製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス>質量分析

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・質量分析
+ Biognosys AG社 次世代プロテオーム解析サービス
+ iTRAQ® プロテオーム解析
+ TMTプロテオーム解析
+ SILACタンパク質発現・相対定量解析
+ Label Free タンパク質発現・相対定量解析
+ 免疫沈降(IP)プロファイリング
+ SRM/MRM タンパク質定量解析
+ タンパク質同定解析
+ タンパク質配列マッピング解析
+ タンパク質質量測定解析
+ PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
+ LC-MS tRNA修飾解析
+ グライコーム解析
+ Glyco-Screen 解析
Glyco-Screen Plus 解析
+ ペプチドーム解析
+ メタボローム解析
+ リピドーム解析
+ MassARRAY®解析
(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)
+ MSイメージング解析
+ その他分析サービス
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ

質量分析サービス

質量分析は、業務提携により、Biognosys社(スイス)の大規模プロジェクト用プロテオーム解析や低分子-タンパク質間相互作用プロファイリング、Creative Proteomics社(アメリカ)のiTRAQ®プロテオーム解析やメタボローム解析やリピドーム解析、ペプチドーム解析、MS Bioworks社(アメリカ)のプロテオーム解析、Agena Bioscience社の認定サービスプロバイダーであるFeng Chi Biotech社(台湾)のMassARRAY®解析サービスなどをご提供しています。

サービスメニュー


≫大規模プロジェクト用 プロテオーム解析
 
HRM-MSTM ディスカバリープロテオミクスサービス
 MRM&PRM ターゲットプロテオミクスサービス

大規模プロジェクト向けにプロテオーム解析サービスをご提供しています。ラベルフリータンパク質定量プラットフォームです。サンプル中に含まれるタンパク質を包括的に解析可能な「HRM-MS ディスカバリープロテオミクスサービス」と、特定のタンパク質に焦点を絞って解析を行うことのできる「MRM&PRM ターゲットプロテオミクスサービス」をご用意しております。これらのサービスは、抗体ベースの方法と従来から利用されてきたショットガン法の間にあるタンパク質解析の解析規模と精度のギャップを小さくすることが可能です。
抗体ベースの方法(ELISAなど)は、単一のタンパク質の正確な定量化を可能にしますが、単一の実験において複雑な試料中の複数のタンパク質を「多重化」することは困難です。逆に、ショットガン法は、1回の実験で多くのタンパク質を同定しますが、再現性に乏しく、サンプル間で多くのタンパク質を確実に定量することが難しくなります。包括的な解析において、HRM法はショットガン法(高含有量)とMRM法(高い再現性と感度)の利点を組み合わせたより有用な技術となっています。

≫低分子-タンパク質間相互作用プロファイリング
 LiP-MS ターゲットデコンボリューション解析サービス
本サービスは、低分子化合物が様々なサンプル中に含まれるタンパク質に対して相互作用を引き起こすことで変化する低分子-タンパク質複合体の立体構造の変化を包括的に解析することが可能です。
従来の解析手法では、単一のタンパク質の単離・精製を行う必要がある場合や、組み換えタンパク質の場合は、Tagタンパク質の付加などを行う必要があるか、あるいは、逆に低分子化合物自体を蛍光標識して相互作用を解析するなど、解析対象とするタンパク質あるいは低分子に対して余分な物質が含まれた状態で解析しなければなりませんでした。
この解析では、低分子を付加する前と後のサンプルに対して、2ステップのプロテアーゼ処理を行うことで、変化した断片化ペプチドを作製し、質量分析を行うことで低分子結合部位の候補を検出、解析します。細胞、組織など様々なサンプルに対し、サンプルに含まれるネイティブなタンパク質に対して低分子化合物が与える変化を、より生体内に近い条件下で、包括的に解析することが可能です。


iTRAQ®プロテオーム解析
iTRAQ®(Isobaric Taq for Relative and Absolute Quantitation)を用いた解析により、複数のサンプル間における網羅的なタンパク質同定ならびに発現相対定量解析を行います。オプションでリン酸化部位同定ならびに相対定量解析も行っております。

TMTプロテオーム解析
TMT(Tandem Mass Tag)を用いた解析により、複数サンプル間における網羅的なタンパク質同定ならびに、発現相対定量解析を行います。

ペプチドーム解析
ペプチドミクスは、生体試料中の内因性ペプチド(~20kDaまで)の体系的、総合的、定性的/定量的なマルチプレックス解析として定義されます。プロテオミクスを補完し、プロテオミクスとメタボロミクスの間のギャップを埋めることができます。この解析では、例えば、サイトカイン、成長因子、およびペプチドホルモンなどの分子、および他の小タンパク質断片と未確定機能のペプチド、そして、疾患特異的タンパク質分解切断からのシグナリングを含む多数の可溶性ポリペプチドの変動について、データを得ることができます。

メタボローム解析
最新かつ最高水準のテクノロジーであるハイスループットなGC-MSシステムとUPLC結合型精密多量QTOFを駆使し、様々な生物由来試料の既知・未知全ての代謝物質を分析します。分子量50-1,700Daの分子群を対象に1-2ppmの正確な識別が可能です。お客様の目的に合わせて、興味のある化合物の種類やサンプルに合わせた解析方法を提案し、代謝物質の物理的性質に合わせた抽出及び分離プロトコルを用いて、解析を行います。

リピド―ム解析
最新かつ最高水準のテクノロジーであるハイスループットなGC-MSシステムとUPLC結合型精密多量QTOFを駆使し、様々な生物由来試料の脂質組成を対象としたターゲット代謝物プロファイリングを行います。包括的リピドーム解析、標的リピドーム解析、エクソソームリピドーム解析のメニューをご用意しています。

グライコーム解析
グライコーム解析は、グリカンが特定の生物学的事象にどの様に関連するかを理解することを目的としています。それらは、一般に糖タンパク質/プロテオグリカン、または糖脂質から遊離グリカンを放出することを含みます。得られたグリカン混合物を誘導体化し、次いでHPLC、CEおよび他のアプローチによって分離し、さらにMSまたはNMRで分析することができます。部位特異的グリコシル化の同定では、グリコペプチドをタンパク質加水分解によって得た後に、グリカン除去の前後で分析を行います。

  *Creative Proteomics社(アメリカ)に、実験解析作業を委託実施しています。


Orbitrap FusionTM LumosTM TribridTM System
(Thermo Fisher Scientific)

QExactiveTM MS/MS System
(Thermo Fisher Scientific)
 
nLC 1000 System
(Thermo Fisher Scientific)

SILACタンパク質発現・相対定量解析
安定度同位体アミノ酸で一定期間培養した細胞を用いて、培養細胞中のタンパク質同定、及び、発現量の相対定量(比較定量)を行うサービスです。解析結果として、関連するパスウェイ情報と共に、同定されたタンパク質の一覧、タンパク質の発現量の相対定量データをお届けします。

Label Free タンパク質発現・相対定量解析
細胞溶解液や組織ホモジネート、または生体液など複雑なサンプルの相対定量ならびに定性解析を、Label Freeで行います。iTRAQ解析やSILAC解析では困難な、9サンプル以上の多数サンプルの相対定量を行う場合、非常に有用な手法です。解析結果は、関連するパスウェイ情報と共に存在するタンパク質の一覧及びタンパク質の発現量データをご提供いたします。本サービスでは、dMS(Differential mass spectrometry)解析と、GeLC-MS/MS解析の2種類からご選択していただけます。

免疫沈降(IP)プロファイリング
免疫沈降もしくは、共免疫沈降タンパク質のための質量分析サービスです。これらの実験は、例えば、サンプル中のタンパク質含量を単純にプロファイルしたり、コントロールとテストサンプル間での相対定量的比較をしたり、非特異的結合を含むものから、特異的結合を識別するために有用です。

SRM/MRM タンパク質定量解析
選択反応モニタリング(SRM)と多重反応モニタリング(MRM)を組み合わせた質量分析の方法を採用し、定量性と選択性がともに高く、混合物中の対象タンパク質を定量することができます。小分子(<1,000Da)を高感度に検出できます。計算されたペプチドのモル量を用いて、ペプチドとタンパク質との間のモル比を1:1で仮定することで、タンパク質の濃度を推定することができます。

タンパク質同定解析
2Dゲルスポット、SDS-PAGEバンド、リコンビナントタンパク質、精製タンパク質などから、LC/MS/MSにより、タンパク質を同定します。

タンパク質配列マッピング解析
2Dゲルスポット、SDS-PAGEバンド、リコンビナントタンパク質、精製タンパク質などから、3種の酵素(トリプシン、キモトリプシン、エラスターゼ)を用いてサンプル処理を行い、LC/MS/MSにより測定を行います。それぞれの酵素処理によるデータ及び3種のデータを合わせたデータによって、ペプチド同定とタンパク質配列決定を行います。

タンパク質質量測定解析
タンパク質の分子量を決定します。抗体の分子量を確認するだけでなく、分子のグリコシル化状態の評価にも利用できます。

PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
目的のタンパク質配列を最大限取得及びタンパク質のPTM(翻訳後修飾)を検出するために、ゲル片をトリプシン、キモトリプシン及び、エラスターゼの3種類の酵素で処理し、ペプチド混合物をLC/MS/MSにより分析します。

Glyco-Screen 解析/ Glyco-Screen Plus 解析
Glyco-Screen解析は、抗体、リコンビナントタンパク質、又は、高精製タンパク質上のN-グリコシル化部位の存在有無を決定することができます。
Glyco-Screen Plus 解析は、細胞溶解物、生体液、例えば血清・血漿・CSFの様な複雑な混合物中のN-グリコシル化部位の定性又は定量を行います。

  *MS Bioworks社(アメリカ)に、実験解析作業を委託実施しています。


ThermoFisher Orbitrap Velos Pro
tandemmass spectrometer

ThemoFisher Q Exactive
hybrid quadrupole-Orbitrap
mass spectrometer

ThermoFisher TSQ Quantum Ultra


LC-MS tRNA修飾解析

  *Arraystar社(アメリカ)に、実験解析作業を委託実施しています。

本サービスは、totalRNAをサンプルとし、tRNAにとって重要な36ヌクレオシドの修飾を一度にプロファイリングします。本サービスには、totalRNAからtRNAの単離、完全な加水分解、シングルヌクレオシドを調整するための脱リン酸化が含まれています。


MassARRAY®解析(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)

  *Agena Bioscience社(旧Sequenom社)の認定サービスプロバイダーである、
   Feng Chi Biotech社(台湾)に、実験解析作業を委託実施しています。

Agena Bioscience社(旧Sequenom社)の認定サービスプロバイダーである、Feng Chi Biotech社(台湾)と業務提携し、MassARRAY®解析サービスをご提供致しております。
MassARRAY®システムは、PCR法の検出感度を活用したシンプルなプロトコールと、MALDI-TOF-MSの検出精度を組み合わせた、高精度・高感度・ハイスループットを実現しており、DNAメチレーション解析(DNAメチル化解析)、ゲノム解析で得られた候補SNPのバリデーションや体細胞変異の解析、カスタムSNPジェノタイピングなど、様々なアプリケーションに対応した受託解析サービスをご提供しております。

SpectroCHIP®

MassARRAY® System


MSイメージング解析

  *ImaBiotech社(フランス)に、実験解析作業を委託実施しています。

ImaBiotech社は、革新的MSイメージングサービスで製薬企業を支援する医薬品開発業務受託機関(CRO)であり、ボストン及びフランスの2ヶ所に施設を有しています。前臨床から臨床段階に渡って優れた薬物有効性と毒性評価を提供し、安全な医薬品を製造するために、医薬品研究に革新的なサービスを提供するMSイメージング分野の世界的リーダーです。
ImaBiotech社により開発されたサービスは、定量的質量分析法(QMSI)が組み合わされた様々ななイメージング技術に基づいており、ラベルすることなく元素や分子を検出することが可能です。あらゆる治療分野において、病変組織及び侵害細胞を回復させるための医薬品の局在化及びその薬理学的効果に関するより深い情報を提供することで、薬効及び毒性の解釈を促進させ、医薬品の製品化に貢献します。



本サイトは、SCIEX社、MSBioworks社、Biognosys社、Creative Proteomics社、ImaBiotech社のサイトの情報を一部引用させて頂いております。

お問い合わせ 受託解析部: biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 https://filgen.jp/
Copyright (C) 2004-2020 Filgen, Inc. All Rights Reserved.