ドット(ZnSe/ZnS QDs)の発光波長は、主に紫色光と青色光をカバーしています。QLEDに適用すると、高い外部量子効率と発光輝度を示します。



PL Emission FWHM QY Surface Group Solvent Amount
420±10 nm <20 nm >60% Oleamine
Oleic acid
Thiol
n-Heptane
n-Octane
Toluene
25mg
50mg
100mg
450±10 nm <22 nm >60%

◆硫化鉛量子ドット(PbS QDs)

硫化鉛量子ドット(PbS QDs)は、ボーア半径が大きく、量子効果が大きいため、その発光スペクトルは近赤外域をカバーすることができます。また、大量生産しやすいという利点もあります。



PL Emission FWHM QY Amount
850±50 nm 120-150 nm >30% 50 mg
100 mg
300 mg
950±50 nm
1050±50 nm
1150±50 nm
1250±50 nm
1350±50 nm
1450±50 nm
1550±50 nm

◆ペロブスカイト量子ドット

ペロブスカイト(CsPbX3, X=Cl, Br, I)量子ドットは、半値幅が狭く、蛍光量子収率が高いうえに、スペクトル範囲を調整できるという利点を有します。この量子ドットは、ディスプレイ、照明、レーザー、太陽電池、光検出器などに広く利用されています。



・組成から選択
Component PL Emission FWHM QY
CsPbCl3 410±10 nm <20 nm >30%
CsPbBr3 510±10 nm <30 mn >80%
CsPbI3 670±10 nm <40 nm >60%

・波長から選択
PL Emission Component FWHM QY
410-515 nm CsPb(Cl/Br)3 <30 nm >30%
515-670 nm CsPb(Br/I)3 <40 mn >60%


水溶性量子ドット


水溶性量子ドットは、特殊な表面修飾により、生体適合性に優れ、非特異的吸着が小さく、高い量子収率、安定した光学特性、狭い発光スペクトルを有しています。また、生体分子(抗体、タンパク質、核酸など)との結合が容易であり、新世代の蛍光標識プローブの最適な選択肢となります。

◆水溶性リン化インジウム量子ドット(Water-soluble InP/ZnS QDs)



PL Emission FWHM Surface Ligands QY Amount
525±15 nm <37 nm MPA
(3-Mecaptopropionic acid)
PEG-COOH
>40% 10 nmol
20 nmol
30 nmol
560±15 nm <45 nm >40%
600±15 nm <45 nm >40%
625±15 nm <45 nm >40%
700±15 nm <100 nm -

◆水溶性セレン化カドミウム量子ドット(Water-soluble CdSe/ZnS QDs)



PL Emission FWHM Surface Ligands QY Amount
450±10 nm <25 nm MPA1), CA2), GSH3) >50% 10 nmol
20 nmol
30 nmol
PEG-COOH, PEG-NH2 >40%
470±10 nm <25 nm MPA, CA, GSH >50%
PEG-COOH, PEG-NH2 >40%
500±10 nm <25 nm MPA, CA, GSH >50%
PEG-COOH, PEG-NH2 >40%
525±10 nm <25 nm MPA, CA, GSH >70%
PEG-COOH, PEG-NH2 >60%
545±10 nm <28 nm MPA, CA, GSH >70%
PEG-COOH, PEG-NH2 >60%
625±10 nm <28 nm MPA, CA, GSH >70%
PEG-COOH, PEG-NH2 >60%
645±10 nm <30 nm MPA, CA, GSH >70%
PEG-COOH, PEG-NH2 >60%
1)3-Mecaptopropionic acid, 2)Cysteamine, 3)Glutathione

◆水溶性カーボン量子ドット(Water-soluble CQDs)

その他のカーボン量子ドットにつきましては、カーボン量子ドット(CQDs)をご参照ください。

PL Emission FWHM QY Amount
420±10 nm <65 nm ≧60% 50 mg
100 mg

(濃度:10mg/ml)
505±10 nm <55 nm ≧21%
515±10 nm <36 nm ≧75%
528±10 nm <34 nm ≧50%
572±10 nm <36 nm ≧30%
625±10 nm <31 nm ≧20%


量子ドット球状粒子


Mesolight の量子ドット球状粒子では、量子ドットを無機材料に埋め込むことで外部環境の影響を受けにくくなり、安定性と検出感度を大幅に向上させることができます。また、表面に親水性コーティングを施すことにより、生体適合性に優れ、非特異的吸着が少ない、高感度な生体検出用材料となります。

均一なシェルと高い剛性
医薬品、食品、薬物など様々な資料の条件下で、蛍光の減衰がなく、性能が安定。室温で2年間保存可能。
高い蛍光強度、85%以上の量子収率、光ブリーチングへの高い耐性
感度が高く、フェムトレベルの検出試薬の開発を支援
均一な粒子径とバッチ間での一貫性
時間分解測定と互換性があり、ダイレクトに置換可能





◆量子ドット球状粒子(Quantum Dots Microsphere)
PL Emission FWHM QY Particle Size Surface Group Amount
525±10 nm <25 nm >85% 200±15 nm -COOH 10 mg
20 mg
50 mg
615±10 nm

◆量子ドット磁性球状粒子(Quantum Dots Magnetic Microsphere)
PL Emission FWHM QY Particle Size Surface Group Amount
525±10 nm <25 nm >85% 250±15 nm -COOH 10 mg
20 mg
50 mg
615±10 nm


QLED製品


◆QLED量子ドット

QLED量子ドットは、純粋な光色と調整可能な波長により、新しいタイプのディスプレイ技術材料となっています。スピンコート法は、量子ドット材料の特性を評価できるだけでなく、照明デバイスの大面積化のための基本的なプロセスでもあります。Mesolightは、数十年にわたるナノ材料と固体量子ドット材料合成技術の分野で深く培われた技術を基に、高品質の製品とプロセス用途の全体的なソリューションを提供しています。
QLEDのサポート製品である ZnMgO NPs は、特許技術によって調整されています。透過率 98%以上の ZnMgO NPs は、可視光の吸収が弱く、電子注入障壁を増加させ、キャリア注入のバランスをとることができます。



【Zn(Mg)O 溶液】

Solvent Particle Size Concentration Amount
Ethanol ~5 nm 25 mg/ml 50mg,100mg

【カドミウムベース QLED】

Color Vt
(V)
EL
(nm)
FWHM
(nm)
CE
(cd/A)
EQE
(%)
L
(cd/m2)
Lifetime
(@1000nits)
Amount
Blue <2.4 465±5 <25 5~8 8~13 500~1000@3V T50>10h 25mg
50mg
100mg
Green <2.2 530±5 <25 60~80 15~20 20000~30000@3V T50>10000h
Red <1.8 625±5 <28 20~30 15~25 10000~20000@3V T95>15000h

【リン化インジウムベース QLED】

Color Vt
(V)
EL
(nm)
FWHM
(nm)
CE
(cd/A)
EQE
(%)
L
(cd/m2)
Amount
Green <2.2 525±10 <45 12~16 10~14 10000~15000@4V 25mg
50mg
100mg
Red <2.0 625±10 <45 40~50 10~12 3000~5000@4V

【セレン亜鉛ベース QLED】

Color Vt
(V)
EL
(nm)
FWHM
(nm)
CE
(cd/A)
EQE
(%)
L
(cd/m2)
Amount
Blue <3.8 455±10 <40 8~12 8~12 1000~2000@5V 25mg
50mg
100mg

◆IJP に適した QLED インク

IJP プロセスはシンプルであり、大型パネルの作成を容易にするため、ディスプレイパネル製造の主流技術となっています。Mesolight は、長年にわたり QLED の IJP インクとプリントプロセスの研究開発に注力してきました。中国の大手パネルメーカーである BOE は、Mesolight の QLED QD と ZnO インクを用いて、5/14インチ AMQLED ディスプレイを初めてプリント・作製し、SID 2017 国際展示会において「2017 Best Display Show」賞を受賞しました。また、Mesolight は、関連するサポート製品、サービス、プロセスソリューションを提供しており、パネルメーカーと協力して、インク開発、プリントプロセスのデバッグ、印刷機のレンタルサービスなども積極的に行っています。



【カドミウムベース量子ドット IJP インク】

Color PL
(nm)
FWHM
(nm)
QY
(%)
Viscosity
(mPa・s)
Surface tension
(mN/m)
Concentration
(mg/ml)
Blue 465±5 <25 >65 5.5±1.0 29.0±1.5 30.0±5.0
Green 525±5 <25 >80
Red 625±5 <28 >85

【リン化インジウムベース量子ドット IJP インク】

Color PL
(nm)
FWHM
(nm)
QY
(%)
Viscosity
(mPa・s)
Surface tension
(mN/m)
Concentration
(mg/ml)
Green 525±5 <45 >70 5.5±1.0 29.0±1.5 30.0±5.0
Red 625±5 <45 >70

【ZnMgO ナノ粒子 IJP インク】

Viscosity
(mPa・s)
Surface tension
(mN/m)
Concentration
(mg/ml)
6.0±1.0 28.0±1.5 40±5


QDCC製品


◆QD-PR 溶液

Mesolight の QD-PR 溶液は、QD、PGMEA、フォトレジスト、その他の特殊な表面処理剤など、様々な材料で構成されています。フォトリソグラフィープロセスに対して安定で耐性があるため、一定の変換効率を維持したまま、パターニングを達成することができます。高い発光スペクトル純度と光変換効率、大きな発光スペクトル範囲と消衰係数、良好な膜形成、多様な製品タイプ、高い固定成分含量、高い互換性などの特長があります。QD-OLED, QD-MLED, QDCF-LCD などの新世代ディスプレイデバイスの作製に適しています。



【カドミウムベース QD-PR】

Color PL
(nm)
FWHM
(nm)
QY
(%)
Amount Film Performance
450 nm Abs EQE(%)
Green 525 <25 >80 10-40 O.D.>0.2/μm ~50
Red 630 <30 >80 10-40 O.D.>0.2/μm ~45

【リン化インジウムベース QD-PR】

Color PL
(nm)
FWHM
(nm)
QY
(%)
Amount Film Performance
450 nm Abs EQE(%)
Green 525 <40 >70 10-40 O.D.>0.1/μm ~35
Red 630 <45 >70 10-40 O.D.>0.2/μm ~35

◆IJP に適した QDCC インク

Mesolight の QDCC インクは、特殊な表面処理を施した QD、UV 硬化型ポリマー樹脂、光散乱粒子など、様々な材料から製造されています。QD-OLED、QD-mLED、QDCF-LCD などの新世代のディスプレイデバイスの作成に適しています。
2019年、Mesolight は、中国のディスプレイ企業と協業して 6 インチ QD-OLED の試作品をインクジェットプリントで作成し、国際展示会に登場して業界の注目を集めました。



【カドミウムベース QDCC IJP インク】

Color PL
(nm)
FWHM
(nm)
QY
(%)
Film Performance
450 nm Abs EQE(%)
Blue 460 <25 >80 O.D.=0.1-0.2/μm 30-40
Cyan 480
Green 530 O.D.=0.1-0.3/μm 40-50
Yellow 580
Red 630

【リン化インジウムベース QDCC IJP インク】

Color PL
(nm)
FWHM
(nm)
QY
(%)
Film Performance
450 nm Abs EQE(%)
Green 525 <45 >70 O.D.>~0.1/μm 30-40
Red 630 O.D.>~0.2/μm

お問い合わせ 試薬部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2022 Filgen, Inc. All Rights Reserved.