製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス>ELISA受託解析

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・ELISA・EIA
デジタルELISA(Simoa)
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


ELISA・EIA 受託解析サービス

R&D Systems®, RayBiotech, Enzo Life Sciences(Assay Designs), Phoenix Pharmaceuticals, Thermo Fisher Scientific(invitrogen
TM), GE healthcare bioscience, GenWay Bitotech, Cloud-Clone, BioVendor, Boster Biological Technology, MyBioSource, Kamiya Biomedical Company社などのELISA・EIAキットを用いて、マイクロプレートリーダー Emax(Molecular Device製)により、タンパク質の定量解析を行います。
解析作業は、弊社受託解析センター(名古屋)にて行います。
 


特長
製品評価が高い、R&D Systems®/RayBiotech/Enzo Life Sciences(Assay Designs)/Phoenix Pharmaceuticals/ThermoFisher Scientific/GE healthcare bioscience/GenWay Biotech/Cloud-Clone(旧Uscn Life Science)/Wuhan EIAab Science/BioVendor/Boster Biotechnology/MyBioSource/Kamiya Biomedical Company社などのELISA・EIAキットを使用します。
それ以外のメーカーのELISAキットにも対応いたしておりますので、お問い合わせください。

ELISA受託解析/Molecular Device社製 Emax


Emax(Molecular Device社製)
論文掲載数も数多いMolecular Device社製の解析装置Emaxを用いて解析を行います。
1サンプルに付き、デュプリケート(2点)あるいはトリプリケート(3点)で計測し、より精度の高い結果をご提供致します。
解析に用いる液量やWell数の指定をご希望の方にも対応します。
サイトカインをはじめ、多様なタンパク質の定量を行います。
各メーカーの「プレート及び価格リスト」を左のメニューでクリックし、ご参照ください。


概要について


概要
スタンダードカーブ(検量線)は、トリプリケートでの測定により、作成致します。
1プレートでの最大測定検体数は、以下の通りです。
 トリプリケート測定の場合:最大24検体/プレート
 デュプリケート測定の場合:最大36検体/プレート
 シングルケート測定の場合:最大72検体/プレート
キットの一部は、スタンダードポイントが多いために、最大測定可能検体数が少ないものがございます。
各社のManualをご確認ください。
測定希釈倍率について
ご希望キットの最新プロトコールを事前にご確認の上、測定希釈倍率を必ずQCシートにご記入ください。
ご記入がなく、メーカー推奨の希釈倍率が標準プロトコールに記載されている場合は、その推奨希釈倍率で測定します。
注1)サンプル融解後の固形物除去・ピペットロス・測定繰り返し数(N数)などもご考慮の上、多めのサンプルをご送付ください。サンプル量が不足した場合は、希釈倍率を適宜調整させて頂きますので、ご了承下さい。
注2)ペプチド抽出を伴うELISAキットをご希望の場合、ペプチド抽出に用いるサンプル量を基準とした測定希釈倍率をご指定ください。
【ペプチド抽出を伴う場合の記入例】
 血清サンプル○mLを用いて抽出したペプチドを○uLに再溶解し、○倍希釈して測定する。
 測定希釈倍率をご指定いただけない場合、測定をお受けできない場合があります。
解析方法について
プレートリーダー付属「SoftMax(R) Pro」を用いて、検量線作成や解析を行います。
注1)解析ソフトウェアがバージョンアップしました。事前のご指定がない限り、新バージョンにて測定・解析を行います。解析ソフトウェアの設定上、旧バージョンの測定データを新バージョンで解析することはできませんので、予めご了承下さい。
注2)キット製造メーカー独自のテンプレートを用いた解析方法などがプロトコールに記載されている場合が、一部のキットにあります。キット製造メーカー独自のテンプレートを用いた解析は行っておりませんので、予めご了承ください。
価格
価格は、各社の「ELISA Kit・価格一覧」をご参照ください。
対応測定波長(呈色)
405、450、490、540、590、650nm
備考
測定レンジや感度、サンプル準備方法や保存方法、その他注意事項については、メーカープロトコールを必ずご確認ください。
サンプルの希釈率については、プロトコールや文献をご確認の上、QCシートに記載してください。
製品に起因(抗体の反応性や特異性、ロット間差など)するデータへの影響や解釈について、弊社では判断できませんので予めご了承ください。
検量線が作成できれば、問題なく解析できたと判断いたします。サンプル測定値が検量線範囲外になった場合でも、通常通りご請求させて頂きます。また、再実験をお申し込みいただく場合も、通常価格での対応となります。
ELISAキットが不良品だった場合(仕入先メーカーが不良品だと判断した場合)、プレートは弊社で再度無償でご準備致しますが、サンプルにつきましては保証できませんので、予めご了承下さいます様お願い申し上げます。
ご注意点
測定は、複数プレート同時に行えませんので、各プレートごとに分けてサンプルをご準備ください。。
同一キットを複数枚行う場合、同一ロットにおいても、検量線やサンプルの測定値が異なる可能性があります。予めご了承ください。
弊社でご提出する解析データの使用は、研究用途に限定されます。医療診断には使用できません。
感染性や病原性のあるサンプルは、受け入れできません。
測定は、全てMolecular Device社製の解析装置Emaxで行い、検量線作成や濃度計算も装置付属のソフトウェアで行います。


使用ELISAキット・解析価格一覧


以下のELISAキット以外についても、対応致しておりますので、ご相談ください。

基本的には、ELISAキットは当社でご準備して解析いたします。
キット(以下の一覧を含む)を当社で準備して解析する場合の料金は、キットの定価+「120,000円(税別)」となります。
(以下のR&D Systems社、RayBiotech社の受託解析価格一覧表(Excel)に記載されている価格には、ELISAキットの価格も含まれており、キットの定価+「120,000円(税別)」となっています。)

キットをお客様が持ち込みする場合の解析作業料金は、「130,000円(税別)」となります。
(キット持ち込みの場合、不良品キットであった場合でも、作業料は通常通りご請求させて頂きます。代替キットをお客様より再度ご提供頂いた場合でも、作業料は再度必要となります。)

また、ペプチド抽出やカラム精製作業などが必要な場合は、別途追加料金「5,000円(税別)×検体数」が必要となります。
組織や細胞からのタンパク質抽出が必要な場合は、別途追加料金「15,000円(税別)×検体数」が必要となります。


主なELISAキットメーカー名 受託解析価格一覧表
R&D Systems®(Excel) Excel
RayBiotech(Excel) Excel
Cloud-Clone(旧Uscn Life Science) -
MyBioSource -


ELISAキットのみをご購入希望の方へ


当社では、受託解析サービスで使用しているキットのうち、以下のメーカーのELISAキットの販売も行っております。
GenWay Biotech社製 ELISAキット
Cloud-Clone(旧Uscn Life Science社)製 ELISAキット
Wuhan EIAab Science社製 ELISAキット
BioVendor社製 ELISAキット
Boster Biological Technology社製 ELISAキット
MyBioSource社製 ELISAキット
Kamiya Biomedical Company社製 ELISAキット


サンドイッチELISA法の原理(R&D Systems®社製の場合)
Step1 Step2

ELISA受託解析/サンドイッチELISAの原理

 

ELISA受託解析/R&D Systems/RayBiotech/GE healthcare/Phoenix pharmaceuticals/Assay Designs

サイトカインに特異的な抗体(Capture antibody)がマイクロプレート上にプレコートされている。試料中のサイトカインが抗体に結合する。 酵素標識抗体(Detection antibody)がサイトカイン上の2つ目のエピトープに結合し、サイトカイン-抗体複合体が形成される。
Step3 Step4

ELISA受託解析/Biosource

ELISA受託解析/検量線
基質を加えると酵素によって変換されて発色する。発色量は抗体に結合したサイトカインの濃度に比例する。


解析サンプルのご準備と送付


≫サンプル調整方法
サンプル調整方法は、プレートの種類によって、以下の内容よりも限定されている場合もあります。
サンプル サンプル調整方法
細胞培養上清 細胞培養液を回収後、遠心により固形物を除去し、分注してすぐに-20℃以下に冷凍保存。
凍結融解の繰り返しは避けてください。
血清 血清分離用チューブで回収するか、血液を30分おいて凝固させ、1000×gで15分遠心後、分注してすぐに-20℃以下に保存。凍結融解の繰り返しは避けてください。
血漿 採血後30分以内にEDTA、ヘパリン、クエン酸などの抗血液凝固剤で処理した血液を1000×gで15分遠心後、分注してすぐに-20℃に保存。
凍結融解の繰り返しは避けてください。
細胞 細胞をPBS1mLで2回洗浄後に上清を捨て、液体窒素で凍結後、ペレットを‐80℃以下に保存。
凍結融解の繰り返しは避けてください。
組織 新鮮な組織をチューブに入れ、液体窒素で凍結後-80℃以下に保存。
凍結融解の繰り返しは避けてください。

≫サンプルご準備に関する注意事項
サンプル量が足りない場合は、正確な解析が行えません。測定項目により、解析に使用する液量が異なりますので、サンプルのご送付前に、必要サンプル量を以下の「ELISA Kit・価格一覧」でご確認頂くか、弊社へお問い合わせください。
サンプルによっては、検量線から大幅にずれた値を示すことがあり、正確な定量ができない場合がございます。
原液サンプルと段階的に希釈したサンプルのご用意をお勧め致します。
ご送付頂くサンプルは、できるだけ新鮮なものをご用意下さい。
お預かりできるサンプルは、BSL2(バイオセーフティレベル2)までのものに限らせていただきます。感染性が著しく高いサンプル(HIV, HCV, HBVウイルスに感染していることが確認されている患者由来の検体など)は、お受けできませんので、ご了承ください。
ご提供頂くサンプルおよび本作業から生じる知的財産権・工業所有権・安全性・インフォームドコンセント等の問題について、弊社では一切の責を負いかねます。

≫梱包と発送に関する注意事項
サンプルの発送は、必ず、「サンプル送付方法およびご注意点(PDF)」をご参照の上、その内容に従って行ってください。
サンプルの入ったチューブ(-20℃で凍結した状態)に油性マジックでサンプル名を明記し、ビニールパックなどに入れ、ドライアイスとともに梱包してください。
QCシートをご記入後、サンプルに同封頂き、ご指定の代理店経由、あるいは直送にて、ご発送ください。
ご発送時は、冷凍宅急便をご指定ください。輸送時のトラブルに関しては、弊社ではその責任を負いかねます。
弊社営業日は、土日祝日や年末年始などを除く、平日9時から17時までとなっておりますので、サンプルの弊社到着日にご注意ください。

≫送付先
〒459-8011 名古屋市緑区定納山1丁目1409番地
フィルジェン株式会社 受託解析部 1グループ 宛
Tel 052-624-4388 Fax 052-624-4389


QCシートダウンロード

 QCシート


実験の流れ


1. ELISAプレートへスタンダード、サンプルを分注
2. 固相化抗体との反応
3. 洗浄
4. 検出抗体との反応
5. 洗浄
6. 反応基質の添加
7. 吸光度測定 ELISA受託解析/Molecular Device社製 Emax
8. 検量線作成および目的タンパク質の定量
9. 解析データ結果のご報告
データ解析結果を、CD-ROMに収めてご報告します。納期は、サンプル到着後、15~20営業日程度です。
ELISA受託解析/データCD

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.