製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録    
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス質量分析>包括的リピドーム解析サービス

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・質量分析
+ Biognosys社 次世代プロテオーム解析
+ 4D-DIA 定量プロテオーム解析
+ DIA 定量プロテオーム解析
+ iTRAQ® プロテオーム解析
+ TMTプロテオーム解析
+ SILACタンパク質発現・相対定量解析
+ ラベルフリー定量プロテオーム解析
+ 免疫沈降(IP)プロファイリング
+ タンパク質プロファイリング
+ タンパク質同定解析
+ タンパク質配列マッピング解析
+ 抗体シークエンス解析
+ タンパク質質量測定解析
+ Phospho-screen リン酸化プロテオーム解析
+ PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
+ LC-MS tRNA修飾解析
+ グライコーム解析
+ Glyco-Screen 解析
+ ペプチドーム解析
+ メタボローム解析
+ リピドーム解析
包括的リピドーム解析
標的リピドーム解析
エクソソームリピドミクス
+ MassARRAY®解析
(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)
+ MSイメージング解析
+ その他分析サービス
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ


質量分析サービス
包括的リピドーム解析サービス

フィルジェンでは、Creative Proteomics社(アメリカ)と業務提携し、リピド―ム解析サービスをご提供致しております。Creative Proteomics社は、最新かつ最高水準のテクノロジーを駆使し、様々な生物由来試料の既知・未知な脂質種分析をします。お客様の目的に合わせて、興味のある脂質種やサンプルに合わせた解析方法を提案し、各脂質の性質に合わせた抽出及び分離プロトコルを用いて解析を行います。。


フィルジェンで提供するリピドーム解析は、以下の3つのアプリケーションで構成されています。
包括的リピドーム解析 / 標的リピドーム解析 / エクソソームリピドミクス

【関連サービス】
包括的メタボローム解析 / 標的メタボローム解析


 概要


脂質は、生体膜の主要成分です。それらは、生細胞におけるエネルギー貯蔵の主な形態であるだけでなく、よく知られた細胞シグナル伝達メディエーターでもあります。リピドームは、8つの主要なカテゴリー、80以上の主要クラス、300サブクラス、および様々な濃度の数千種類の脂質種から構成されています。リピドミクスは、生体系、組織、体液または細胞内の全ての脂質分子(>30,000種)の体系的研究であり、細胞生理と病態生理をよく理解するためには、脂質の包括的な同定と正確な定量化が重要です。
包括的なリピドミクスは、数百から数千の個々の脂質種を同時に分析することを可能にし、それは個体の健康状態を評価するのに有益です。癌、糖尿病、アルツハイマー病および心臓血管疾患の研究において、脂質プロファイルの相違が報告されています。この様な種類の詳細な脂質プロファイルは、医療リスクの評価、患者の治療の監視と最適化に利用でき、精密医学の概念の基礎となります。包括的リピドミクスのアプリケーションには、農業科学、バイオマーカー、アルツハイマー病、アテローム性動脈硬化症、心臓血管、癌、糖尿病および肥満疾患研究、臨床診断、創薬およびシステム生物学が含まれます。


 解析例


包括的リピドーム解析は、様々なサンプルに含まれる脂質に対応することができます。以下の様なサンプルに対して、研究アプローチの1つとして本サービスを選択することができます。

解析例1: 植物リピドミクス

脂質は、植物で重要な役割を果たしており、細胞膜の構造成分、種子中の主要な貯蔵物質、葉のエネルギー捕捉用色素、および細胞間のシグナル伝達分子として機能しています。リピドミクスの開発により、植物脂質の質量分析のアプリケーションも大幅に改善されてきました。植物リピドミクスは、質量分析を用いた植物細胞脂質の分析として定義されます。分子標的化されていない脂質プロファイリングでは、植物の発育および環境変化に応答する代謝変化を検出するために使用することができます。
脂質は、植物の成長、発達、および環境変化に対する重要な役割を果たすことが知られています。グリセロ脂質は、リン脂質、糖脂質および中性脂質を含む植物において最も豊富な脂質型です。これらの脂質組成は、植物の異なる組織および種によって異なり、また栄養素や環境によって強く影響されるため、ストレスに起因する脂質変化や障害誘発性の脂質変化、加齢に伴う脂質変化などの解析に有用です。

解析例2: 酵母リピドミクス

酵母(Saccharomyces cerevisiae)は、真核細胞の生理および分子機能を研究するために広く使用されているモデル生物です。酵母は、トランスクリプトーム、プロテオームおよびインタラクトーム研究が先駆けて実施されており、酵母における脂質解析は、「酵母リピドミクス」と呼ばれています。S.cerevisiaeは、他の真核細胞と比較して比較的単純なリピドームを有し、これまでに同定された約150の異なる分子種を含んでいます。それは、脂質代謝経路の保存されたネットワークを使用しています。
酵母は、飽和(~20%)または一価不飽和(~80%)である16または18個の炭素原子を有する脂肪酸を主に含みます。哺乳動物細胞とは対照的に、酵母はC9とC10との間に二重結合を有する一価不飽和脂肪酸のみが含まれており、酵母脂質の組み合わせに関わるアシル鎖の複雑さを大幅に低減しています。
C5(イソプレン)骨格からの縮合、環化、酸化還元反応の複雑な過程で合成されるエルゴステロールは、コレステロールの代わりに酵母の主要なステロールとなる場合があります。それにもかかわらず、酵母モデルシステムは、特定の脂質種の合成、代謝回転、局在化および分解を制御するタンパク質を操作する絶好の機会を与えます。酵母膜は、D-リモネンストレス、塩ストレス、低酸素ストレス、および栄養ストレスの様な異なるタイプのストレスに対して、非常に感受性があることが示されています。膜リピドームの変化は、ストレス適応において、重要な役割を果たすことが示唆されています。

解析例3: 哺乳類リピドミクス

膜およびエネルギー資源の主成分である細胞脂質は、細胞および生理的エネルギー恒常性の両方にとって重要な役割を果たしています。脂質の主な生物学的機能には、エネルギー貯蔵、シグナル伝達、および細胞膜の構造成分としての機能が含まれます。脂質の組成は、組織によって異なりますが、構造成分であるリン脂質は、正常な生理学的条件下では組成がより一定です。対照的に、単純脂質、特にトリアシルグリセロールの割合は、動物生理学的状態および栄養状態に応じて著しく変化します。血漿脂質の組成は、すべての組織に脂肪酸を供給するため、特に重要です。脳のリン脂質は、他の組織よりもホスファチジルセリンの割合が高く、肝臓では、PCとPEは非常に豊富です。
脂質代謝は、ネットワーク内で調節されるため、任意の合成または分解経路の変化は、ネットワークの脂質恒常性全体の変化をもたらし得ます。包括的リピドミクスは、特定の刺激の後のシステム全体のメカニズムに対して有用な情報を提供します。さらに、特定の疾患または病的状態の下で、変化した脂質種および量の決定は、疾患の機序を潜在的に明らかにします。
リピドミクスは、仮設をスクリーニングして検証するための強力なツールとして役立ちます。さらにリピドミクスは、糖尿病および肥満、心臓血管疾患、非アルコール性脂肪肝疾患、精神病および癌を含む様々な疾患におけるバイオマーカーの発見に非常に有用です。



 解析内容


本サービスは、サンプル調整から質量分析までのサービスをトータルでご提供しております。リン脂質、スフィンゴ脂質、ステロール脂質などの様々なカテゴリー、最大400の同定された脂質種について、LC-MSによる脂質クラスの同定の他、これら検出された各脂質の脂肪酸組成を同定し、正規化された相対強度をご提供します。ただし、提供していただくサンプルのソースにより、同定される脂質の種類や数が異なる場合があります。全脂質種において、リテンションインデックス、mass定量化、生化学データベース識別子、全massスペクトルにより、レポートが提供されます。なお、各脂質種に関しては、絶対濃度ではなくピークの高さにより定量化されます。

【検出できる脂質種】

本サービスで検出することのできる脂質は、以下の通りです。なお、本サービスは、分析手法上、サンプル中に含まれる脂質種を非標的に広範に分析を行います。そのため、必ずしも以下の内容をすべて検出できるわけではありませんので、ご注意ください。

Cer: Ceramides LPA: lysophosphatidic acid
CerG1: Simple Glc series LPE: lysophosphatidylethanolamine
CerG2: Simple Glc series LPEt: lysophosphatidylethanol
CerG2GNAc1: Simple Glc series LPG: lysophosphatidylglycerol
CerG3: Simple Glc series LPI: lysophosphatidylinositol
CerG3GNAc1: Simple Glc series LPMe: lysophosphatidylmethanol
CerG3GNAc2: Simple Glc series LPS: lysophosphatidylserine
ChE, CE: Cholesteryl Ester MG: monoglyceride
CL: Cardiolipin MGDG: Monogalactosyldiacylglycerol
Co: Coenzyme MGMG: Monogalactosylmonoacylglycerol
cPA: cyclic phosphatidic acid OAHFA: (O-acyl)-1-hydroxy fatty acid
DG: diglyceride PA: phosphatidic acid
DGDG: Digalactosyldiacylglycerol PAF: platelet-activating factor
dMePE: dimethylphosphatidylethanolamine PC: phosphatidylcholine
FA: fatty acid PE: phosphatidylethanolamine
GD1a: Gangliosides PEt: phosphatidylethanol
GD1b: Gangliosides PG: phosphatidylglycerol
GD2: Gangliosides phSM:sphingomyelin(phytosphingosine)
GD3: Gangliosides PI: phosphatidylinositol
GM1: Gangliosides PIP: phosphatidylinositol
GM2: Gangliosides PIP2: phosphatidylinositol
GM3: Gangliosides PIP3: phosphatidylinositol
GQ1b: Gangliosides PMe: phosphatidylserine
GQ1c: Gangliosides PS: phosphatidylserine
GT1a: Gangliosides SiE: Sitosteryl ester
GT1b: Gangliosides SM: sphingomyelin
GT1c: Gangliosides So: Sphingoshine
GT2: Gangliosides StE: Stigmasteryl ester
GT3: Gangliosides TG: triglyceride
LdMePE: lysodimethylphosphatidylethanolamine ZyE: zymosteryl

また、包括的リピドーム解析では、オプションとしてバイオインフォマティクス解析もご依頼頂けます。
リピドーム解析におけるバイオインフォマティクス解析は、以下の通りです。
 ・単変量解析:ボルケーノプロット、T検定、Fold Change解析など
 ・多変量統計解析:主成分分析(PCA)、判別分析(PLS-DA、OPLS-DA)など
 ・クラスタリング解析:ヒートマップ、K平均、自己組織化マッピング(SOM)
 ・潜在的なバイオマーカーの特定
 ・差動脂質種の相関ネットワーク
ご依頼頂いた場合は、上記内容をすべて実施いたします。バイオインフォマティクス解析については、データの信頼性と統計的優位性を保持するために、生物学的レプリケート数を1グループあたり3以上で構成していただく必要があります。


 サンプル条件


以下は、解析に必要なサンプル量の目安です。ご提供頂くサンプルによって、解析に使用するための必要サンプル量や条件が異なります。詳しくは弊社までお問合せください。
なお、リピドーム解析用のサンプルは、できるだけ新鮮なサンプルでご準備頂くことを推奨いたします。また、脂質分子の安定性を保つため、4℃以上での保管は避けてください。サンプル採取後、-80℃保存し、凍結・融解を繰り返すことはできるだけ避けてください。

サンプルタイプ 推奨量(目安)
血清・血漿 150~200μL
組織 50~100mg
※組織部位により必要量が変わる場合があります。
細胞 1x107個以上
その他、体液類(CSF、尿など) 1.5~2mL
※体液組成により必要量が変わる場合があります。
植物 500mg以上
※植物の種類や部位(葉、茎、根など)により必要量が変わる場合があります。
細菌(バクテリア)類 1x107個以上
※微生物種によって必要量が変わる場合があります。


 価格


サービス名 数量 税別価格 カタログ#
包括的リピドーム解析サービス 1サンプルから受注受付※ ¥99,000 F-CPM-ULS-[サンプル数]
オプション
バイオインフォマティクス解析 1比較目 ¥250,000 -
2比較目以降 ¥120,000 -
6サンプル未満でご依頼頂く場合は、セットアップ費用として別途¥40,000(税別)の費用が発生します。
オプションのバイオインフォマティクス解析をご依頼頂く場合は、1グループ n=3 以上で構成して頂く必要があります。
本サービスは、海外業務提携先で実施する解析のため、上記の解析料金の他、サンプルの海外輸送費が別途発生いたします。


 ご注意事項(必ずご確認ください)


1. 解析サービスに関して
本サービスの解析は、弊社の海外提携先(Creative Proteomics 社)にて実施されます。
2. 解析に関して
本サービスは、質量分析の測定手法上、サンプル中に含まれる代謝化合物を非標的に存在量の多いものを中心として解析が行われます。そのため、解析できる代謝化合物の検出リスト等はご用意がございません。広範な代謝化合物を検出することが可能ではありますが、必ずしも目的とする分子が検出できるというわけではございませんので、予めご了承ください。
3. お見積りに関して
正式なお見積書は、直接販売の場合には直接ご提出いたしますが、代理店経由の場合は代理店よりご提出させて頂きます。
4. サンプルの送付および取り扱いに関して
4.1 サンプルのご発送は、必ず、サンプル送付方法およびご注意点(PDF)の内容に従ってください。送付の際は、チューブをパラフィルムで覆い、キャップの緩みや中身の漏れが起きない様にしてください。サンプルの入ったチューブには、油性マジックでサンプル名を明記し、ビニールバッグ等に入れてください。各種サンプルは、十分量のドライアイスとともに梱包し、冷凍便にて凍結状態でご送付ください。できるだけ新鮮なサンプルをご用意ください。抽出作業の結果、解析に必要な量が確保できなかった場合は、サンプルの再送をお願いする場合があります。なお、再度サンプルをお送り頂く場合、提携先への再送料金をご負担頂きます。
4.2 サンプルは、なるべく休日をはさまない様に、弊社営業時間内(土日祝祭日を除く、平日9時~18時)に到着する様にご発送ください。なお、ご発送時の送料はお客様負担となります。着払いではお受け取りできませんので、あらかじめご注意ください。
4.3 サンプル送付の際は、受託解析サービスQCシートおよび免責事項同意書を同封してください。これらが同封されていない、または記入漏れがある場合、解析サービスに着手できませんので、ご注意ください。
4.4 サンプル喪失等に対する補償・保険制度はありませんので、貴重なサンプルをご提供頂く際はご注意ください。
4.5 お預かりできるサンプルは、BSL2(バイオセーフティーレベル2)までのものに限られます。感染性が著しく高いサンプル(HIV、HCV、HBVウイルスなどに感染していることが確認されている患者由来の検体など)は、お預かりできませんので、予めご注意ください。ヒト臨床サンプルの場合、インフォームドコンセントを得てからご提供ください。また、動物免疫・国際条約等に該当するサンプルの場合、輸送手続きに日数を要する、又はお取り扱いできないことがあります。こうしたサンプルは、弊社提携先にて受入れが不能、又は拒否されたりする場合があります。
4.6 ご提供頂いたサンプルの返却は致しておりません。(サンプルは解析終了後に破棄されます。)
4.7 本確認事項を満たさない事で別途費用が発生した場合、お客様に費用のご負担をお願いすことがあります。
4.8 サンプル・業務等から生じた知的財産権・工業所有権・安全性・インフォームドコンセント等の問題については、弊社は一切の責任を負わないものとします。
5. キャンセルに関して
本サービスは、海外での解析という性質上、サンプル受領後のキャンセルはお引き受けできません。やむを得ない理由でキャンセルされる場合、それまでの工程に応じた料金を請求いたします。
6. 納品に関して
納品物は、代理店経由でのお取引の場合、基本的に代理店を介してお送りします。
納品データのバックアップは、必ずお客様にてお取りください。弊社でのデータ保管期間は、発送日から90日間です。弊社での保管期間を経過したデータは破棄されます。

お問い合わせ 受託解析部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2023 Filgen, Inc. All Rights Reserved.