製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス質量分析>iTRAQ® プロテオミクス解析サービス

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・質量分析
+ Biognosys AG社 次世代プロテオーム解析サービス
- iTRAQ® プロテオーム解析
+ TMTプロテオーム解析
+ SILACタンパク質発現・相対定量解析
+ ラベルフリー定量プロテオーム解析
+ 免疫沈降(IP)プロファイリング
+ タンパク質同定解析
+ タンパク質配列マッピング解析
+ 抗体シークエンス解析
+ タンパク質質量測定解析
+ PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
+ LC-MS tRNA修飾解析
+ グライコーム解析
+ Glyco-Screen 解析
Glyco-Screen Plus 解析
+ ペプチドーム解析
+ メタボローム解析
+ リピドーム解析
+ MassARRAY®解析
(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)
+ MSイメージング解析
+ その他分析サービス
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ

質量分析サービス
iTRAQ® プロテオーム解析サービス
網羅的なタンパク質同定と発現相対定量解析 / 網羅的なリン酸化部位同定と比較定量解析
参考文献 / サービス内容 / 必要サンプル条件 / 価格 / ご注意事項

iTRAQ®(Isobaric Tag for Relative and Absolute Quantitation)を用いた解析により、複数サンプル間における網羅的なタンパク質同定と発現相対定量解析を行います。バイオマーカー探索をハイスループットで行うことができます。この他、最大8種類までの生体サンプル中の網羅的なリン酸化部位同定と比較定量解析も可能です。二次元電気泳動などの煩わしい操作は不要です。
本サービスは、Creative Proteomics社(アメリカ)との業務提携によって、提供いたしております。
※iTRAQ®は、SCIEX社の製品です。


網羅的なタンパク質同定と発現相対定量解析


【特長】

・最先端の設備と最適化されたプロトコル
・高感度検出
・バイオマーカー発見のための網羅的なアプローチ
・二次元電気泳動を行わず、LC/MS/MSにより、網羅的なタンパク質発現データが得られます。
・1回の解析で最大8検体を同時測定

【煩わしい二次元電気泳動は不要】
二次元電気泳動によるタンパク質発現解析とiTRAQ®試薬による網羅的タンパク質発現解析の比較を下図にまとめました。前者は、解析比較数分の二次元電気泳動及び解析スポット数分のLC/MS/MS測定が必要となり、得られるデータは、解析スポットに含まれるタンパク質情報のみです。対して、後者は、サンプル個別にトリプシン消化及び標識するのみです。あとは、最大8サンプルを混合させ、LC/MS/MSによる定量・同定を行いますので、標識された全てのタンパク質の情報が得られます。

iTRAQ®試薬を用いた新しい解析方法 従来の解析方法
質量分析受託解析サービス/網羅的タンパク質発現変動解析/2次元電気泳動は不要
図1. iTRAQ®タンパク質発現・相対定量解析と、二次元電気泳動によるタンパク質発現解析の比較例(4サンプルの場合)
タンパク質2とタンパク質3の間の発現比較を行う場合、二次元電気泳動(右図;一般的な方法を示しています。)では、再度電気泳動を行う必要がありますが、iTRAQ®試薬(左図)を用いた場合は、データ解析時において、比較対照サンプルの条件を変更するのみで対応できます。また、LC部分は、SCXカラムによるフラクション分離後、逆相カラムを使用することにより、より多くのペプチドを同定する事が可能となりました。

【iTRAQ®試薬で全てのタンパク質を標識、相対定量】
iTRAQ®試薬キットは、最大8種類までの異なる生体サンプル中のすべてのペプチドの第一級アミンを同時にラベルし、MS/MSスペクトルから相対定量を可能にするアミン特異的な安定同位体試薬セットです。翻訳後修飾(PTMs)の有無に関わらず、すべてのペプチドをラベルするので、サンプルからより多くの詳細情報を収集し、タンパク質やプロテオーム解析の幅が広がります。また、同じタンパク質を、複数のペプチドで標識するので、シグナル強度が高まるので、スペクトルがより明瞭になり、MS/MSスペクトルによる同定と定量化の信頼性が向上します。さらに、ラベル化されたisobaricペプチドは、MSで同じ質量を示すことから、MSスペクトルの解釈が容易になります。なお、同時測定可能サンプルは、最大8Plexとなります。iTRAQ®試薬マルチプレックスワークフローを以下に示します。
これまで困難であった、網羅的なタンパク質発現解析をはじめ、バイオマーカー解明のための探索やバリデーション、プルダウン法、膜タンパク質研究、標的タンパク質の定量をはじめとする様々なアプリケーションに対応できます。

質量分析受託解析/プロテオーム解析/iTRAQ試薬のマルチプレックスワークフロー
図2. iTRAQ®試薬マルチプレックスワークフロー


図3. iTRAQ®を用いた実験の概略図
最大8条件までの全てのペプチドに標識分子が結合し、リポーター部分のスペクトル面積比より定量します。
ペプチド部分は同じであるため、スペクトルが増強され、同定効率は高くなります。


8つのサンプルを同時に測定できます。コントロールを追加したり、同じサンプルを二重に測定するなど、結果への信頼性を高めることができます。
iTRAQ®試薬ワークフローは、従来のプロテオミクスワークフローの、手間のかかる二次元電気泳動のステップを省くことができ、iTRAQ®試薬標識のステップを追加するだけで実行可能です。
アイソバリック(等質量)の試薬を使用するため、8サンプルの和として、高いMS感度が得られます。
自動的にMS/MSを取得でき、ペプチドの同定、さらにレポーターイオン領域(オレンジ部分)から、4サンプルの定量が可能です。
同一タンパク質由来の異なった消化ペプチドから発生するレポーターイオンを正確に統合できるため、統計的に精度の高い結果が得られます。ProteinPilot® Software により、自動的にアイソフォーム特異的な結果が得られます。


網羅的なリン酸化部位同定と比較定量解析


本サービスは、iTRAQ®試薬を用いることで、最大8種類までの生体サンプル中の網羅的なリン酸化部位同定と比較定量解析にも対応することができます。生体内で合成されたタンパク質は、翻訳語修飾を受け、その過程でリン酸基や糖鎖の付加などが起こります。多くのタンパク質は、これらの修飾基の付加により、その機能を獲得すると考えられており、タンパク質機能を解明する上での手掛かりをつかむためには、翻訳後修飾の解析は不可欠です。本サービスでは、この翻訳語修飾の解析として、リン酸基で修飾されたタンパク質の修飾部位を決定できます。また、リン酸化ペプチドの相対定量も行います。

【特長】

独自の濃縮アプローチ
タンパク質の翻訳語修飾(PTM)は、その存在量が少ないため、大規模なリン酸化タンパク質プロファイリングを行うためには、リン酸化ペプチド濃縮プロセスが必要です。Creative Proteomics社では、IMACによるリン酸化ペプチド濃縮をベースに、より多くのリン酸化プロテオーム情報を得るために、セリン、スレオニン、およびチロシンの3種のリン酸化タンパク質を濃縮する独自のアプローチを取り入れています。リン酸化ペプチドを濃縮後、LC-MS/MSの測定前にサンプルごとに3~4セクションに分画します。これにより、より多くのリン酸化部位が検出されます。

独自の解析ソフトウェア
Creative Proteomics社のバイオインフォマティシャンによって開発された独自のソフトウェアは、より効果的な正規化および存在比推定アルゴリズムを採用し、リン酸化タンパク質に関する詳細情報を取得できます。
質量分析受託解析/網羅的リン酸化部位同定・相対定量解析/リン酸化部位同定の概略
図4. リン酸化部位同定の概略
ESI-MSにより、リン酸化ペプチド候補の絞り込みを行った後、ESI-MS/MSにより、リン酸化されたアミノ酸部位を同定します。


参考文献


iTRAQ®試薬は、世界的にも認められており、主要ジャーナル150報以上の論文が公表されています。(2010年7月現在)
SCIEX社から提供されているiTRAQ®解析に関する文献情報


サービス内容


【使用機種】

Q Exactive
TM MS/MS System
(Thermo Fisher Scientific)

nLC 1000 system
(Thermo Fisher Scientific)

【作業内容】
1.サンプルからタンパク質抽出(オプション)
2.タンパク質サンプルをトリプシンで消化処理
3.消化サンプルをiTRAQ®試薬で標識
4.標識したサンプルの混合
5.強陽イオン交換体カラム(SCX chromatography)により分画
6.高性能 nano-LC/MS/MSによるタンデム質量分析
7.データベース検索によるタンパク質同定ならびに相対定量数値化
8.バイオインフォマティクス解析(オプション)

【納品データ】

・レポート(PDF)
・データ(Excel)


必要サンプル条件


解析サンプルは、抽出タンパク質の状態でご準備ください。
組織・細胞からのタンパク質抽出、血清・血漿からのタンパク質精製・抽出につきましては、オプションとなっております。

◆タンパク質同定・発現相対定量の場合の1サンプル当たりの総タンパク質量
推奨量:>300μg、最低量:>100μg、濃度:>1μg/μL

◆リン酸化部位同定・比較定量解析の場合の1サンプル当たりの総タンパク質量

推奨量:>3~5mg*
*解析内容や分析サンプル数によって、1サンプルの必要総タンパク質量が変動いたします。詳しくは弊社までお問合せください。

【抽出バッファー】
推奨:8M Urea Buffer(尿素をddH2Oで溶解して8Mに調整してください。pH調整の必要が無い様に新鮮なバッファー(仕様前に調整)をご使用ください。また、プロテアーゼおよびホスフォターゼ阻害剤なども追加することを推奨いたします。)
利用可:RIPA Buffer
※その他のバッファーを使用してタンパク質抽出を実施する場合はご注意ください。

タンパク質抽出の際に使用するチューブによっては、PPまたはPEなど、チューブ材質由来のピークが検出され、ペプチドのイオン化を阻害し、データ解析に重大な影響を及ぼす可能性がありますので、ご注意ください。また、過剰にボルテックスなどをかけない様にご注意ください。
タンパク質に、界面活性剤など(ポリマー)が多量に残留していると、ポリマーがサンプル由来のペプチドのイオン化を阻害し、データ解析に重大な影響を及ぼす可能性がありますので、ご注意ください。
動物検疫・国際条約等に該当するサンプルの場合、輸送手続きに日数を要する、又はお取り扱いできないことがあります。こうしたサンプルは、弊社提携先にて受け入れが不能または拒否されたりする場合もございますので、事前にお問合せください。

その他、アセトン、トリクロロ酢酸(TCA)、メタノール/クロロホルムを使用したタンパク質沈殿法によるサンプル調整法もご利用頂けます。


価格


サービス名 アプリケーション 必要総タンパク質量 税別価格 カタログ#
iTRAQ® プロテオーム解析サービス タンパク質同定・発現相対定量解析 最低量>100μg
推奨量>300μg
濃度>1μg/μL
¥201,000~ F-CPM-iTRAQ
リン酸化部位同定・比較定量解析 3~5mg ¥376,000~ F-CPM-iTRAQ-P
表示価格は、1サンプルの金額です。本サービスは比較解析のため、最低2サンプル以上からの受注受付となりますので、ご注意ください。


ご注意事項(必ずご確認ください)


1.解析サービスに関して
本サービスの解析は、弊社の海外提携先(Creative Proteomics社)にて実施されます。

2.サンプルの送付および取り扱いに関して
2.1 サンプルのご発送は、必ず、サンプル送付方法およびご注意点の内容に従ってください。送付の際は、チューブをパラフィルムで覆い、キャップの緩みや中身の漏れが起きない様にしてください。サンプルの入ったチューブには、油性マジックでサンプル名を明記し、ビニールバック等に入れてください。十分量の砕いたドライアイスとともに梱包してください。
2.2 サンプルは、なるべく休日を挟まない様に、弊社営業時間内(土日祝日、年末年始等を除く、平日9時~18時)に到着する様にご発送ください。なお、ご発送時の送料は、お客様負担となります。着払いではお受け取りできませんので、あらかじめご注意ください。
2.3 サンプル送付の際は、受託解析サービスQCシート及び免責事項同意書を同封してください。これらが同封されていない、または記入漏れがある場合、解析サービスに着手できませんので、ご注意ください。
2.4 組織・細胞の場合はペレット状態にして、タンパク質の場合は凍結状態にして、十分量のドライアイスを同梱の上、冷凍宅急便にて、凍結状態にてご送付ください。
2.5 解析元による抽出作業の結果、解析に必要な量が確保できないかった場合、サンプルの再送をお願いする場合があります。なお、再度サンプルをお送り頂く場合、提携先への再送料金をご負担頂きます。
2.6 オプションのタンパク質抽出をご依頼頂いた場合、ご送付頂く組織・細胞は、できるだけ新鮮なものをご用意ください。本抽出サービスでは、解析に必要な量の確保を保証するものではありません。解析に必要な量が確保できない場合、サンプルの再送をお願いする場合がございます。再調整が困難な貴重なサンプルの場合などは、ご注意ください。
2.7 サンプル喪失等に対する補償・保険制度はありませんので、貴重なサンプルをご提供頂く際はご注意ください。
2.8 お預かりできるサンプルは、BSL2(バイオセーフティーレベル2)までのものに限られます。感染性が著しく高いサンプル(HIV、HCV、HBVウイルス)に感染していることが確認されている患者由来の検体など)は、お預かりできませんので、予めご了承ください。ヒト臨床サンプルの場合、インフォームドコンセントを得てからご提供ください。また、動物検疫・国際条約等に該当するサンプルの場合、輸送手続きに日数を要する、又はお取り扱いできないことがあります。こうしたサンプルは、弊社提携先にて受け入れが不能、又は拒否されたりする場合があります。
2.9 ご提供頂いたサンプルの返却は致しておりません。(サンプルは解析終了時に破棄されます。)
2.10 本確認事項を満たさない事で別途費用が発生した場合、お客様に費用のご負担をお願いすることがあります。
2.11 サンプル・業務等から生じた知的財産権・工業所有権・安全性・インフォームドコンセント等の問題について、弊社は一切の責任を負わないものとします。

(サンプル、QCシートおよび免責事項同意書のご送付先
 フィルジェン株式会社 受託解析部 宛
 〒459-8011 名古屋市緑区定納山一丁目1409番地
 Tel: 052-624-4388 Fax: 052-624-4389 E-mail: biosupport@filgen.jp  

3.キャンセルに関して
本サービスは、海外提携先(Creative Proteomics社)での解析という性質上、サンプル受領後のキャンセルはお引き受け出来ません。やむを得ない理由でキャンセルされる場合、それまでの工程に応じた料金をご請求させて頂きます。

4.納品物に関して
納品物は、代理店経由でのお取引の場合、基本的に代理店を介してお送りします。納品データのバックアップは、必ずお客様にてお取りください。弊社でのデータ保管期間は、発送日から3か月間です。弊社での保管期間を経過したデータは破棄されます。


お問い合わせ 受託解析部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2020 Filgen, Inc. All Rights Reserved.