製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録    
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報バイオインフォマティクス・ソフトウェアProtein Metrics社製 質量分析用ソフトウェア>Byos

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
+ Protein Metrics
Byos
Byonic


 弊社は、Protein Metrics 社の正規販売代理店です。

Protein Metrics社製品(タンパク質特性解析ソフトウェア)
Byos
®
バイオ医薬品特性解析ソフトウェア
Lineup / Byos® / Byonic



概要


Protein Metrics社(アメリカ:以後PMI)のByos®は、バイオ医薬品特性評価用の解析ワークフローを実行することができるソフトウェアです。Thermo Fisher Scientific社、SCIEX社、BRUKER社、Waters社、Agilent社、(株)島津製作所の質量分析装置から出力されるデータに対応し、生データの読み込みからレポート出力までを自動で実行し、バイオ医薬品開発の工程を効率化させることが可能です。Byos®を使用する際は、使用するワークフローにあわせて、同Protein Metrics社のソフトウェアのライセンスが別途必要です。

HCP(Host Cell Protein)やADC(Antibody Drug Conjugate)の検出など、バイオ医薬品の特性評価に利用する、様々なワークフローを標準搭載。
質量分析装置から出力された生データの読み込みから、解析結果をまとめたレポート作成まで自動実行
ワークフロー実行時にパラメーターを調整し、カスタマイズも可能


搭載ワークフロー


Byos®
には、バイオ医薬品特性評価に利用する様々なワークフローが標準で搭載されています。これらのワークフローを使用することで、最適な設定でデータ解析を行うことができ、バイオ医薬品開発における、開発コストや時間を削減することができます。




ワークフローの実行


Byos®では、ワークフローを選択して、解析に用いる各種データの読み込みを行い、解析結果やレポート作成までをユーザーフレンドリーなインターフェース上で、簡単に実行することが可能です。

1.ワークフローの選択

2.生データファイルをドラッグ&ドロップ

3.アミノ酸配列またはOligo配列データのFASTAファイルをドラッグ&ドロップ

4.計算実行

5.プロジェクトデータとレポートの確認


ライセンスの種類


Byos®では、購入するライセンスの種類に応じて、使用可能なワークフローが異なります。

【Intactライセンス】

インタクトタンパク質解析用のワークフローが使用可能
PMI 独自のデコンボリューションアルゴリズムを搭載
抗体薬物複合体(ADC)における薬物抗体比(DAR)の自動計算

(クリックして拡大)

【Peptideライセンス】
 
ペプチドレベルの解析用ワークフロー(de novo以外)が使用可能
抽出イオンクロマトグラム(XIC:Extracted Ion Chromatogram)による修飾/非修飾タンパク質のラベルフリーの相対定量
ソフトウェア上でMS1、MS2スペクトルを可視化して比較も可能

(クリックして拡大)

【Chromatogramライセンス】
 
クロマトグラム解析用ワークフローが使用可能
UV or TICデータを用いたクロマトグラフベースのペプチドマッピングに対応
クロマトグラフとMSデータの統合によるピークのアノテーション付けと、アライメントと定量化によるピークの比較が可能

(クリックして拡大)

【De novo ライセンス】

モノクローナル抗体のde novoシークエンス解析用ワークフローが使用可能
ロバストなMS/MSスコアリングアルゴリズムに基づき、自動でDe Novoシークエンスを実行
モノクローナル抗体フレームワークへ、ペプチド配列の自動アセンブルを実行

(クリックして拡大)

【HDX ライセンス】

水素・重水素交換質量分析用ワークフローが使用可能
HDX(hydrogen-deuterium exchange)実験による、タンパク質高次構造の決定
タンパク質立体構造データベースファイル(PDBファイル)に対し、解析データの表示が可能


(クリックして拡大)

【Oligo ライセンス】

オリゴヌクレオチド解析用ワークフローが使用可能
ビルディングブロックのカスタマイズが可能
MS2を用いた不純物の定性・定量解析が可能


(クリックして拡大)


トライアル版ライセンス


弊社(biosupport@filgen.jp)までお問合せください。


Byos® 対応ファイルフォーマット


データタイプ ファイル形式
マス スペクトルデータ .raw, .d, ,lcd, .wiff
タンパク質データベース .fasta


価格


製品名 ライセンスタイプ 税別価格 カタログ#
Byos® アカデミック(年間ライセンス) お問合せ お問合せ
コマーシャル(年間ライセンス)
※テクニカルサポートは、電話、あるいは、電子メールでの対応となります。

お問い合わせ バイオインフォマティクス部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2022 Filgen, Inc. All Rights Reserved.