製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス質量分析その他分析サービス>食品・飲料分析サービス

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・質量分析
+ Biognosys AG社 次世代プロテオーム解析サービス
+ iTRAQ® プロテオーム解析
+ TMTプロテオーム解析
+ SILACタンパク質発現・相対定量解析
+ ラベルフリー定量プロテオーム解析
+ 免疫沈降(IP)プロファイリング
+ タンパク質同定解析
+ タンパク質配列マッピング解析
+ 抗体シークエンス解析
+ タンパク質質量測定解析
+ PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
+ LC-MS tRNA修飾解析
+ グライコーム解析
+ Glyco-Screen 解析
Glyco-Screen Plus 解析
+ ペプチドーム解析
+ メタボローム解析
+ リピドーム解析
+ MassARRAY®解析
(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)
+ MSイメージング解析
+ その他分析サービス
食品/飲料分析サービス
環境分析サービス
臨床分析サービス
組成分析サービス
コエンザイム分析サービス
生体アミン分析サービス
アントシアニン分析サービス
有機酸分析サービス
動物ホルモン分析サービス
植物ホルモン分析サービス
アデノシン三リン酸分析サービス
NADP分析サービス
シグナル伝達分子分析サービス
漢方成分分析サービス
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


質量分析サービス
食品・飲料分析サービス

本サービスは、食品の栄養価、品質、安全性分析に関する研究をサポートします。Creative Proteomics社では、GC、HPLC、質量分析など、様々な分析手法を組み合わせた最先端の飲食物分析ソリューションを提供しています。


 分析ラインナップ


◆ワイン成分分析
ブドウを原料としたアルコール飲料であるワインは、酵母の発酵を利用しており、ブドウ中の糖分を二酸化炭素やエタノール、熱に変換します。酵母の株やブドウの品種によって発酵に関連する反応やブドウの生化学的発達、生産プロセスなどの条件による複雑な相互作用に変化が生じ、その結果、様々な種類のワインを生産することができます。
ワインに含まれる化合物は、複雑な混合物であり、多糖類やタンパク質、ポリフェノールなどが含まれています。例えば、ワインに含まれる多糖類は、タンニンと相互作用することで、渋みに影響を与えたり、芳香化合物と相互作用することで酒石酸の水素の結晶化を防いだりと、その構造や含有量により様々な生産プロセスに影響しています。この様なワイン成分の分析は、製造において非常に有用な情報となります。

◆ビール成分分析
ビールは、世界で最も広く、最も古いアルコール飲料の1つであり、ビールの基本的な成分は、水、糖化(糖に変換)してから発酵(二酸化炭素とエタノールに変換)のための大麦・麦芽などのデンプン源、ホップなどのフレーバー類、および発酵用の醸造用酵母です。醸造の工程で、麦汁中のデンプン糖が発酵すると、ビールに炭酸化とエタノールが生成されます。現代のビールのほとんどはホップで醸造されており、天然の保存料や安定剤として機能するほか、苦味などの風味にも影響を与えます。また、ホップに代わりフルーツ、ハーブ、その他の香味料を添加する場合や商業的な醸造では、天然の炭酸効果を利用せず強制的に炭酸化処理が行われる場合があります。
この分析では、ビール中に含まれるアルコールを含有量や苦み、色といったフレーバーが人体に与える影響を調べたり、また、これらの成分情報を飲料研究に利用することが可能です。

◆毒素分析
毒素は非常に複雑な化合物のグループであり、活性が高い上、多種多様な起源を持っています。それらは小さなタンパク質、分子、またはペプチドなどの形を持ち、それらが吸収され、細胞受容体または酵素などの生体高分子と相互作用する体組織に接触することで疾患を引き起こす可能性があります。毒素は、その組成により毒素が大きく異なり、軽度(虫刺されなど)なものから重度(ボツリヌス毒素など)なものまで様々です。また、微量に残留する農薬成分や食品成分(グルタミン酸ナトリウム、グラニュー糖、アスパルテームなど)、自家中毒(腸内発酵によって生成された有害物質など)など様々な形で存在しています。
毒素は多くの生物学的機能を有しており、この分析でそれらの機能や作用機構を調べることで、薬物やバイオテクノロジーツールの豊富な情報源として役立ちます。

◆ビタミン分析
ビタミンは、有機分子(あるいはそれに関連する分子)であり、生物が代謝を適切に機能させるために必要な必須の微量栄養素です。多くのビタミンは単一分子ではなく「ビタマー」と呼ばれる関連分子のグループからなっています。
例えば、ビタミンEは4つのトコトリエノールと4つのトコフェロールで構成されています。ビタミンは水溶性、または脂溶性に分類され、人体では水溶性9種類(8種類のビタミンB群とC)と脂溶性4種類(ビタミンA、D、E、およびK)が利用されています。例えば、ビタミンAやDは体内に蓄積する可能性があり、過度な接種によってビタミン過剰症を引き起こす可能性があります。また、脂溶性ビタミンは吸収不良によって欠乏することで、嚢胞性繊維症において非常に重要な因子となっています。
この分析で各種ビタミンに関して調べることで、組織、臓器の代謝調節機能の解明や、過剰摂取あるいは欠乏による人体への影響を研究することが可能です。

◆オリーブオイル分析
オリーブオイルは、オリーブの実から抽出された液体脂質です。オリーブオイルは、抽出工程や栽培品種、栽培場所の標高、収穫時期などの影響を受けるため、その組成は物により異なりますが、基本的には主にオレイン酸(最大83%)で、リノール酸(最大21%)やパルミチン酸(最大20%)を含むその他の脂肪酸含有量は少量です。オリーブオイルは国際的な基準の元、最高級なエクストラバージンオリーブオイル、優良なバージンオリーブオイル、標準的な精製オリーブオイルの3つのグレードに分類されています。
オリーブオイルは植物油の中でも消費方法がユニークで、食品としてだけではなく、化粧品や石鹸、医薬品、石油燃料の代替などとして後半な用途があります。中でもエクストラバージンオリーブオイルは、国際市場でも非常に高い価値を持っていますが、定義として遊離酸度が必ず8%以下である必要があり、この分析を利用することで、商品開発において品質の高い製品の研究を実施することが可能です。

◆栄養分析
栄養分析とは、食品および食品の栄養価を決定する工程を指し、様々な認定された方法があります。食品メーカーは、市場に出す食品の栄養成分表示を提供する必要があり、顧客は正確な栄養情報を入手して、カロリー、タンパク質、カルシウム、ビタミン、水などの食品の品質と栄養内容を知ることができます。
本サービスでは、食品表示法に準拠した栄養成分表示のための様々な情報を分析結果として提供することができ、豊富な栄養分析の経験によって、食品成分や栄養サプリメントで構成される複数の要素に対して、開発した製品をテストすることができます。

◆メラミン分析
石炭産業の副産物であるメラミンは、窒素が豊富で、最も一般的には白い結晶の形で見られます。これは、シアナミドの三量体を含む有機化合物であり、コーティング剤や台所用品、ラミネート、商業用フィルター、プラスティックの製造によく使用されます。また、メラミンは食品包装の製造にも使用されています。歴史的背景において、過去には、メラミンを添加することで、牛乳の窒素含有量が増加するため、見かけのタンパク質量を増加させるため、家畜飼料、食品に違法に添加することにつながることもありました。現在では、食品のリスク評価において、メラミン添加による汚染食品は腎不全や腎結石などの症状や最悪の場合、脂肪リスクを高める可能性があるため、市販されている動物用飼料や人向けの食品の直接添加は承認されていません。
本分析では、商品開発の際、包装などから食品中にメラミンが含まれる可能性などを調査することが可能です。

◆微量金属分析
微量金属は、人間が必要とする無機微量栄養素であり、通常はμg/L、μg/kgの量で説明されます。それらは、多くの酵素および他のタンパク質の正常な機能のための補因子として機能しており、それらが欠乏することにより、特定の症状や疾患につながる可能性があります。人体内の微量金属には、鉄、銅、マンガン、亜鉛、モリブデン、ニッケル、バナジウム、アルミニウム、セレン、クロム、コバルトなどがあり、ビタミンやスポーツドリンク、新鮮な果物や野菜などがこれらの微量金属の供給源となっています。
本分析によってサンプル中に含まれる低レベルの金属の検出と識別が可能になるため、製品開発や品質管理、あるいはサンプル中の金属レベルの追跡によって汚染物質の特定など、様々な情報を手に入れることができます。

◆食用油脂分析
食用油脂は、栄養特性、間隔刺激、流動学的性質のため、人間の食事で重要hな役割を果たします。そして、それらは高エネルギーの源であり、リノール酸やリノレン酸などの必須脂肪酸です。油脂の科学成分は、グリセロールと3つの脂肪酸分子のエステルなどのトリグリセリドです。油脂の物理化学的特性は、主に油脂に含まれるトリグリセリドの種類と数、熱履歴や流動履歴によって決まります。食用油脂の物理的および科学的特性は、油性食品の品質に影響を与える可能性があるため、詳細に評価を行う必要があります。
本サービスでは、食用油脂の品質研究のために、ヨウ素価、遊離脂肪酸、トランス脂肪酸、アニシジン価、油脂の過酸化物価など、様々な指標パラメーターが使用されています。また、野菜から乳製品、脂肪など、様々な種類の食用油脂の分析に対応しています。

◆炭水化物分析
炭水化物は、味や栄養に影響を与える重要な食品成分です。炭水化物は、エネルギーと食物繊維の重要な供給源であるだけでなく、多くの食品の甘さや外観などの見た目にも影響しています。食品の炭水化物の種類と濃度を決定することによって、エネルギー評価や栄養表示、品質管理、あるいは異物混入の可能性についての評価などが可能になります。
食品の研究開発では、製品中に含まれる炭水化物の種類や濃度を決定することが非常に重要であり、本サービスでは、食品に含まれる炭水化物の総濃度と種類を測定するための多数の分析手法を提供しています。

◆醸造産業分析
醸造産業分析では、最先端のプラットフォームを提供しています。ホップのプロファイリングやバッチ分析、アルコールや抽出物、カロリー分析などをLC、HPLCなどの高度な分析技術を利用して解析を実施します。
ホップ分析(α酸/β酸分析、ホップ品種の同定、油分および組成分析、異性化α酸測定など)や糖分分析、アルデヒドおよびケトン分析(ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アセトンを含む)、ビタミン分析、総タンパク質およびアミノ酸分析といった様々な対象を分析することによって醸造研究のための重要なデータを取得することができます。

◆ビール硫黄化合物分析
ビールは、水性条件で非常に複雑な混合物であり、3,000を超える多種多様な化合物が含まれています。そのため、醸造においてはビールの品質を支持することは非常に重要な課題となっています。ビール成分の化学変化が時間と共に発生することは避けられませんが、ビールの貯蔵寿命の安定性の概念に直接関係するのは、フレーバーの活性成分の形成です。また、二酸化硫黄は賞味期限を延ばし、風味の劣化を遅らせることができる最も重要な要素となっています。ただ、食品中の亜硫酸塩残留物に対して有害反応を示す体質の人もいるため、食品や飲料に亜硫酸塩を使用することは、消費者や生産者の両方にとって重要な要素となっています。
本サービスでは、硫黄化合物を分析し、健康に影響を及ぼすことのない商品開発や研究に必要なデータを提供します。

◆農薬残留分析
抗線虫剤や除草剤、殺虫剤などは、動物や栽培植物にとって危険な害虫を殺すために使用される物質、または物質の混合物です。動物や作物への農薬は、それらを散布して使用することで食品中、または食品上に残留物を残す可能性があります。残留農薬については対象としている基準は生産国により異なりますが、これらの成分を同定して定量化することは、非常に重要です。
本サービスは、サンプル中に含まれる有機塩素や有機リン酸塩、有機硝酸塩や有機硫酸塩、カルパミン酸メチルなど、250以上の残留農薬分子を解析することができ、残留農薬の除去における研究に有用なデータを提供することができます。

◆微量な抗生物質の分析
抗菌物質の一種である抗生物質は、最近感染と戦うための最も重要な種類の抗菌剤です。これらの抗生物質は、医療、畜産、食品添加物など、私たちの生活の中で広く使用されています。しかしながら、公衆衛生上は、抗生物質の誤用による抗生物質耐性が深刻な問題になっています。環境中で抗生物質に継続的にさらされると、微生物が抗生物質耐性を獲得する可能性があり、抗生物質耐性細菌によって引き起こされる感染症は、治療が困難な場合や、治療できない場合があります。
また、残留薬物は、食物連鎖を通じて人体に蓄積し、様々な副作用を引き起こす可能性があります。食品企業では、抗生物質処理された動物に由来する食肉を削減する形で努力していますが、畜産業で使用する構成物質の量としては、年々増加傾向にあるため、食品の品質管理や研究開発において、抗生物質を分析することは重要となっています。

◆ペットフード分析
ペットフードは、ペットによる消費を目的とした植物または動物由来の素材です。これは通常、イヌや猫などの特定の飼育動物に合わせて製造されています。人以外の動物に使用されるほとんどの食肉は、人間の食品産業の副産物であり、ヒト用の等級とは異なっていますが、高品質な成分は給餌されたペットの健康にとって重要です。タンパク質、脂質、炭水化物などの割合に関する法的仕様を技術的に満たしていても、ペットフードの一部には簡単に消化できない可能性のある製品も存在しており、重要な栄養素が吸収されずに胃腸系を通過してしまい、的確に栄養を供給できない場合があります。
ペットフードのラベルには、粗タンパク質、炭水化物、粗繊維、粗脂肪、灰分、ビタミン、ω3脂肪酸、β-カロテンを表示する必要があります。また、ペットフードのラベルはすべて成分を重量で表示する必要があり、これらの規制を満たしつつ、飼育動物にとって消化効率の高いものや栄養価の優れたペットフードの研究開発を行うことが重要となっています。

◆食品添加物分析
国際連合食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の共同食品規制委員会によると、食品添加物とは、外観、風味、組織構造、または貯蔵特性を改善するために食品に追加される非栄養物質と定義されています。
一般的な食品添加物には、酸味調整剤、拮抗剤、消泡剤、抗酸化剤、漂白剤、膨張剤、着色剤、香味増強剤、栄養増強剤、保存料、甘味料、増粘剤、香辛料などがあります。食品添加物の過度な使用は、人体の健康に害を及ぼす可能性があるため、少量の使用にとどめ、その使用を厳重に管理する必要があります。
本サービスでは、食品添加物の使用制限を守りながら、良質な味や見た目、保存期間などを保つことのできる食品の研究開発などに利用することができます。


詳細・価格


本受託解析サービスを担当している、「受託解析部」へお問合せください。

お問い合わせ 受託解析部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2020 Filgen, Inc. All Rights Reserved.