製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス抗体アレイ受託解析>RayBio® Label-Based Antibody Microarray

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
抗体アレイ
RayBiotech
- RayBio® Label-Based Antibody Array(L-Series)
QCシート
Microarray Data Analysis tool
(無償)
データマイニング
マニュアル/抗体リスト
Human L-1000 (L-507+L-493)
Human L-507
Human L-493
Human Obesity L-182
Mouse L-308
Rat L-90
+ RayBio® Glass Slide Antibody Array(G-Series)
+ Quantibody® Array(MultiPlex ELISA Array)

Full Moon BioSystems
+ Explorer Antibody Array
Pathway Antibody Arrays
+ Phospho-Specific Antibody Microarrays
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ

RayBiotech社製
RayBio
® Label-Based Antibody Array
受託解析サービス
RayBiotech社製 RayBio® Label-Based Antibody Arrayにより、細胞培養上清や血清中の1000種類あるいは507種類あるいは493種類のヒトタンパク質や、182種類のヒト肥満関連・アディポカイン関連タンパク質、308種類のマウスタンパク質、90種類のラットタンパク質、の相対的な量を一度に解析致します。解析作業は、フィルジェン(名古屋)の受託解析センターにて、実施いたします。


 特徴


1000種類のヒトタンパク質、507種類のヒトタンパク質、493種類のヒトタンパク質、あるいは、182種類のヒト肥満関連・アディポカイン関連タンパク質、308種類のマウスタンパク質、90種類のラットタンパク質に対する抗体が、それぞれ、ガラススライド上にデュプリケートでスポットされています。

RayBiotech製 RayBio Biotin Label-Based Cytokine Antibody Array 受託解析

各アレイには、抗体反応チェック用コントロールが搭載されています。
細胞培養上清や血清中に存在する多くのタンパク質を一度に解析できます。
高感度かつ信頼性の高い結果を得られます。


 データ例


【Human L-Series 507】

The figure shows the RayBio® Biotin-label-based Human Antibody Array I Probed with two cell culture supernates.
The image were captured using a Axon GenePix laser scanner.


【Mouse L-Series 308】

The figure shows the RayBio® Label-based Mouse Array1 Probed with Mouse Sample.
The image were captured using a Axon GenePix laser scanner.


 概略


ビオチン標識した試料中の各サイトカインをアレイ上に捕捉し、蛍光標識ストレプトアビジンを用いて、一度に検出します。

ビオチンラベルアレイの検出例

【Cell Culture Supernates】

RayBiotech製 RayBio Biotin Label-Based Cytokine Antibody Array 受託解析/抗体アレイ/実験の流れ


【Serum】
RayBiotech製 RayBio Biotin Label-Based Cytokine Antibody Array 受託解析/抗体アレイ/実験の流れ2


 プロトコール・マニュアル


Human Antibody Array 1000 (Human L-507+Human L-493)
Human Antibody Array 507 (L-507)
Human Antibody Array 493 (L-493)
Human Obesity Antibody Array (L-182)
Mouse Antibody Array 308 (L-308)
Rat Antibody Array 90 (L-90)


 実験の流れ


1. お預かりしたサンプルの透析
2. 透析したタンパク質の定量
透析したタンパク質量を、BCA(Bicinchoninic Acid)法により確認します。
3. タンパク質のビオチン標識
4. 標識タンパク質のアレイへの添加、抗原抗体反応、及び洗浄作業
タンパク質をアレイにアプライし、その後洗浄します。
5. 蛍光標識ストレプトアビジン添加、結合反応、及び洗浄作業
蛍光標識したストレプトアビジンをアレイにアプライし、その後洗浄します。
6. スキャンニング
GenePix®4400Aにて、蛍光発光画像を読み取ります。
7. 画像データ解析
GenePix®で読み取った画像データから、Array-Pro Analyzer®にて、数値データ(Excel)に落とし込みます。数値化データをもとに、バックグラウンド減算、ノーマライゼーション、データ比較などを行い、データをCDに焼き付けます。
8. データCD発送
【解析データのご報告】
データ解析結果をCD-ROMに収めて、密封状態で、お客様へ直送あるいは、代理店様へご発送致します。
納期は、サンプル到着後、15~30営業日程度です。
在庫が切れている場合は、納期が長くなる場合もございますので、お問い合わせください。
【実験データ解析結果例】

画像データ(JPEG)
RayBiotech製 RayBio Biotin Label-Based Cytokine Antibody Array 受託解析/抗体アレイ/数値化解析データ
解析数値データ


 必要サンプル量


サンプル ご送付量 サンプル調整方法
細胞培養上清 Human L-1000
>400~600uL
その他
>200~300uL
100mm Dishで、1×10e6個の細胞を完全培地で24~48時間培養後、0.2%FCS低血清培地で48時間再度培養を行う(細胞培養濃度や培養時間は、細胞株や研究目的により、変わります)。
細胞培養液を回収後、1,000gの遠心により、固形物を除去し、分注してすぐに-80℃以下に保存してください。凍結融解の繰り返しは避けてください。
血清 Human L-1000
>200~400uL
その他
>100~200uL
血清分離用チューブで回収するか、血液を30分おいて凝固させ、1,000×gで15分遠心後、分注してすぐに-20℃以下に保存。凍結融解の繰り返しは避けてください。
血漿 Human L-1000
>200~400uL
その他
>100~200uL
EDTA、ヘパリン、クエン酸Naなどの抗血液凝固剤で処理した血液を遠心後、上清を分取して-20℃以下で保存してください。


 サンプル送付方法


【梱包と発送】

サンプルの発送は、必ず、「サンプル送付方法およびご注意点(PDF)」をご参照の上、その内容に従って行ってください。
送付の際は、サンプルの入ったチューブ(-80℃に凍結した状態)をパラフィルムで覆い、キャップの緩みや中身の漏れがおきない様にしてください。サンプルの入ったチューブに油性マジックでサンプル名を明記し、ビニールバックなどにいれ、砕いたドライアイスと共に梱包してください。
弊社営業日は、土日祝日や年末年始などを除く平日9時から17時までとなっておりますので、サンプルの弊社到着日にご注意ください。
QCシートをサンプルと同送願います。
弊社では、受託解析サービスQCシートに基づき、作業を行います。
同シートが弊社にご送付されていない場合、またはご記入漏れがある場合、解析サービスの着手が遅れる場合がございますので、ご了承ください。
サンプルをご送付の際には、ドライアイスを同梱の上、冷凍便にて、ご送付ください。
お送りいただいたサンプルは、ご返却いたしません。
実験後のサンプルについては、弊社側にて処分させて頂きますので、ご了承ください。

【注意点】
上記条件を満たさない場合、改めてサンプル送付をお願いする場合がございますので、ご了承ください。
特にサンプル量にはご注意ください。
ご提供頂くサンプルおよび本作業から生じる知的財産権・工業所有権・安全性・インフォームドコンセント等の問題については、弊社では一切の責を負いかねます。
本確認事項を満たさない事で別途費用が発生した場合、お客様に費用のご負担をお願いすることがあります。

サンプル及びQCシートのご送付先
 フィルジェン株式会社 バイオサイエンス部 受託解析センター宛
 〒459-8011 名古屋市緑区定納山1丁目1409番地
 Tel 052-624-4388  Fax 052-624-4389  E-mail biosupport@filgen.jp


 価格


受託解析サービス
受託解析サービスの価格には、スキャンニング・画像数値化・比較データ作成作業、アレイ・試薬の価格が含まれております。
サービス名 数量 税別価格 Cat.#
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array 1000 (L-1000) 受託解析サービス
(Human L507+Human L-493)
1サンプル ¥797,000 F-AAH-BLG-1000-1
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array 507 (L-507) 受託解析サービス
1サンプル ¥406,000 F-AAH-BLG-1
RayBio® Label-Based
Human Antibody Array 493 (L-493) 受託解析サービス
1サンプル お問合せ F-AAH-BLG-2
RayBio® Label-Based
Human Obesity Antibody Array 182 (L-182) 受託解析サービス
1サンプル ¥298,000 F-AAH-BLG-ADI-1
RayBio® Label-Based
Mouse Antibody Array (L-308) 受託解析サービス
1サンプル ¥346,000 F-AAM-BLG-1
RayBio® Label-Based
Rat Antibody Array (L-90) 受託解析サービス
*2サンプル以上で受注受付
1サンプル ¥237,000 F-AAR-BLG-1

スキャンニング・画像数値化・比較データ作成のみ(実験済みアレイをご送付頂く場合)
* スキャンニング作業は、抗体アレイをフナコシ株式会社より購入され、スキャンニング作業だけをご希望の方のためのサービスです。
* L-1000のスキャンニング作業は、1サンプルあたり、2枚分となります。
サービス名 数量 税別価格 Cat.#
スキャンニングサービス 1枚 ¥40,000 Cat.#F-SCAN
画像数値化サービス 1枚 ¥40,000 Cat.#F-DATA
スキャンニング+画像数値化サービス 1枚 ¥50,000 Cat.#F-SCN
比較データ作成サービス 1比較 ¥15,000 Cat.#F-DR


 Literature


1. Publications Citing RayBiotech Products
2. Pubrications by RayBiotech Scientists
3. Application Notes & Technical White Papers
4. Scientific Posters


*本サイトの情報は、RayBiotech社のHomepageの情報を一部引用しております。

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 filgen.jp
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.