製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報バイオインフォマティクス・ソフトウェアCLC bio Bioinformatics Solution>CLC MLST Module

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
+ CLC bio
CLC bio Bioinformatics Solution
CLC bio Next Generation Sequencing Solution
Desktop Software
CLC Genomics Workbench
Biomedical Genomics Workbench
CLC Main Workbench
CLC Sequence Viewer
High Performance Computing
CLC Assembly Cell
Enterprise Solutions
CLC Genomics Server
CLC Genomics Machine
CLC Genomics Factory
CLC Bioinformatics Database
Plug-in
CLC MLST Module
CLC Genome Finishing Module
Blast2GO PRO
CLC Microbial Genomics Module
MetaGeneMark
プラグイン一覧


 QIAGEN社/CLC bio製品のソフトウェア単体販売からインテグレーションまで、すべて取り扱える正規販売代理店です。

NGS Bioinformatics Solution
CLC Genomics Workbench用プラグイン
CLC MLST Module / CLC Genome Finishing Module / Blast2GO PRO / CLC Microbial Genomics Module / MetaGeneMark / プラグイン一覧

以下にご紹介するソフトウェアは、以下のソフトウェアにPlug-inして使用するものです。従いまして、以下のソフトウェアも必要となります。
・CLC Genomics Workbench
・CLC Biomedical Genomics Workbench(MLST Module, Microbial Finishing Module などは、使用できません。)
・CLC Main Workbench


微生物ゲノム解析用モジュール
   CLC Microbial Genomics Module
CLC Microbial Genomics Moduleは、次世代シークエンサーを用いた微生物ゲノム解析用のプラグインです。16S rRNAやショットガンメタゲノムデータを用いた菌種組成解析と、メタゲノムデータによる病原菌のタイピングや疫学解析ツール、遺伝子機能解析ツールが利用可能になります。バクテリアやウイルスなど、解析に使用するリファレンスゲノムデータの専用のダウンロードツールも搭載し、また解析パイプラインのワークフローが最初から組み込まれているため、簡単な操作で解析を行うことができます。

【搭載アプリケーション】

Amplicon-Based OTU Clustering
16S rRNAなどアンプリコンシークエンスデータの各種QCチェックおよびOTUクラスタリングによる菌種組成解析
Taxonomic Analysis
ショットガンメタゲノムデータを用いた、宿主ゲノム配列データの除去および菌種組成解析
Functional Analysis
メタゲノムシークエンスデータのDe Novoアセンブル
BLAST検索、Pfamドメイン検索による遺伝子機能アノテーション付けと組成解析
Abundance Analysis
菌種組成データからのα多様性とβ多様性の計算
菌種または遺伝子機能組成データからの、サンプル間比較やヒートマップ作成
Typing and Epidemiology(ベータ版)
NGS-MLST(Multi Locus Sequence Typing)解析による病原菌のタイピングおよび薬剤耐性の確認
K-mer Treeによる複数菌種のゲノム配列の類似度の比較
SNP Treeによる分子系統樹の作成
Databases
NCBIからの、バクテリアやウイルスなどのゲノム配列データの一括ダウンロード
Greengenes、SILVA、UNITEなどのOTU配列データ、MLSTスキーマや薬剤耐性遺伝子配列データのダウンロード
カスタムデータからのデータベース作成
*Functional Analysis を使用する場合、別途有償プラグイン「MetaGeneMark」が必要です。

 
(クリックして拡大)
 

(アプリケーションの詳細)

・Amplicon-Based OTU Clustering

16S/18S rRNAやITS、さらにQIIMEフォーマットで作成されたカスタムメイドのFASTA配列データをリファレンスとして使用し、アンプリコンシークエンスデータによる、サンプル中の菌種組成解析を行います。アダプター配列の除去や、ペアリード配列のマージ、さらにリード配列のトリミングなどの各種QCチェックを行い、最終的にOTU(Operational Taxonomical Units)クラスタリングによって、菌種の組成データを得ます。菌種組成データは、テーブル形式の表示の他、バーチャートやエリアチャート、さらにサンバースト図など様々な形式で表示でき、またサンプルのメタデータの情報に基づき、各サンプルをグループごとに統合して表示することも可能です。
   
(クリックして拡大)

・Taxonomic Analysis

ショットガンメタゲノムデータを使用し、サンプル中の菌種などの生物分類の組成を解析します。専用のダウンロード用ツールを用いることで、細菌やウイルスなど、リファレンスとなるゲノム配列データを容易にダウンロードでき、またカスタムメイドで作成したリファレンスデータを使用して、解析を行うことも可能です。また、サンプルの宿主ゲノム配列データを登録することで、シークエンスデータから宿主ゲノム由来の配列の除去を行っての解析が可能です。Amplicon-Based OTU Clusteringと同様に、テーブル形式の表示の他、バーチャートやエリアチャート、さらにサンバースト図での解析結果の表示が可能です。

(クリックして拡大)

・Functional Analysis


ショットガンメタゲノムデータを使用し、サンプル中に含まれるシークエンスデータの、遺伝子機能組成の解析を行います。メタゲノムデータ専用のDe Novoアセンブリツールを搭載し、サンプルごとのコンティグ配列データの作成や、別途有償プラグインの「MetaGeneMark」によるたんぱく質コード領域のアノテーション付け、さらにBLASTによる相同性検索に基づいた、Gene Ontologyの遺伝子機能情報やPfam domein情報の付加を実行することが可能です。

(クリックして拡大)

・Avandance Analysis


「Amplicon-Based OTU Clustering」「Taxonomic Analysis」「Functional Analysis」により作成した、菌種や遺伝子機能の組成データを基に、サンプル間比較の統計処理やα多様性/β多様性の計算、さらにグラフ作成による各種ビジュアライゼーションを行います。グラフ表示の際は、サンプルのメタデータによるグループ情報のラベル表示が可能で、サンプルの分類情報などを視覚的に確認することが可能です。

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

・Typing and Epidemiology

次世代シークエンサーを利用したMLST(Multi Locus Sequence Typing)解析による病原菌の菌種を決定するタイピングを行います。タイピングと同時に、サンプルの薬剤耐性遺伝子の有無も同時に確認することができ、公共データベースに登録されている薬剤耐性遺伝子のデータ以外にも、カスタムメイドの遺伝子データを用いることも可能です。また、サンプルのシークエンスデータと、データベースに登録されている微生物ゲノム配列データを比較したK-mer Tree、サンプルのSNP検出による遺伝子型データに基づいたSNP Treeを作成することができ、これらの系統樹解析用のツールを使用して、微生物ゲノムデータを用いた疫学研究を行うことも可能です。

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

・Databases


本プラグインで使用するリファレンスデータを取得するための、様々なダウンロード用ツールが利用できます。公共データベースに登録されている、細菌やウイルスなどのゲノム配列データ、アンプリコンデータ、各種遺伝子データなどを、希望のデータセットなどを指定するだけで簡単にダウンロードでき、各アプリケーションで使用可能です。また、ユーザー独自作成のデータファイルをインポートし、本プラグインで使用できるフォーマットに変換を行うためのツールも搭載しており、ユーザーカスタムメイドのリファレンスデータを使用したデータ解析に利用することが可能です。

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)

(クリックして拡大)


【メーカー提供資料】

Tutorial
Manual(PDF)


【セミナー資料(PDFファイル)】
フィルジェン Webセミナー(2018年2月2日)
・2017年11月 CLC bio製品バージョンアップ情報
CLC Microbial Genomics Module ウェブトレーニングセミナー(2017年7月21日)
・病原菌タイピング解析編
CLC Microbial Genomics Module ウェブトレーニングセミナー(2017年6月1日)
・微生物プロファイル解析編
CLC bio プラグインを用いた微生物ゲノム配列決定とアノテーション解析(2016年12月12日)
CLC Genomics Workbench ハンズオントレーニング名古屋(2016年7月22日)
・微生物ゲノム編
Whole Genome Functional Profile
Microbiome Genomics Module
新製品 Microbial Genomics Module を使ったメタゲノム解析(2015年7月30日)
NGS MLSTを使った病原菌タイピングと今後の微生物ゲノム解析開発プランについて
(2016年2月16日)


【価格】
商品名 対応ソフトウェア(*1) 仕様 税別価格 Cat.#
CLC Microbial Genomics Module CLC Genomics Workbench
Biomedical Genomics Workbench
1固定永久ライセンス
(アカデミック)(*2)
お問い合わせ F-CLC-MGM-AS
1固定永久ライセンス
(コマーシャル)(*2)
お問い合わせ F-CLC-MGM-CS
1ネットワーク永久ライセンス
(アカデミック)(*2)
お問い合わせ F-CLC-MGM-AN
1ネットワーク永久ライセンス
(コマーシャル)(*2)
お問い合わせ F-CLC-MGM-CN
*1: 本プラグインは、CLC Genomics Workbench/Biomedical Genomics Workbenchに対応しています。プラグイン単体では動作しませんのでご注意ください。
*2: 永久ライセンスには、購入後1年以内のソフトウェアの「バージョンアップ及びテクニカルサポート」が含まれています。2年目以降の「バージョンアップ及びテクニカルサポート」は、別途保守契約(有償、定価の20%)が必要となります。テクニカルサポートは、電話または電子メールでの対応のみとなります。2年目以降の「バージョンアップ&テクニカルサポート」をご購入頂かなくてもソフトウェアは継続してご使用頂けますが、メーカーサポートを受けられなくなりますので、ご注意ください。「バージョンアップ&テクニカルサポート」の有効期限が切れた後でも、保守契約を更新することは可能ですが、有効期限の切れたところから遡ってご加入頂く必要がありますので、予めご了承ください。


メタゲノム遺伝子予測モジュール
   MetaGeneMark
MetaGeneMarkは、短い配列断片からなる、微生物のメタゲノム配列データに対して、遺伝子とCDS領域の検出を行うプラグインです。ブートストラップ類似のアルゴリズムを用いて、外部データリソースや細かいパラメータの設定なしに、高感度な予測が可能です。有償プラグイン「CLC Microbial Genomics Module」と組み合わせて使用することで、メタゲノムデータの遺伝子機能プロファイル解析を効率的に行うことが可能になります。

【セミナー資料(PDFファイル)】
CLC bio プラグインを用いた微生物ゲノム配列決定とアノテーション解析(2016年12月12日)

【価格】
商品名(*1) 対応ソフトウェア(*2) 仕様 税別価格 Cat.#
MetaGeneMark CLC Genomics Workbench
Biomedical Genomics Workbench
1固定年間ライセンス
(アカデミック)(*3)
お問合せ F-CLC-MTG-AS
1固定年間ライセンス
(コマーシャル)(*3)
お問合せ F-CLC-MTG-CS
1ネットワーク年間ライセンス
(アカデミック)
お問合せ F-CLC-MTG-AN
1ネットワーク年間ライセンス
(コマーシャル)
お問合せ F-CLC-MTG-CN
*1 テクニカルサポートは、電話あるいは電子メールでの対応のみとなります。
*2 本プラグインは、CLC Genomics Workbench/Biomedical Genomics Workbenchに対応しています。プラグイン単体では動作しませんので、ご注意ください。
*3 固定ライセンスは、CPUのコア数が64コア以上(ハイパースレッドも含む)のコンピュータやリモート操作のコンピュータ上では使用できません。これらのコンピュータでの利用をご希望の場合は、ネットワークライセンスをご購入ください。


プラグイン一覧

プラグイン一覧(キアゲン社該当サイト)

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.