製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス>抗体アレイ受託解析

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・抗体アレイ
RayBiotech
+ RayBio® Label-Based Antibody Array(L-Series)
+ RayBio® Glass Slide Antibody Array(G-Series)
+ Quantibody® Array(MultiPlex ELISA Array)

Full Moon BioSystems
+ Explorer Antibody Array
Pathway Antibody Arrays
+ Phospho-Specific Antibody Microarrays
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


抗体アレイ 受託解析サービス

RayBiotech

RayBio® Label-Based Antibody Array(L-Series)
RayBiotech社製 RayBio® Label-Based Antibody Arrayにより、細胞培養上清や血清中の1000種類あるいは507種類あるいは493種類のヒトタンパク質や、182種類のヒト肥満関連・アディポカイン関連タンパク質、308種類のマウスタンパク質、90種類のラットタンパク質、の相対的な量を一度に解析致します。ビオチン標識した試料中の各サイトカインをアレイ上に捕捉し、蛍光標識ストレプトアビジンを用いて、一度に検出します。

RayBio® Glass Slide Antibody Array(G-Series)
RayBiotech社製 RayBio® Human Cytokine Antibody Array G-Series により、血清・血漿・培養液・組織ホモジネート・脳脊髄液中のサイトカイン関連因子・アディポカイン関連因子・アポトーシス関連因子・血管新生関連因子を網羅的に解析します。試料中の各サイトカインをアレイ上に捕捉し、ビオチン標識した二次抗体のミクスチャーをアプライし、蛍光標識したストレプトアビジンを用いて、一度に検出します。

Quantibody® Array(MultiPlex ELISA Array)
RayBiotech社製 Quantibody® Arraysを用いて、Inflammation関連タンパク質、Th1/Th2関連サイトカイン、血管新生(Angiogenesis)関連タンパク質の発現を、各10~60種類づつ(それぞれの代表的なタンパク質)、定量的に解析を行います。1枚のスライドに、16個のアレイが配置されており、各アレイには、それぞれ10~60種類のサイトカインに対する抗体、ポジティブコントロール、ネガティブコントロールが4重にスポットされています。8アレイをブランクおよびスタンダードに使用し、残りの8アレイで10~60種類の試料を定量できます。蛍光で検出するため、化学発光法や比色法よりも高い再現性(CV<20%)で定量できます。

Full Moon Biosystems
 

Explorer Antibody Array/Pathway Antibody Arrays
ヒト656種類の抗体を搭載した網羅的解析用の「Explorer Antibody Microarray(Japan version)」、ヒト1358種類の抗体を搭載した網羅的解析用の「Signaling Explorer Antibody Array」、各研究フィールド別に関連したタンパク質群が調べられる様につくられた9種のパスウェイ別抗体アレイ「Pathway Antibody Microarrays」を使用して、細胞・組織をお預かりし、網羅的あるいは、パスウェイ別のタンパク質発現解析を行います。
サンプルから抽出したタンパク質をビオチン化してマイクロアレイに加えた後、蛍光標識ストレプトアビジンを加えることで検出します。マウス・ラットと交差する抗体も多数搭載されています。

Phospho-Specific Antibody Arrays
1318種類のタンパク質群のリン酸化を調べられる様につくられた「Phospho Explorer Antibody Array」と各研究フィールド別に関連したタンパク質群のリン酸化を調べられる様につくられた34種の「Phospho-Specific Antibody Microarrays」を使用。
細胞・組織をお預かりし、パスウェイ別の網羅的なリン酸化解析を行います。
サンプルから抽出したタンパク質をビオチン化してマイクロアレイに加えた後、蛍光標識ストレプトアビジンを加えることで検出します。マウス・ラットと交差する抗体も多数搭載されています。

受託解析サービスではなく、抗体・抗体アレイのご購入をご希望の方へ
抗体販売情報
抗体アレイ販売情報


お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.